インドネシアのSIMカードを使うメリット・デメリット

近年では、日本でもSIMフリーのスマホが一般的に浸透してきたので、詳しく説明は割愛しますが、インドネシアのSIMカードを使用するには、SIMフリーのスマホと現地インドネシアの通信会社のSIMカードが必要になります。

インドネシアのSIMカードはプリペイド式なので、使いすぎる心配もありません。

ただし、初めての方には、通信会社の選び方、SIMカードの設定、パケット通信の料金など、分からないことが多いです。

この記事では分かりやすく、インドネシアのSIMカードの使い方をお伝えします。自分のスタイルに合わせて効率よく使えるようにしましょう。

SIMカードを使うメリット、デメリット

まずは、インドネシアのSIMカードを使用すれば、どのようなメリット・デメリットがあるのかを見てみましょう。

メリット

デメリット

経済的(通話、データ通話とも格安)

使い方を覚えるのに、手間がかかる

プリペイド式

有効期限がある

多様な料金設定

SIMカードは日本語に対応していない

空港、町中どこでも買える

登録が必要(通話の場合)

4Gの通信が安定している

SIMフリーのスマホが必要

通信会社が豊富

SIMカードの種類が多く、選択に迷う

 

SIMカードの購入方法

インドネシアのSIMカード売り場は、町中にたくさんあります。また国際空港の場合は、空港にはSIMカードのブースが完備されて、手軽に購入できる。

メリット(空港)

デメリット(空港)

外国人客を想定しているので、手続きがスムーズで、英語にも対応している。

SIMカード、パケット料金が1.5~2倍割高

購入後すぐに使えて、インターネットにアクセスできる。連絡手段を得る。

選べるインターネットプランが少ない

初心者にも安心

店舗がすくない(混む時がある)

 

メリット(町中)

デメリット(町中)

SIMカードの種類が豊富、お好きな通信会社から選べる

外国人になれていないお店が多く、英語が通じない。

料金設定が安い

たくさんの店舗(店)がある

たくさんの店舗(店)がある

空港の場合だと、パケットプランがあまり選べない上に(12Gb、25Gb,35Gb)、料金設定が通常の1.5~2倍になる。

空港での料金の目安(30日間有効で延長可能です。)

12Gb

Rp300,000~

2,000円~

25Gb

Rp400,000~

3,000円~

35Gb

Rp500,000~

4,000円~

空港での料金は、一般的な料金の2倍程度。これは外国人だからボッタクリされてるのではなく、場所代込みということです。映画館の飲食が高いのと同じ感覚です。

ただ、インドネシアのパケット通信料は安く、1,000円もあれば、10Gb以上のプランが購入可能です。たとえ2倍の料金になっても、1,000程度の違いになります。

空港についてからすぐに使いたい方、海外旅行になれてない方、インドネシアは初めての方には、空港でSIMカードを購入することをオススメします。
外国人を想定しているので、手続きがスムーズです。

SIMカードは登録しないと通話が使えない?

2018年5月より、SIMカードの規制が厳しくなりました。規制とはSIMカードを購入後に、身分証明の提示が義務付けられました。

現地のインドネシア人の場合は、スマホを通して、ショートメッセージで身分証明ができるのですが、外国人の場合は、現地の通信会社のカスタマーサービスに訪れて、書類を提出しないといけなくなります。

書類といっても、パスポートの提示と簡素な書類にサインを求められるだけです。数分程度で、手続きは終わります。

ジャカルタにあるスカルノハッタ国際空港には、TELKOMSEL社のカスタマーサービス(GraPARI)の店舗があり、ここでSIMカードの登録が可能です。

登録することのメリット

SIMカードの登録は、必須ではありません。登録しないSIMカードの場合は、データ通信のみが使用できる。つまりインターネットだけを使う場合は、無理にSIMカードを登録する必要がありません。

SIMカードを登録することで、SIMカードがアクティベーションされて、電話番号からの通話が使用できるようになります。

SIMカードの選び方

インドネシアには、日本よりたくさんの通信会社があります。SIMカードの種類も豊富で、どの世代の人たちにも使いやすいように、多様な料金設定があります。

そんな中で、どのSIMカードの通信会社のSIMカードを選べばいいのか?それはインドネシアで一番シェアがあり、実店舗が多い通信会社。

インドネシアの場合は、TELKOMSELになります。

赤いパッケージでSIMカードを売られていて、どのSIMカードの売り場にもあります。

インドネシアのSIMカードは、プリペイド式です。データ通信プランなどを追加して、一ヶ月毎に更新していく。更新とは、プランを継続したり、新たなプランに変更していくことです。

もし、お使いのSIMカードの通信状況が悪い場合は、いつでも他の通信会社のSIMカードに乗り換えればいいのです。

プルサ(PLSA)チャージする方法

インドネシアのSIMカードはプリペイド式なので、残高がなくなれば、チャージしないといけません。このSIMカードの残高をプルサ(PLSA)といいます。

プルサのチャージは、携帯電話ショップ、コンビニ、アプリなどからでも購入が可能です。場所によらず料金設定は、ほぼ同じになります。

現地で賢くSIMフリースマホを買う

インドネシアでは、SIMフリーのスマホを使うことが一般的です。日本のように、キャリアによってしばりがなく、用途によってSIMカードを選んだりします。

一つのスマホに2つのSIMカードがさせる、DualSimの機種もたくさんあります。

インドネシアでは、世界中のメーカーのスマホが販売されています。とくに近代では、中国メーカーのスマホが格安で高性能なので人気があります。

日本円で3,000円ぐらいから、普段使いに困らないスペックのスマホがたくさん売られています。

1ヵ月以上の長い滞在を予定の場合は、現地でSIMフリーのスマホの購入も考えてみたらいかがでしょうか。SIMフリーのスマホは使い勝手がいいので、世界中どこでも使用できます。

まとめ

SIMカードの種類が豊富なのは、インドネシア人の多彩にニーズに答えるためです。通信データのパケットは有効期限が、1日間、1週間、30日間、データ量が1Gb、2Gb、5Gbなど細かく経済的に購入することもできます。

空港で販売されているのは、主にSIMカードとデータ通信がパックなった30日有効なものがメインです。

使い慣れない海外のSIMカードを使いこなすのは、それなりの知識と手間が必要になります。

そんな時は、ポケットWi-Fiがオススメです。日本のキャリアの海外ローミングサービスは、設定が複雑なので、後から高額な通信料を請求されてトラブルになることが多いです。

それなら、はじめから料金設定が明瞭な、ポケットWi-Fiが断然お得で安心して使えます。

一般的に現地の情報を調べてるためにネットサーフィンしたり、インスタ映えする写真をSNSに投稿したり、グーグルマップで目的地を探す程度なら、一日500Mbぐらいで十分です。

短期間の滞在の場合は、ポケットWi-Fiを使い、長期滞在する場合は、現地のSIMカードを使うのが、経済的で合理的な方法です。

 

カテゴリー