シンガポールのカジノは観光客も利用できる?利用方法や楽しみ方を解説

日本人にも人気の海外旅行先として知られるシンガポール。

あなたはシンガポールという国にどのようなイメージを持ちますか?

シンガポールといえばマーライオンや屋上にあるプールというイメージを持つ人が大半ですが、実はカジノでも有名であり、多くの人が楽しんでいます。

日本人にとってはあまり馴染みのないカジノですが、シンガポールのカジノとは一体どのようなものなのでしょうか?

今回詳しく解説します。

 

シンガポールにあるカジノ

私たち日本人にとって、カジノというのは馴染みのないものであり、最近東京や横浜などで誘致をおこなうという話も出ていますが、いまいちリアリティがない感じがします。

カジノというとラスベガスのイメージが強いですが、シンガポールでもカジノは人気であり、現地の人たちの他にも、外国人観光客も大勢楽しんでいます。

 

2010年に開業

シンガポールがカジノ産業を開始したのは2010年になってから。

それまで衰退していた国内経済を活性化させる目的で、国が主導して始めたカジノは成功を収め、開始とともに年々同国への海外旅行者数も増加しています。

2005年にはすでに国会で解禁が決定されており、満を持して2010年に開業して以来着実に人気と知名度を上げており、カジノを楽しむためにシンガポールに行くという旅行者もいます。

シンガポールにあるカジノ施設は2つ。

これらの施設はいずれも政府が運営するものであり、言ってしまえば公共の施設ということになります。

国が運営しているということで犯罪に巻き込まれる心配もなく、日本でもたまに問題となる「闇カジノ」「賭博」といったようなニュアンスはありません。

日本ではパチンコなどのギャンブルに対して良いイメージがないですが、カジノの場合大人の楽しむ場所として、人生経験の一環として来るという人もいます。

もちろん自己責任の範囲内で遊ぶことが条件ですが、日本では体験できないような空間が待っています。

 

カジノではどんなことができる?

シンガポールには、リゾート・ワールド・セントーサとマリーナ・ベイ・サンズカジノという2つのカジノ施設があります。

特徴はいずれの施設も24時間年中無休で営業しているという点であり、行きたいときにいつでも行くことができます。

プレイすることができるものとしては、ブラックジャックやポーカーといった人気のカードゲームの他、スロットやルーレットといったものもあります。

 

とにかく施設内が広いので、くれぐれも人とはぐれないように注意しましょう。

 

シンガポールのカジノで遊ぶには

instagram-image

koichi.0717

海外旅行車であってもシンガポールのカジノで遊ぶことは可能です。

しかし、カジノで遊ぶ際に注意すべき点もあります。

いかでは、カジノに行く際の注意点について解説します。

 

年齢制限がある

日本でもギャンブルをおこなう際には年齢制限がありますが、これはシンガポールでも同様です。

シンガポールの場合、カジノ施設に入るには21歳以上である必要があります。

20歳ではなく21歳であるという点に注意しましょう。

施設に入る際に年齢確認を行いますが、その際にはパスポートを提示します。

日本の身分証明書を使っても意味がないので、カジノに行く際には必ずパスポートを持参していってください。

 

服装にも注意を

カジノに入る際には服装にも注意が必要です。

とはいえ、カッチリとしたドレスコードがあるわけではなく、ラフな格好を避ければ問題ありません。

サンダル、ノースリーブ、短パンなどの格好で行くと入館を拒否される可能性がありますが、襟付きのシャツや長ズボンを履けば問題ありません。

女性の場合も同様で、ラフな格好でなければ大丈夫です。

スーツの蝶ネクタイをしてプレイするイメージが強いカジノですが、そこまで厳しいものではないので安心してください。

 

チップを渡す

カジノ初心者の方の場合、ルールに関してよく理解できておらず、また外国語で話されてもよくわからないという場合があります。

そこで初心者向けに最初にディーラーがルールの説明をしてくれます。

そして、ルール説明を受けた後にはディーラーに対してチップを渡す必要があります。

海外ではお礼としてチップを渡すのが一般的ですが、日本人の場合そこまで浸透していない文化なので忘れてしまいがちです。

チップを渡す際には、現金ではなくゲームで利用するチップを渡せばOKです。

 

シンガポールのカジノでの遊びかた

instagram-image

sekatabi5373

いよいよシンガポールでのカジノで遊ぶ方法について解説します。

ルールがよくわからない、場の雰囲気に飲まれてしまうなどして思うように遊べなかったということの無いように、手順を理解しておきましょう。

 

現金をチップに替える

カジノのスタートはまずチップを手に入れるところからです。

チップに変換する専用の機械に現金を入れるか、もしくはディーラーに申し出て交換するという形になります。

最終的にチップを現金に戻しますが、この時最初に持っていたチップより多くのチップを持っていれば利益が出たということになります。

チップが必要になるのはテーブルゲームになり、スロットは現金でも遊ぶことができます。

現金をチップに替える際には、当然ながら現地の通貨しか使用できませんので注意しましょう。

 

クレジットカードの使用も可能

現金をチップに替えると上記で解説しましたが、クレジットカードも使用可能です。

あまり現金を持ち歩きたくないという人は、クレジットカードの使用もおすすめです。

対応していないクレジットカードもありますが、VISAやマスターカードといった大手のカードであれば使用可能です。

念の為確認しておきましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

テーブルゲーム

カジノでプレイすることのできるゲームの中で、特に人気の高いものを紹介します。

ポーカーやブラックジャックはトランプで遊んだことがある人が多いですが、その他のゲームについては馴染みがないものが多く、ルールがあまりわからないという人もいます。

カジノで人気のテーブルゲームの1つにルーレットがあります。

見たことはあるという人も多いこのルーレットですが、0~37まである数字の中から自分でどこの数字にボールが入るかを予想し、それをディーラーに伝えます。

ルールはシンプルで、予想が当たればチップを貰える、はずれればもらえないといものになります。

また、同じルーレットでもルールでも遊び方が複数あり、数をドンピシャで当てるゲームの他にも色(赤か黒か)で当てるものや数字の多い少ないで賭けるものもあります。

もう1つ人気のテーブルゲームとして大小(シックボーと読む)があります。

これは、サイコロを3回振って、その目を予想するというシンプルなものになります。

 

スロットゲーム

スロットゲームは日本でもプレイしたことがある人が多い遊びですが、揃える絵柄の数が日本と違ったりします。

遊び方は日本のスロットと同じですが、機械によって掛け金の大きさが変わってきます。

最低レートというものがあって、そのレートが高いものほど当たったときの金額が大きくなります。

まずは気軽に始めたいという人は、最低レートの低い台で始めるといいでしょう。

 

まとめ

シンガポールのカジノについて解説してきました。

海外旅行の醍醐味として、日本では体験できないことができるという点があります。

カジノはまさにその1つで、自己責任でプレイすることができれば非常に楽しい時間を過ごすことができます。

旅の思い出の1つとして、シンガポールに行った最いは足を運んでみてはいかがでしょうか?