チェックリストとして活用できる!ドイツ留学に必要な持ち物とは

単に海外に数日間旅行をしたり、出張で出かけるというのとは違い、留学となるとドイツで短期間とはいえ生活をすることになります。

留学先にどんなものを持っていこうか迷う人もいるのではないでしょうか?

今回はドイツ留学の準備としてチェックリスト代わりに使えるように、「必須な持ち物」と、「あると便利なもの」とに分けてご紹介していきます。

ドイツ留学に必要な持ち物とは?

最初にドイツへ留学するのに、絶対に必要な持ち物をご紹介します。

□パスポート

instagram-image

murario216

出国、入国の手続きに絶対に必要なものがパスポートです。留学する期間によって条件がかわります。パスポートについて詳しく知りたい場合は、ドイツ連邦共和国大使館に問い合わせるのが一番いいでしょう。

3ヶ月以上パスポートの残存期間が必要となりますので、パスポートがあるからといって安心しないようにしましょう。

□航空券

instagram-image

erina.n_n

ドイツへ向かう飛行機のチケットは、片道分だと問題になることもあるので、往復で持っておくと安全です。航空券は、最近は電子などになっているので乗る寸前までチケットとして手元になり場合があります。購入した際の紹介番号などをすべて入国の時に見せると、帰りのフライトの時間もわかってよいでしょう。

実際、一年後あるいはもっと先に日本に帰国する予定なので、帰りの分のチケットはあとから売ることになっても購入時は往復で用意したほうが無難です。

□現地のお金

instagram-image

littlepine0205

留学先で数日間使う分だけなので、大量に外貨に換えて持って歩くことは不要です。ドイツは現在EU加盟国でユーロを使用しています。主な外貨を扱う銀行で簡単に変えることができます。空港の中でもユーロへの変換は可能です。

□ビザ

留学は語学のような短期間で済む留学か、大学のように長期にわたるかによって必要なビザが変わってきます。

語学留学でも90日を超える場合は、ビザ申請が必要となるので、忘れずにビザを取り語学学校に通うようにしましょう。

□クレジットカード

instagram-image

kiyo1815

クレジットカードは、買い物をする以外にも海外旅行向け保険が付帯しているものがあります。

ラウンジが無料で使用できたり、提携しているホテル、病院などがあるので割引がきく場合があり何かと便利です。

とっさの時にお金が必要な時も、現地のお金をATMで引き出せます。

持つべきカードは国際クレジットカードになります。作成する際に、普段使用している銀行に詳しく問い合わせて作るとよいでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

□留学中に住むアパート、寮、ホテルなどの住所

これは渡航するとき、入国の時に重要です。それ以外はなくても問題がありません。ただ、現地で暮らし始めて道に迷ったときなども安心ですし、何か起きたときに現地で連絡、身元を保証してくれる人がいると便利です。

入国の際、滞在先がないだけで何時間と拘束される可能性もありますので、気を付けましょう。

□留学する学校の書類

instagram-image

harukaze.43

ドイツの語学学校、大学などどこに留学するのかがわかる書類が必要です。学校からの留学許可、あるいは学生カードがあると身分証明になります。

入国管理はもちろん、何かトラブルに巻き込まれたときに、どこの大学あるいは語学学校に留学している学生かがわかると便利です。

ドイツ留学であると困らない持ち物

ここからは、あってもなくても困らない持ち物をご紹介ししていきます。長く暮らしていた土地と違って、異国の土地で暮らすのは案外と不便です。現地でも調達は可能ですが、日本から持って行っても困らない持ち物です。

□変圧器/プラグ

instagram-image

teeda1969

国別に分かれた変圧器やプラグもあれば、マルチなタイプもあります。ドイツ留学なのでドイツの国の電圧に合わせることができれば問題ありません。しかし、夏休み、クリスマス休暇などにドイツにいるメリットを利用してヨーロッパ諸国をみてまわることもあるでしょう。そんな時は国ごとに変換プラグ、変圧器があると便利です。

□生理用品

instagram-image

kinoko0gram

女性の方でドイツに留学を考えている人は、生理用品などをどうしょうか迷っている人も多いでしょう。滞在期間が短期なら数か月分持っていくのも便利でしょう。使い慣れた生理用品は何かと便利です。もちろん、ドイツの国でも生理用品は販売されていますが、日本と質が違うので、使いにくいと感じる人もいるでしょう。

慣れるまでの間、日本の生理用品があると便利でしょう。

□化粧品

気候風土が違う場所だと、肌に変化が出てしまう人もいます。ハンドクリームひとつとっても、日本で使っていたものが恋しく感じる人もいるでしょう。ドイツで自分に合ったものを見つけるまでの代用品として、日本からすこし化粧品、美容の類は持っていくとよいでしょう。

□Simフリーの携帯

instagram-image

wagaya.youandi

昨今の生活に欠かすことができない携帯は、Simフリーの端末の場合はとても便利です。長期に渡りドイツに留学を考えている人は、現地でシムフリーの携帯を購入してもいいですが、この手のガジェットに詳しくない人は、国内で用意して持っていくと便利です。

□日本のインスタント食品

instagram-image

1day1vote

ドイツのどの場所に留学するかにもよります。日本企業が多くあるデュッセルドルフなら、日本食も多くありますので不便しないでしょう。体の調子が悪い時、日本食が懐かしい時など、気軽に食べることができるインスタントフード類を少し持っていくと便利です。

□日本の土産

instagram-image

chabobatake

留学先で、ホームステイをする、あるいは下宿などの場合にお世話になる人に日本のお土産を持っていくと喜ばれるでしょう。

まとめ

今回は、ドイツ留学の準備をする際に役立つ必要な持ち物と、あると便利な持ち物にわけて紹介しました。これを参考に自分流のチェックリストを作成し、ドイツ留学にむけて持ち物を用意してはいかがでしょう。有意義で楽しいドイツ留学になるよう準備は万端にしましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/