日本からシンガポールへの飛行時間と料金を比較【東京・大阪・名古屋】

日本からシンガポールまで飛行機を利用してアクセスする場合、多くの人が気になるのは「飛行時間」と「航空券の料金」ではないでしょうか。

日本国内にはシンガポール便を運行している空港がいくつもあり、どこから出発するのが1番良いのか悩んでしまう人も多いものです。

そこでここでは、主要都市である東京(羽田空港・成田空港)、大阪(関西国際空港)、名古屋(中部国際空港セントレア)の3つの空港発のシンガポール便の飛行時間と航空券の料金を比較してご紹介していきます。

羽田空港からシンガポールまでの飛行時間

東京・羽田空港(HND)からチャンギ国際空港(SIN)への飛行時間は平均7時間35分です。
往路のチャンギ国際空港出発の飛行時間は、平均すると6時間30分です。

なお、どちらの空港から出発も直行便は、1日に8便運行しています。

直行便・乗り継ぎのシンガポールまでの飛行時間の比較

羽田空港からチャンギ国際空港までの直行便に対応しているのは、日本航空(JAL)・全日本空輸(ANA)・シンガポール航空(SIA)の3社です。

直行便の場合、羽田発・シンガポール行きの飛行時間は7時間25分〜7時間50分程度になりますが、乗り継ぎ便を利用した場合の飛行時間は9時間50分以上かかり、中には25時間以上かかるフライトも存在します。

とは言え、乗り継ぎ便にもメリットがあります。

直行便の場合、航空券はエコノミーで往復50,000円~65,000円が相場です。
乗り継ぎ便を利用すると、最安値で30,000円代〜で購入できます。

東京・成田空港からシンガポールへの飛行時間

東京・成田空港(NRT)からチャンギ国際空港への飛行時間は平均すると7時間40分です。

往路のシンガポール・チャンギ国際空港出発の飛行時間は平均6時間45分で、羽田空港発の便とさほど飛行時間は変わりません。

ただし、シンガポール発・日本行きのフライトの場合、羽田空港を利用するよりも15分ほど飛行時間は短くて済みます。

なお、成田発・シンガポール発共に直行便は1日に5便運行しています。

直行便・乗り継ぎのシンガポールまでの飛行時間の比較

成田空港からチャンギ国際空港までの直行便に対応しているのは、日本航空・全日本空輸・シンガポール航空の3社となります。

直行便の場合、成田発・シンガポール行きの飛行時間は平均7時間40分ですが、乗り継ぎ便の場合は、10時間以上のフライトが多く中には34時間程かかる便もあります。

成田空港・シンガポール便(直行便)の航空券の料金は往復55,000円~60,000円が相場ですが、羽田空港便と同様に乗り継ぎ便を利用した場合、最安値で30,000円代〜で購入できます。

大阪・関西国際空港からシンガポールへの飛行時間

大阪・関西国際空港(KIX)からチャンギ国際空港への飛行時間は平均すると7時間5分で、東京便(羽田・成田)より30分ほど飛行時間が短くなります。

往路のチャンギ国際空港を出発の飛行時間は平均すると6時間10分です。
なお、大阪発・シンガポール発共に直行便は、1日に3〜4便運行しています。

直行便・乗り継ぎのシンガポールまでの飛行時間の比較

関西国際空港からシンガポール・チャンギ国際空港までの直行便に対応しているのは、スクート(TR)とシンガポール航空の2社となります。

直行便の場合、大阪発の飛行時間は7時間5分程度になりますが、乗り継ぎ便の飛行時間は8時間〜25時間となります。

関西国際空港発のチケットの場合、シンガポール航空で航空券を購入すると往復・エコノミーの利用で平均60,000円程かかってしまいます。
しかし、スクートを利用すれば、往復航空券が最安値で20,000円代〜購入できます。

名古屋・中部国際空港からシンガポールへの飛行時間

名古屋・中部国際空港セントレア(NGO)からシンガポールへの飛行時間は平均で6時間55分です。

往路のシンガポール出発の飛行時間は、平均6時間20分となります。

直行便は、シンガポール航空のみ運行しており1日1便です。

直行便・乗り継ぎのシンガポールまでの飛行時間

直行便の場合、名古屋発の飛行時間は6時間55分程度になりますが、乗り継ぎ便の飛行時間は10時間20分〜25時間となります。

名古屋発の場合、直行便の航空券はエコノミーで往復・平均約70,000円です。

東京(成田・羽田)・大阪発の便の中で、最も航空券の費用が高い便となります。
ただし、乗り継ぎ便を利用すれば、中部国際空港発でも往復航空券・最安値30,000円代〜で購入が可能です。

まとめ

東京(成田・羽田)・大阪(関空)・名古屋(中部)の中で、最も飛行時間が短くて済むのは名古屋発・シンガポール行きで平均で6時間55分です。

往路のシンガポール発で最も飛行時間が短くて済むのは大阪着の平均6時間10分です。

航空券の料金で最も往復の料金の最安値が安いのは、大阪・シンガポール便でスクートを利用した場合で、最安値が20,000円代〜となります。

あなたの住んでいる地域によって、どこの空港を利用するのと1番良いのか異なりますが、ここでの情報を参考に比較検討してみて下さい。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

カテゴリー