【2018年版】デリーの季節・シーン別服装|デリーの服装

●デリー旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●デリー旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

デリーの季節別服装

デリーの気候


デリーのベストシーズンは11月~3月です。

昼間の最高気温は30度を超えない程度で、乾季にはいるため降水量も少ないです。


4月~6月はインドの夏です。

雨はあまり降りませんが、気温がぐっと上がります。

30度超えは日常茶飯事で、40度を平気で超えることもあります。

5月、6月の旅行は避けるのが無難です。


7月~10月は、そこそこ気温は下がるものの、日本の夏日という感じです。

雨季に差しかかるため、ジメジメした日が多くなります。


また、どの季節であっても日本よりも日差しを強く感じることがあるため、帽子は必須です。


デリーの春の服装(3月,4月,5月)


3月からは30度近い気温になります。

3月からはTシャツ短パンで十分です。

だたし3月はまだ朝晩は20度以下になるため、上に羽織るものは必要です。


また、相当暑くなる4月・5月は朝晩の冷えはありませんが、レストランなどの店内に入ると冷房がガンガン効いているため薄手のカーディガンなどは必須です。

デリーの夏の服装(6月,7月,8月)


6月・7月・8月は猛暑がまだ続いている時期です。

Tシャツ短パンで十分でしょう。

朝晩の冷えはあまりないですが、同じくレストランなどでは冷房が効いているため上に羽織るものは1枚持っておくべきです。

この時期はスコールのような雨が多くなるため、合羽のようなものがあれば便利かもしれません。

ただし急に降ってきたと思ったらすぐに止むような雨なので、少し雨宿りをしていればあまり濡れることはないでしょう。

実際、暑くて合羽を着ている人はほとんどいません。

ましてや街中で傘をさしている人もいません。

インド人は雨に慣れているのでしょう。


デリーの秋の服装(9月,10月,11月)


9月・10月・11月は昼間は30度を超える日もあるので、Tシャツ短パンで十分でしょう。

また9月はまだ降水量が多い時期になるため、突然の雨に注意です。


10月を過ぎるあたりから朝晩の気温が20度を切る日が多くなるため、寒さ対策が必要です。

デリーの冬の服装(12月,1月,2月)


12月・1月・2月は日本と同じく、インドも冬になります。

といっても、昼間の最高気温は20度を超えることもあり震えるほどの寒さを感じることはないです。

ただし、朝晩は冷え込みます。

10度以下になることもあります。

昼間は、比較的薄手のジャケットで対応することができますが、もし朝や夜に活動することがあるのであれば、厚手の防寒具が必要です。

特にデリーは、インドの出発口のひとつであり、どこに行くにも拠点となります。

列車やバスが早朝に出発・到着であったり、遅延で到着が深夜になってしまうこともよく起こりうることです。

そのため、朝晩の活動を予定していなくても、防寒具を持参することをお勧めします。

昼間には不要になることを考えれば、上に羽織るというよりも中を温かくするほうが荷物を軽くする上ではいいかもしれません。


薄手のジャケットのしたにユニクロのベストのウルトラライトダウンベストを着たりと工夫次第で、かさばるジャケットを持参する必要はなくなります。



デリーで注意すべき服装

①蚊対策

夏はTシャツ短パンでOKと前述しましたが、毎日そのように過ごしていると日焼けで真っ黒になることに加えて、蚊にも刺され放題です。

特にインドの蚊はどんなウィルスを持っているかわからないため、十分気を付ける必要があります。

現地でも虫よけスプレーは売っていますが、特に蚊に刺されやすい体質の人は全く効き目がありません。

そのため、一番の対策としては肌を出さないことです。


②女性の露出

インドでは、基本的に女性は肌を露出しません。

観光客に肌を隠すよう強制する場面はあまりないですが、自主的に露出することは控えるべきです。

特にインド人男性は、日本人女性を好む傾向にあります。

アクシデントに巻き込まれることがないよう、極端に短いパンツを穿かない・ボディラインがわかる服を着ない、などの考慮した服装を心がけましょう。

ちなみに、男性も宗教の関係上、短パンを穿いている人はいません。


③高級ホテル

インドと言えど、リッチ層はとてもおしゃれです。

高級ホテルを利用するインド人は、肩だしファッションをしている若者もいます。


ドレスコードを強制されることはないですが、場にあった服装をしましょう。



デリーの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

デリーの季節に応じて服装を調節しましょう。

デリーで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

デリー滞在日数分あることが望ましいです。
デリーに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

デリーの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

デリーでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

デリーまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



デリーに必要な持ち物

クレジットカード

デリー旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。