モダンとレトロが調和するフィリピンの治安情報

フィリピンの治安と言えば危険なイメージがありませんか?フィリピンに旅行中に銃犯罪に遭ったり、違法ドラッグが町中で売買されているなど危ない情報もたくさんあります。

たしかに、フィリピンに滞在している日本人が、銃で発砲されたて死亡したニュースなどが過去に何回もありました。

アメリカと違ってアジアの国ではあまり銃犯罪のニュースを聞かないですが、フィリピンは銃社会の文化があるので、銃を使った犯罪が起きやすいのも事実です。

フィリピンに滞在された方なら分ると思いますが、フィリピンの治安は他の東南アジアの国と同じで年々良くなっています。一部の非日常のニュースが、あたかもその国の日常と勘違いしてはいけません。

ただし、日本人の警戒心の低さは確かにあります。この記事では、日本人がフィリピンに滞在したときに、治安で気をつけたいことをご紹介いたします。

最低限身につけたい軽犯罪についての手口と対処法

フィリピンの地図を見ると大小のたくさんの島々がある島国です。ただ日本と違うのは、多種多様な民族が住んでいるので、文化や風習が島によって異なります。言いかえると、島によって危険度は変わります。

首都のマニラ、留学先で人気のセブ島などは、日本人もたくさん訪れるスポットです。最低限のフィリピンの治安について知識を持ちましょう。

フィリピンに旅行、語学留学、駐在などで滞在する場合は、下記の軽犯罪に気をつける。

スリ

スリ被害にあう日本人は、フィリピンに限らず外国で多く見られます。では、スリ被害に遭った人がスリ被害の知識がなかったのかというと、多くの場合は、みなさんしっかりと警戒心を高めて、カバンを前掛けしたりして対策はしています。

では、「どんな時にスリの遭うのか?」それは、フィリピンの生活になれてきて、油断をしている時です。はじめはすごく警戒しているけど、しばらく暮らしていると気がゆるむのが人間です。相手もスリのプロだと思ってください。油断した相手ほど騙すのは簡単なんです。

置き引き

フィリピンでは、飲食中に置き引き被害に遭うことが一番多いです。
カフェやローカルの店、レストランなどでお友達と楽しくオシャベリしていて気づいたら、「隣の椅子にかけていたカバンがない」こんなケースの置き引きがとても多いです。

「他の事に意識が向いてる」時は要注意です。やはりこの辺は、日本と同じ感覚でいると置き引きのターゲットになりやすいです。



ひったくり

ひったくりはスリや置き引きと違い、その場で気づかれることを承知で力ずくで奪うことです。ひったくりは、盗人にしてもリスクがある方法なんです。それだけに場所や時間を選びます。週末の閑散としたビジネス街や、繁華街から一本違う人気のない道などです。土地勘のない場所に行く場合は注意か必要です。

ぼったくり

フィリピンではタクシーによるぼったくりが多くありましたが、でも最近は配車アプリを使う人も増えてタクシーでぼったくれる話はあまりきかなくなりました。確かに1回、1回タクシーの運転手と値段を交渉するのはひと手間です。

仮に、タクシメーターを使ってくれるタクシーならいいですけど、そうでない場合はかならず事前に、金額の目安を決めて交渉、折り合いがあわなければ潔く次を当たる方がいいです。

フィリピンの軽犯罪の対処法

土地勘があり安全に行動できる人は別ですけど、基本的に知らない町で人気のない場所には近づかないこと。フィリピンでは一本通りが違うと雰囲気がガラッと変わる場所もあります。

また、スリなどの対処法についての一番のお手本は、現地の人です。現地の人がどんな風に貴重品を管理しているのかを観察してみるのです。現地の人も近寄らないところに行けば危険があるのは当然です。

また、同時に日本人も観察してみましょう。「あの日本人はスキだらけ……」と客観的に一度見てみると自分の行動にも気をつける箇所が見つかります。

フィリピン・マニラの治安

言わずとしれたフィリピンの首都、外国人が住むビジネスエリアのBGC・MAKATIなどは治安がいいことで有名です。夜でも一人で歩いている女性をたくさん見かけるので治安の良さがわかります。

また、マニラには夜の繁華街もたくさんあり、EDSA・MALATE・QUIAPOなどのエリアが有名です。
一般的な日本の繁華街と変わらないイメージがあります。キャバクラなどの呼び込みがいたり、お酒が飲める飲食店がたくさん立ち並んでいます。

日本人より中華系の人を最近は多く見かけるようになりました。マニラのなかでも一番スリなどの軽犯罪が起きやすいエリアになる。



セブ島の治安? 語学留学したいけど心配

セブ島は、リゾート地・英語の語学留学先として日本人にも大人気です。マニラに住む日本人より年齢層がまだ若い人達が多いです。
セブ島は治安がいいところです。凶悪犯罪などは滅多に起ません。ただ、観光客や留学生などを狙うスリなどの軽犯罪は、頻繁に耳にします。

最低限のことを守り、普通に生活していたら治安は危なくありません。

ジプシーに乗るのは生活になれてから

ジプシーとはローカルの交通手段に使われる乗り合いバスでカラフルな車体に行き先が書かれています。料金も安く地元民の足として人気ですが、時間帯によってはかなり混み合い、スリに遭う確率が高くなります。料金も手渡しするのである程度の語学力も必要です。旅行者はできるだけ避けるか、どうしても乗りたいときは、空いているジプシーを選んだり、フィリピンに詳しい人に乗り方などを聞いて見るのもいいでしょう。



アイフォンが一番のターゲット

近年はクレジットカードがどこでも気軽に使えることや、電子マネーなどの支払い方法が主流になり、現金を使うケースが昔より少なくなりました。

そのため、スリなどを行う犯罪グループは財布を盗んでも現金を得られないケースが増えてきます。現金よりも確実に高値で売れるアイフォンは、フィリピンのような新興国では、まだまだ高級品です。

ですから警戒心のない日本人旅行者のアイフォンのスリ被害は後を絶たないです。

アイフォンのスリの犯人はなにも大人とは限らず、ストリートチルドレンによる犯行もあります。

貴重品は肌身離さず必ず目の届く場所に保管して、無防備に目を離さないこと。
バックパックの場合は前掛けにしたり、必要以上の金品は持ち歩かないことなどが重要です。

場所にあった服装を選び、場違いの場所で肌の露出が高い服装や、高いブランド品を身につけることはターゲットにされやすいので気をつける。



クレジットカードがあれば旅行に困らない

海外の旅行者を悩ませる問題の治安問題。
どんなに治安のいい日本でもスリや置き引きの軽犯罪は発生します。海外なら、一層に警戒心を強めないといけません。

今は、フィリピンでもいろんな場所でクレジットカードが使えるので、現金は必要な分だけクレジットのキャッシングを使い、後はクレジット払いにしたほうがコスパがよくなります。

またクレジットカードには旅行者にも嬉しい海外旅行障害保険がうけられるカードがたくさんあります。海外で怪我や病気をしたとき、スリや置き引きなどに遭った場合など保証してくれるものがあります。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。

 

まとめ

フィリピンはここ数年で、リゾート地として日本人にも、とてもポピュラーになりました。昔の危ないイメージがある方は、今の治安のいいフィリピンに来たらビックリするかもしれません。

今のフィリピンは、リゾート地・語学留学先として気軽に日本から行ける素晴らしい国です。

しっかりとフィリピンの風土を理解して治安の知識を身につけて行動すればきっといい思い出がたくさん作れます。