【シンガポール】どこで買い物すればいい?オススメのお店5選

マーライオンやマリーナベイサンズなどでおなじみの「シンガポール」。観光地や買い物できる場所が多く、海外旅行先として人気ですよね。今回は、シンガポールで買い物をする場合にオススメのショッピングモールや、注意点などをご紹介します。

シンガポールで買い物がしたい!

海外では「tax free」や「duty free」と書いてある店で買い物をすると、税金が免除されるため、日本よりも安く買い物をすることができます。そのため、海外旅行に行った際に、ブランド品を大量購入するという方も多いと思います。税金はパーセントなので、高い買い物をすればするほど、割引される金額も大きくなっていきます。

観光大国であるシンガポールには、買い物できるショッピングモールがたくさんあります。おすすめのショッピングモールやお店、ブランドをご紹介します。

アイオン・オーチャード

instagram-image

twbynlsh_10

アイオン・オーチャードは、シンガポールで最大級のショッピングモールです。なんと、地下4階から地上4階まであります!そのなかには、ハイブランドからカジュアルブランド、雑貨店、ローカルフードの名店までが揃っています。自分の買い物だけでなく、お土産まで購入できるので、シンガポールで買い物をしたい場合は、アイオン・オーチャードに行けば間違いないでしょう。

日本料理の焼き鳥屋も入っているので、日本食が食べたくなった場合はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

Naiise(ナイーズ)

instagram-image

marthawho_

Naiiseは、シンガポールのローカルデザイナーの商品を集めたショップです。1,000以上のローカルデザイナーの商品を25,000点以上取り扱っているので、きっとお気に入りのデザイナーを見つけられるでしょう。商品は家具からアクセサリー、文具、食品など幅広いです。1,000以上のデザイナーの商品が詰まっているので、可愛らしいデザインからアーティスティックなデザインまで揃っており、見ているだけでも楽しいです。

シンガポールでしか手に入れられない商品なので、お土産にはぴったりですよ!

マンダリン・ギャラリー

instagram-image

tattu_axenstaral383

マンダリン・ギャラリーは、オーチャード地区にあるショッピングモールです。「ドルチェ&ガッバーナ」や「Marc by Mark Jacobs」、「Paul Smith」、「Emporio Armani」などの個性的でおしゃれなハイブランドが揃っているのが特徴です。高級ショッピングモールのイメージが強いマンダリン・ギャラリーですが、日本のラーメン屋「一風堂」も入っているのです!シンガポールで一風堂のラーメンが食べられるのは新鮮ですよね。

マンダリン・ギャラリー4階の「メリッサ」という雑貨屋さんはアジアン雑貨が揃っており、日本人に人気があります。お土産にもちょうど良いので、一度見てみてください。

GIFT SHOP

instagram-image

dhananjaya_dias

マリーナベイサンズ1階に「GIFT SHOP」というお土産屋があります。ホテルに付いているお土産屋のイメージですね!シンガポールを観光する場合、マリーナベイサンズに行く方は多いと思います。その際に、1階のGIFT SHOPに立ち寄ってみてください。シンガポールらしいお土産や、マリーナベイサンズのロゴがついたグッズなどを購入することができますよ。

GIFT SHOPのみでしか販売していない限定グッズもあるので、マリーナベイサンズに行く方はぜひ立ち寄ってみてください。

Derwish Turkish Handicraft

instagram-image

andreas_rademacher

Derwish Turkish Handicraftは、アラブストリートにある「Derwish Turkish Restaurant」というトルコ料理屋が経営するお店です。トルコ製の雑貨を取り扱っています。

アクセサリー類には「ナザール」という青い目玉柄のガラス玉が使用されています。ナザールには魔除けの効果があるようで、悪いものを追い払い、良いものを引き寄せると言われているのです。その他にもガラスでできたキャンドル入れや、キーホルダー、灰皿などが販売されています。

特に、トルコで伝統とされているタイルでできたコースターがオススメです。タイルにはアジアン雑貨ならではのデザインがされており、部屋のインテリアとしても飾ることができます。

商品のクオリティは高いですが、料金は非常にお手頃なので、買いすぎに注意です。

シンガポールで買い物をするときの注意点

シンガポールで買い物する場合、貨幣が違ったり、その土地ならではの注意点があります。日本では丁寧に接客をしてもらえますが、シンガポールではそうはいきません。詳しく確認していきましょう。

クレジットカードを利用しよう!

海外で買い物をする場合、クレジットカードを利用するようにしましょう。メリットは以下になります。

  • 大金を持ち歩かずに済む
  • 財布をスられた場合でも、すぐに使用ストップできる
  • お金が足りなくなった場合、ATMから現地の貨幣を引き出せる
  • 海外保証などが付いているクレジットカードがある

クレジットカードを使う最大のメリットとして、「大金を持ち歩かずに済む」という点があります。「買い物」を目的としてシンガポールに行く方は多いと思います。シンガポールに頻繁に行くことはできないので、一気に買い物をしたくなりますよね。

そのような場合、クレジットカードがないと、大金を持ち歩かなければ行けなくなります。ここで問題になってくるのが、スリです。日本ではあまりスリは起きませんが、海外では日常茶飯事で起きているので、大金を持って歩くのは非常に危険なのです。

しかし、クレジットカードを持っていれば、大金を持ち歩く必要はありません。また、クレジットカードをスられた場合でも、電話一本で使用不可能にすることができます。お金がスられた場合は戻ってくることはありませんが、クレジットカードであれば、すぐに対応すれば1円も使用されることはありません。このような点で、お金を持ち歩くのと、クレジットカードを持ち歩くのでは安心感が全く違うのです。

また、クレジットカードを持っていれば、シンガポールのATMから現地の貨幣を引き出すことができます。ATMで引き出すと、空港の両替よりもレートが良い場合が多いので、少しだけお得感があります。シンガポールのATMは文字は英語ですが、基本的な操作は日本のATMと変わらないので、ぜひチャレンジしてみてください。操作方法は、ネットで検索すれば出てきますよ。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

品物が汚れていないかチェック

シンガポールの街中にある路面店などでは、商品の扱いが雑なことが多いので、購入する場合は隅々までチェックしてからレジに行くようにしましょう。

雑貨であれば汚れや欠け、洋服であれば他人のファンデーションや糸のほつれなどを確認すると安心ですよ。「日本に帰ってから開けてみたら、不良品だった!」となっても、時すでに遅しです。商品の交換などは難しいと思うので、購入する際のチェックを厳重に行いましょう。

平日に行くと混雑を避けられる

シンガポールは世界的に人気な観光地であるため、世界各国から観光客が詰め寄ります。買い物に行く場合、日曜日に行ってしまうと観光客だけでなく地元の方もいるため、非常に混雑します。そのため、ショッピングモールに行く場合は、平日に行くことをオススメします。平日であれば地元の方はお休みではないため、混雑は避けられますよ。

まとめ

シンガポールの買い物する場合の、オススメのショッピングモールや注意点をご紹介しました。

シンガポールは観光大国であり、ショッピングモールも多いので、どこに行けばいいのか分からないですよね。シンガポールにいられる時間も有限なので、効率的に買い物できることがポイントになります。シンガポールでどこに行くか決めていると時間が勿体無いので、日本にいる間にどこに行くのか決め、効率的に観光・買い物ができるようにしましょう!