シンガポールが時差たった1時間の理由とシンガポールの気候

未来近未来を感じさせる観光スポットがあったり、大人気のマリーナベイサンズに行ったり…と人気観光地のシンガポールですが、行く前に知っておきたいシンガポールの時差や気候についてまとめてみました。

日本とシンガポールの時差と時差が少ない理由

日本とシンガポールの時差と、その時差が少ない理由についてまとめました。

日本とシンガポールの時差

日本とシンガポールの時差はたった1時間です。シンガポールの時間が日本の時間よりも1時間遅れている計算になります。なので日本が0時になったときにシンガポールはまだ前日の23時です。だから、シンガポールの空港に到着したら腕時計を1時間戻せばシンガポールの時間になります。シンガポールは、タイよりもベトナムよりも西にあってあって、そのタイヤベトナムは日本との時差が2時間なのに、香港や中国、そして台湾と同じグループの日本との時差1時間グループに入ります。東南アジアの時差を見てみるとその、時差はジグザグになっていて日本に近いベトナムのホーチミンやタイのバンコクを見ると時差が2時間ですが、シンガポールは1時間です。

日本とシンガポールの時差が少ない理由

日本と距離があるのに、しかも周りの国が日本と時差が2時間なのに、シンガポールと時差が少ない理由は、シンガポールの時間決定が香港に合わせたものだからという理由です。シンガポールは華僑が多く、ライバル関係にある香港よりも1時間遅れて市場が開いたのでは経済活動なので不利益を被ると考えて香港と同じ時間帯を採用しています。シンガポールの決まりの全てが経済発展を意識して作られていると言うことで、シンガポールらしい設定と言えるようです。

時差が1時間のシンガポール:飛行時間は7時間

東京からシンガポールへの直行便は7時間半です。そして時差は1時間しかないので、夜に日本を出発した場合シンガポールに到着するのは朝になります。飛行機では出発してから2時間後に機内食が夕食として出され、機内食が朝食として出されます。7時間の間にそんな感じになるので、睡眠をとる時間にしっかり寝ないと、睡眠を取る時間がありません。そして、到着したら移動して観光となってしまいます。なので出発前に仮眠をとっておくなどして時間の調整を行うのがベストです。時差は少ないのに距離は遠いシンガポールの特徴です。

時差1時間シンガポールの気候とお勧めの持ち物

シンガポールの季節ですシンガポールは赤道のほぼ真下にあるため、月間の平均気温は30度近い高い温度で推移しています。そして1年中が東京の8月と同じ気温の上に、湿度も80%を超えるため高さなので、日中はかなり蒸し暑い地域です。シンガポールには日本のような四季はなく、3月から10月まで続く雨量の多い雨量の多い雨季と4月から9月まで続く雨量の少ない乾季があります。寒気だからといって雨が降らないわけではなく、南アジア特有のスコールが雨季・乾季にかかわらず降ります。なのでシンガポールに行くのであれば折り畳み傘を持参して、スコールが来たら折り畳み傘でその場をしのいで建物に逃げ込むのが良いと思います。シンガポールは赤道に近く、紫外線が強いのでサングラスや帽子、そして日焼け止めは必携です。帽子に関しては、チャイナタウンにあるパゴダストリートに行くと安い帽子がたくさん売られているので、お土産や記念に購入するのもおすすめです。

時差1時間のシンガポールを満喫しよう

シンガポールは時差1時間なので、時差ボケをする可能性は低いです。でも、フライトが7時間なので夜に出発する場合には着いたら元気に観光できるように体をあらかじめ調整してくと良いです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。