【2018年版】クロアチアの季節・シーン別服装|クロアチアの服装

●クロアチア旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●クロアチア旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

クロアチアの季節別服装

クロアチアの気候


クロアチアの気候は地域によって幾分異なりますが四季が明確で、全体的に日本の気候と共通点が多いです。内陸部は地中海気候に属しているので雨が少ないですが、夏季と冬季に加えて日中と朝晩の気温が大きいのが特徴に挙げられます。


アドリア海沿岸の地域は同じ地中海性気候でも、冬は温暖で雨が多く夏は日差しが強くて乾燥していますのでイタリア南部とよく似ています。


クロアチア観光のベストシーズンは、一般的に5月~9月といわれています。中でもアドリア海の真珠と称される旧市街が世界遺産に登録されているドゥブロヴニクをはじめ7月~8月のクロアチアの主要都市では、夏ならではのイベントが開催されています

クロアチアの春の服装(3月,4月,5月)


クロアチアは3月の最終日曜日からサマータイムがはじまり、春の訪れとなります。3月末頃から首都のザグレブではマグノリアが満開となり、各地でたくさんの花が咲き始めます。


4月から気温が高くなって、雨が降る日も少なく安定した穏やかで爽快な日が続きます。昼間は長袖のシャツで過ごすことができるほど、気候に恵まれている時期ですが、日差しが強いので紫外線対策としてサングラスがあると便利です。


ただ、クロアチアの春は一日の温暖差が激しくて朝晩は冷えて肌寒く感じますので、軽く羽織れるアウターを用意し、薄手のセーターなどを重ね着して体温調節をしましょう。


クロアチアの夏の服装(6月,7月,8月)


クロアチアの7月~8月は暑い日が続きますが、日本の夏ほど気温が高くなく空気も乾燥しているので過ごしやすいといえます。


毎年7月10日から8月25日までの間の45日間に渡って、ドゥブロヴニクではバレエやオペラなど中世の文化満載のサマーフェスティバルが開催されます。世界中から著名なアーティストが集まり、ヨーロッパ各地から数多くの観光客が訪れ、遅い時間までイベントを楽しめます。


クロアチア全体として夏の時期は日差しが強く紫外線対策が必要で、ホテルやレストランなどの室内は冷房の効きが良すぎて朝晩は冷えますので、上に羽織れるものがあるといいです。


クロアチアの秋の服装(9月,10月,11月)


クロアチアは南欧として捉えられがちですが中欧という人もいるほどで、地政学的にみると微妙です。気候的に言えば9月の後半まで残暑が続き、一気に秋が来るのは月が明けてからになります。


10月になると夜の時間帯はもちろんのこと、日中の観光の際にもジャケットやコートが必要となってきます。クロアチア国内の有名な観光地は華やいだ夏に比べると、秋は旅行者も少なく一段落すると休業に入るレストランやお土産屋さんも少なくはありません。


温暖な春に比べるとクロアチアの10月の時期には、厚手の上着を持参して気温に合わせてトレーナーやセーターなどの重ね着をして体温調整をしてみてください。


クロアチアの冬の服装(12月,1月,2月)


ドゥブロヴニクの冬は東京より気温が数℃高く、比較的温暖で過ごしやすいと言われています。ただ、ボーラと呼ばれる冷たい北風が吹き付ける日もあって、強風の際には防寒対策が必須となります。アドリア海エリアでは雨が比較的多い時期になりますので、レインコートや折りたたみ傘を用意しておくと良いでしょう。


ザグレブの冬はかなり厳しく気温が氷点下になりますので、厚手のコートの手袋や耳が隠れるニットの帽子など防寒対策が必要です。使い捨てカイロも役に立ち、室内は暖かいのでセーターなどを重ね着して体温調整ができるような環境にしておきましょう。



クロアチアで注意すべき服装

クロアチアは高級レストラン以外では、ドレスコードを求めているところはあまりありませんが、TPOを考えた方が良いと言われています。また、個性的で派手な格好では盗難に巻き込まれやすく、クロアチアの人たちはシックな大人の雰囲気の服装を好みますので、現地に合わせてみる方が良いでしょう。


ヨーロッパで一般的にうけそうなクラシックな服装での食事は、クロアチアの人たちからも好感が持てると言えます。


ドゥブロヴニクの旧市街では不揃いの石畳を歩くこともあるので、普段日本で履き慣れた靴での観光をおすすめします。



クロアチアの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

クロアチアの季節に応じて服装を調節しましょう。

クロアチアで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

クロアチア滞在日数分あることが望ましいです。
クロアチアに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

クロアチアの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

クロアチアでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

クロアチアまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



クロアチアに必要な持ち物

クレジットカード

クロアチア旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。