【2018年版】ホーチミンの季節・シーン別服装|ホーチミンの服装

●ホーチミン旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●ホーチミン旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

ホーチミンの季節別服装

ホーチミンの気候


確実な経済成長を続け若年層の労働人口は多いことで潜在能力の高さにおいて、世界的に見ても有望な市場のひとつと言われるのがホーチミンです。

可愛い雑貨に加えフレンチと日本人の口に合うと言われる中国の華南地域の文化の影響を受けたベトナム料理といった、旅行での楽しみがいっぱいです。

日本人の観光客や海外駐在員だけでなく、現地での就職や独立を目指してそんな魅力あるホーチミンを訪れる若い人たちがあとを絶ちません。


ホーチミンの気候は一年間を通じて日中は真夏のような暑さですが、11月~3月の乾季の時期の朝晩は涼しくなるので、思ったより快適に過ごせる日も多くあるでしょう。


また、4月~5月の暑季は一年でも最も暑い時期になり、6月~10月に雨季に入るのは、ひと月ほどの違いがあってもおおかた隣国のタイやラオスの気候とよく似ています。

基本的にはどの月も観光で訪れることができますが、特に乾季の11月~3月がベストシーズンと言われています。


ホーチミンの暑季の服装(4月,5月)


一年の中で最もホーチミンが熱い季節の暑季の平均最高気温は35℃前後、最低気温が25℃で湿度も高めになります。

この時期にホーチミンに訪れる際には、適度な水分補給が必要となり、気軽に入れるカフェも多いので一日の中で定期的に休憩を取りましょう。


滞在中は日本の真夏の服装のイメージになりますが、レストランにホテルやショッピングセンターでは年間を通じて冷房の効きが良すぎるため、上に軽く羽織れるものを用意しましょう。


日差しもかなり強いので紫外線対策が必要ですが、便利なのは長袖のシャツと言われるもののそれは熱すぎると思ってしまいます。


実際にベトナムでは色白の女性が多いですが、日焼けを特に気にしていて長袖を着用し、暑い日中はコットンのような通気性の良い服がおすすめです。

ホーチミンの雨季の服装(6月~10月)


ホーチミンの雨季は地元ではマンゴシャワーと言われるスコールが降りますが、それほど長くは続かないのでショッピングやカフェタイムを楽しみましょう。

ツアーの時間帯が限られている人にはスコールの際には折りたたみ傘はそれほど適しているとは言えないので、レインコートがとても役に立ちます。


スコールのあとは気温が少し下がりますので快適とまではいかなくても、幾らか涼しくなりますので、気持ち的にも安心します。

服装的には暑季と同じになりますが、フレンチコロニアル調建築も雨の季節にはうっとりするような味わい深さを醸し出します。

写真撮影の移動の際にデジカメをガードするためにも、防水ケースは役に立つでしょう。


ホーチミンの乾季の服装(11月~3月)


ホーチミンの乾季の時期の月別平均気温は31℃~34℃、最低気温が21℃~23℃なので、朝晩は涼しくなります。

20℃を下回る少し肌寒く感じる日もあるのは、タイのバンコクの乾季の時と同様で、日中は半袖でも朝晩は長袖のシャツやアウターが欲しいところです。

15℃近く気温が下がる日もあるので、荷物にならない程度で重ね着できるものを用意すると良いでしょう。


乾季は雨が一気に減り、空気も乾燥していますので保湿クリームやリップクリーム、のど飴があるとうれしいですが、さらにホーチミンならではの楽しみがあります。

フランス文化の影響を色濃く残すのがベトナムコーヒーとバンミーと呼ばれるサンドイッチなので、いろんなお店を回っての食べ比べも外せません。



ホーチミンで注意すべき服装

ベトナムでは厳格なドレスコードが一般的にはほとんどのレストランで見かけられず、国内最大の都市であるホーチミンでさえも例外ではありません。

ただ、ホーチミンになるとクラシックなスタイルのお店も少なくなく、ドレスコードが設けられていない場合は、TPOに合わせた服装を心掛けましょう。


高級なところへ行く際には冷房も効いているので、日本でちょっとお洒落なお店に行く感じのジャケットやワンピースなどで出掛けて、料理も雰囲気も楽しんでください。


ホーチミン観光の際には流石に日中は暑いのでほとんど半袖のシャツになりますが、肌の露出が高いショートパンツやタンクトップは地元ではあまりいないので、浮いてしまうこともあります。



ホーチミンの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

ホーチミンの季節に応じて服装を調節しましょう。

ホーチミンで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

ホーチミン滞在日数分あることが望ましいです。
ホーチミンに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

ホーチミンの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

ホーチミンでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

ホーチミンまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



ホーチミンに必要な持ち物

クレジットカード

ホーチミン旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/