日本のトイレとこんなに違う!シンガポールのトイレ事情

東南アジアとしてはしっかりと日本のように整備されていることが多いのがシンガポールのトイレです。けれど時々どうしよう?となることに遭遇することがあります。そんな時にどうしようと慌てないために、知っておいた方が良いシンガポールのトイレ事情についてまとめまてみました。

シンガポールのトイレの特徴

シンガポールのトイレの特徴をみていってみましょう。

シンガポールのトイレの清潔さ

シンガポールは街もゴミが少なく綺麗な街として有名です。特に東南アジアの中では珍しく、トイレを含めて清掃がかなり行き届いているので、シンガポールのホテルやショッピングモールなどのトイレは日本人の感覚でも問題なく使える清潔さのレベルです。トイレットペーパーも他のいくつかの東南アジアの国とは違い、使用後に使用済みのトイレットペーパーを直接便器に捨てて流すことができます。そして最近のシンガポールのトイレの多くは使用後に、使用者が立ち上がり便器から離れると自動で水が流れるものも多くなっています。しかし、自動で自動とされていても、自動で流れない場合があるので、使用後はしっかり流れたかどうか確認し流れてない場合は自分でボタンを押してきちんと流しましょう。これは繁華街や比較的高級なエリアのトイレ事情です。

シンガポールのウオシュレットの普及率

シンガポールのトイレのウォシュレットの普及率は、あまりよくありません。シンガポールでウォシュレットはあまり普及していません。一部の高級なホテルやデパートにわずかにウオシュレットが設置されているだけです。ウオシュレットがまだまだ普及していないので、ウオシュレットのトイレをあまり期待しない方がいいです。簡易式ウオシュレットがあるところもあり、それには説明書が付されている場合があります。読める言語で書かれているのであれば、説明をよく読んで気をつけて使いましょう。

ウオシュレットよりもよく設置されているホース

シンガポールにはマレー系の人も多く暮らしています。マレーシアでは、用を足した後、紙ではなく水で洗浄する人がいるため、便座の横にシャワー付きホースがついてることもあります。よく使用法がわからないこれを使用しようとしたりすると、びしょ濡れになるというトラブルに見舞われることもあるので、使用はよくわからない物は使用を控えた方がいいです。なお、、トイレに入ったときに便座や床などがびしょびしょに濡れていることがありますが、それがこのシャワーによるものです。シンガポールではトイレびしょ濡れ事件は多くはありませんが、びしょ濡れだったら持っている場合抗菌ウエットティッシュで拭いて使用するといいです。そういうときの為にウエットティッシュを持っていると便利です。

入りたいときにみつからないトイレ

シンガポールののトイレ事情でなかなか困るのが、入りたいときになかなかトイレが見つからない事です。トイレシンガポールではMRTで移動する人も少なくないと思いますが、目的地に着いて観光などをする前に先にトイレへ行こうと、駅でトイレを探すとなぜか駅の改札付近にトイレがない駅も多くなかなか見つからないことがあります。そして繁華街から少し離れたショッピングモールなどでは、トイレの案内標識をたどって歩いていてもトイレまでが遠かったり、わかりづらかったりしてなかなかトイレにたどり着くことができないこともあります。日本と同じ感覚で、乗り物などで移動をしているときにいつでもすぐにトイレに入れると思わないで、少し早めにトイレを探すようなつもりで行動した方が良いです。

使いたいときに使えない

ホーカーセンターや少し郊外のショッピングモールなどでは、トイレを利用するときに入り口に立っている係りの人にお金を払わなくてはいけない場合があります。金額自体は20セントほどで特に高くは無い金額なのですが、小銭の持ち合わせがない場合でもお釣りをくれない場合があります。なので、小銭がないと困るので、お店で買い物などをし、おつりをもらった際にはトイレ用の小銭を用意しておく必要があります。

トイレットペーパーはどこ?

入場料を払って、急いでトイレに入って…無事に用を足しました。その後に、「個室内に紙が無い!」と言うトラブルに見舞われる場合があります。東南アジアでは、個室内にトイレットペーパーの備え付けがなくなぜかトイレの入り口もしくは手を洗う付近に、共同のトイレットペーパーが置いてある場合があります。そうなると、個室に入る前にそこからトイレットペーパーをとって個室に入らなくてはいけなくなります。シンガポールでもこのケースがあるので、個室に入る前に個室内に紙があるのか無いのか入り口付近なども含めて確認しましょう。なお、用を足してから紙がないことに気がついても時は遅しなので、トイレで困った時用にもポケットティッシュ持っておくと便利です。

どっちがどっちかよくわからないトイレ

どちらが男性でどちらが女性なのか、日本のトイレではピクトサインがしっかりしていて男女ごとに色が違ったりデザインがかなり違ったりしてどちらのトイレが女性用でどちらのトイレが男性用かがとてもわかりやすくなっています。しかしシンガポールのトイレはどっちが男でどっちが女の子なのかとてもわかりにくい場合があります。女性のサインも男性のサインも赤なので絵をよく見ずに赤を見て入ったら、男性トイレだったりその他デザイン性が優れているけれど、ちょっと見ただけでは男女を区別することができないものもあります。慌てていると男女を見間違う可能性もあるので慌てていても落ち着いてどちらが男性用どちらが女性用なのかをしっかり確認しましょう。

トイレで罰金をとられる

シンガポールと言えば、ゴミなどをポイ捨てしたりすると罰金がとられる罰金の街と言われることもあるほど罰金で有名です。様々な行為に罰金が課されていることで世界的に有名です。ゴミのポイ捨て、電車内での飲食、そして喫煙所以外での喫煙などは罰金対象となっています。そして驚くことに、トイレに関しても罰金が科される行為があります。それは、公衆トイレでトイレを利用した後に水を流さない時です。トイレ使用後に水を流さないと最高1000ドルもの罰金をとられます。使用後に便器を離れると自動で流してくれるというトイレもありますが、その機能が故障していることもあるので用を足した後は、必ず確認して流れてなければボタンを押して流しましょう。あまり多くはありませんが存在する公衆トイレは、警官が定期的に見回りを行っています。

トイレに付いている付加機能

トイレシンガポールのトイレは、進化してとても有効な機能が付いている場合があります。公共のホールや美術館などでは、トイレの出口の近くに座って休憩できるスペースがあったり、さらにそこでスマホなどを充電できる場所があることもあります。

シンガポールのトイレに備えて

シンガポールのトイレは、ウオシュレット普及率は良くありませんが東南アジアにしては考えられない位清潔感があるものが多く、清潔なトイレに慣れている日本人でも抵抗なく使用できるものが多いです問題なく気持ちよく使える場合が多いですが、万が一の時に備えて抗菌のウエットティッシュやポケットティッシュ、そして有料トイレのために小銭を用意しておくと便利、快適に使用できます。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。