北京でクレジットカードが必需品と言われる3つの理由|北京のカード2020年版

北京用にクレジットカードを作ろうか迷っている

北京にクレジットカードを持っていきたいけど種類がいっぱいありすぎてどのカードが実際一番得なのかわからない …

という疑問を解決します。

北京にクレジットカードが必需品と言われる理由

ネットで海外旅行と検索すると次のようなクレジットカードが必需品だというコメントが多数みられます。

ただ、初めての海外旅行で北京に行く人などはクレジットカードがなぜこれほど必需品と言われるかわからないと思うので非理由を一つづつ解説していきます。

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

 

クレジットカードの強み1:北京通貨に両替するより手数料が格安

北京で現金で支払いをするためには日本円を北京の通貨に両替する必要があります。

両替を日本でするか北京でするか、日本でするなら銀行で両替するのと空港で両替するのはどっちが手数料が安いか。

など悩んでいるひとは多いのではないでしょうか。

 

 

結論から言うと両替している時点でどこでやろうと手数料は高く損しています。

 

両替の際に必ず手数料が発生します。

両替の際に発生する手数料は完全に場所に依存しますが、3〜10%の手数料がひかれるので

10万円使うから10万円分両替!!みたいなことをすると最悪1万円くらい手数料で損をします。

 

クレジットカードであれば手数料は1.63%なのでこの手数料をだいぶ抑えることができるので北京では屋台等を除き基本クレジットカードで支払いをするのが常識です。

クレジットカードの強み2:北京旅行中現金を気にしなくて遊べる

北京旅行中にいくら現金が必要か見積もれていますか?

自分の経験上旅行に行くと必ず楽しくなってしまい、急な出費が発生します。

なのでいつも旅行終盤になるとお金がなくなって節約モードになってしまいます。

 

北京旅行にクレジットカードを持っていけば残金と残りの旅程を考慮して、残金が不足していればクレジットカードを使って調整できます。

また、よく現地通貨を余らせてしまっている人がいますが、クレジットカードがあればそんなことにはなりません。

 

たまに北京旅行中にいくら使うかわからないからとりあえずいっぱい現金を持っていく人がいますが、盗まれたら終わりなのでやめましょう。

クレジットカードの強み3:海外旅行保険がついているカードがある

北京旅行中に些細な病気にかかって病院に行った場合でも日本の保険は使えないので、高額の請求をされる場合があるので、海外旅行保険に加入するのは必須です。

海外旅行保険に加入していないと変わった食べ物をたべたり、夜更かししたりして病気になることが頭にちらついて思いっきり楽しむことができません。

しかし、この海外旅行保険は数千円〜1万円程度するので、もったいなく感じてしまうのも事実。

しかし、

エポスカードなど一部のクレジットカードには特典として無料で海外旅行保険がついてくるものがあります。

海外旅行保険が高いと感じるひとは年会費無料で海外旅行保険が無料でついてくるクレジットカードがおすすめ

注意

年会費無料&海外旅行保険無料のカードはいくつかありますが、適応条件が細かく条件が書いてあるものがあるので注意(楽天カードなど)

北京に最適なカード最新版

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

クレジットカードに関してよくある質問

Q:北京旅行中どこでも使えますか

A:基本どこでも使えますが、タクシーや屋台、市場などでは使えないので現金とカードの併用がベストです。

Q:北京で一番使えるブランドはなんですか?

A:VISAかMasterCardです。JCBは使えないところが多いのでやめたほうがいいです。

北京クレジットカード情報まとめ

  • 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  • 現金を気にせず遊べる
  • 海外旅行保険がついているものがある

 

現金少量+クレジットカードメイン決済が最強&常識です!

北京のお金に関するコラム

【北京の2017年現在の物価は?】

現在急速に発展している中国。
昔と違って、観光地以外でも物価は変わってきています。
そこで、今現在(2017年)の北京の物価について紹介します。

①食料
バナナ100gあたり約20円、トマト100gあたり約15円、鶏肉100gあたり約30円、たまご1パックあたり約130円、牛乳500mlあたり約100円と、日本と比べて安く手に入れることができます。

②交通費
バスは約40円、地下鉄は約80円、タクシーは10分乗って1000円程度になるのが日本ですが、中国は30分乗って1000円ほどです。
交通費に関しては日本よりも相当安いと言えます。

③家賃
1年ごとに家賃が値上がりしている北京ですが、現在では7万以上が主流のようです。
もちろん北京の中心部と郊外とでは家賃の差があるものの、日本よりも相当高いといえます。

④電気代
北京の電気代は日本のだいたい約半分の料金です。
日本では基本料金の支払いがありますが、北京ではそれはなく、使用した分だけの支払いになります。

⑤水道代
北京の水道代は日本のだいたい3分の1~6分の1となっています。
ただし水道水は飲み水として使用ができないため、飲料用・料理用に別途で購入する必要があります。

以上のように、ものによって物価の高低があるのが北京の事情です。
ただし年々発展している北京では次の年、また次の年までは予想することはできません。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

その他持ち物は、北京 の持ち物をご確認ください。

カテゴリー