【2018年版】チェコの季節・シーン別服装|チェコの服装

●チェコ旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●チェコ旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

チェコの季節別服装

チェコの気候


チェコは大陸性気候に属し、日本と同様に四季が明確でそれぞれの季節に風情があります。

北海道より北に位置していてイギリスなどのように暖流の影響がないので冬の寒さは厳しく感じます。平均気温が氷点下になるほどなので、しっかりとした防寒対策が必須です。


夏は日差しが強く日中の気温が30℃近くなる日もありますが、日本違って湿度が低いのでとても過ごしやすいといえます。

また、国土は日本の5分の1ほどの面積なので、都市別の気温差はそれほどありません。


連作交響詩『わが祖国』の作曲で知られるベドルジハ・スメタナをはじめ著名な音楽家を輩出した国であり芸術鑑賞が楽しみで、教会や高級レストランなどTPOに合わせた服装が必要です


チェコの春の服装(3月,4月,5月)


復活祭で知られるイースターと共にチェコに春が到来しますが、日中は日本で例えると3月の初め頃の気候です。

4月の平均最低気温に関しては2℃なので、感覚からすると冬と変わらず寒さ対策が当然必要となってきます。


毎年5月12日にはじまり約3週間に渡って開催される「プラハの春音楽祭」は、日本人観光客にも人気なので、機会があれば行ってみましょう。

寒さが5月の初め頃まで続いて朝晩は冷え込むのでダウンジャケットなどの厚手の服を準備されてください。


石畳のプラハはヒールのある靴だと観光には不向きなので、普段は着慣れたスニーカーの方が望ましいです。

チェコの夏の服装(6月,7月,8月)


5月半ば頃から暖かくなり6月に入ると気温がさらに上昇して、日差しも強くなって夏が駆け足でやって来ます。

物価が安くて魅力的な観光地が多いチェコの7月~8月はバカンスシーズンで、ヨーロッパ各地から旅行者が訪れます。


6月と8月末の曇りの日と朝晩は夏と言え結構冷えますので、薄手ではなく厚手のジャケットを用意してください。

最も暑い時期は30℃ぐらいまで気温が上がり、日中の日差しはきつめなので紫外線対策グッズとして日焼け止めクリームなどがあると、助かります。


夏の平均最高気温が23℃、最適気温が12℃ととても過ごしやすく秋の感じの服装で対応でき、夏休みに少し長めの休暇が取れる人には、チェコはおすすめの国です。


チェコの秋の服装(9月,10月,11月)


チェコの秋はとても短くて10月末になると本格的に寒くなり、冬が目の前に来ていますが日本人からするとその時期は12月や1月の寒さとあまり変わりません。

本格的な寒さ対策が必要で、コートやセーターなどの服装でお出かけください。


9月はワイン祭りが全国各地で開催され気候的には快適ですが、一日の寒暖差がありますので、厚手のジャケットなどを用意しておいてください。


10月が紅葉シーズンとなり、チェコ東部に位置するモラヴィアの紅葉はうっとりしてしまうほど美しいといわれています。


チェコの冬の服装(12月,1月,2月)


11月にはチェコは冬に入り春までが長くなりますが、雪景色を楽しみにした観光客が訪れます。美しくて可愛い街で有名なチェスキークルムロフの雪化粧は、女性に特に人気です。


12月末から2月にかけては、最高気温が0℃に達しない日もあるほど寒さが厳しいです。

完全フル装備でしっかりとした防寒対策が必要で、スノートレッキングシューズやブーツといった雪道に強い靴を準備してください。


12月にはチェコの都市部ではクリスマスマーケットが各地で開催され、雑貨屋やカフェめぐりも楽しみです。



チェコで注意すべき服装

チェコの音楽などの芸術鑑賞では、あまりドレスコードを聴いたことがありません。

と言ってもカジュアルな格好はあまり望ましくなく、正装をおすすめします。

男性はジャケットにネクタイと革靴、女性はワンピースで連れの人に合わせてシックな色のパンツやスカートでも良いでしょう。


高級レストランでは芸術鑑賞ほどフォーマルではなく、スマートカジュアルで良いと言われています。

教会も厳格な定めはなく肌の露出を抑え清潔な格好であれば問題ないので、その場に合わせた雰囲気を考えての服選びになります。



チェコの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

チェコの季節に応じて服装を調節しましょう。

チェコで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

チェコ滞在日数分あることが望ましいです。
チェコに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

チェコの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

チェコでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

チェコまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



チェコに必要な持ち物

クレジットカード

チェコ旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。