インドネシアの時差は3つ?WIB・WITA・WITはなにを表しているか

インドネシアの時差は3つ?WIB・WITA・WITはなにを表しているか

インドネシアは南国リゾート地として、日本人にも大人気の観光地です。そして世界最多の島を抱える東西に、5,110Kmも広がる横長い国でもあります。大小様々な島がありますが、どの島も個性豊かで、色んな民族が暮らしています。

今回はインドネシアに仕事や観光に行くときには是非とも覚えておいてもらいたい、インドネシア国内の時差について詳しくお伝えしたいと思います。

インドネシアには3つの時差がある?

indonesia, bali, ulun danu

インドネシアは東西にとっても広がっていて、大小様々な島から構成されています。日本も島国でたくさんの島がありその数は約6,800、ですがインドネシアにはその倍以上の約1万3,400も島があります。

また日本の東西の長さは約3,100Kmに対して、インドネシアの東西の長さは約5,100なのでとっても東西に広がった国にであることがわかります。

また日本と違い多民族国家なので、島により言葉や文化などが違っているのも面白いポイントです。

そして東西に広がった国であるインドネシアは、国内での時差が3つあるのです。

標準時間帯(UTC)を表すタイムゾーンで表すと

・日本:UTC+9
・インドネシア:UTC+7~UTC+9

インドネシア時差WIBとは?

instagram-image

asyifadhillah

WIB(Waktu Indonesia Barat)西部標準時(UTC+7)とは、大きくはスマトラ島・ジャワ島・カリマンタン島西部と中部を含むエリアで使われている時差になります。

首都のあるジャカルタはジャワ島の西部に位置していて、インドネシアの経済の中心地です。
その為インドネシア国内では主にWIBが中心として考えれているので、インドネシアと日本の時差は一般的に2時間あるというのが浸透しています。

例えば日本が朝の9時のときには、インドネシアのWIBのエリアでは同日の朝の7時ということになります。

インドネシア時差はWITAとは?

instagram-image

yohanesatawuwur_jo

WITA(Waktu Indonesia Tengah)中部標準時(UTC+8)とは、大きくはバリ島・カリマンタン島東部・スラウェシ島を含むエリアで使われている時差になります。

世界中の観光客に人気のバリ島やロンボク島などがあるのが、WITAのエリアです。
バリ島から文化遺産として有名なジャワ島のボロブドゥールやプランバナンなどを訪れてる場合は、インドネシア国内ですが時差が生じるので、気をつけるポイントでもあります。

インドネシア時差はWITとは?

instagram-image

wanderlustsumba

WIT(Waktu Indonesia Timur)東部標準時(UTC+9)とは、大きくマルク島・ティモール島西部・ニューギニア島西部を含むエリアで使われている時差になります。

ティモール島は元々はインドネシア共和国の一部でしたが、東ティモールが2002年にインドネシアの独立したことでも大変大きなニュースになりました。

またWITのエリアはインドネシアの中でも治安が一番安定していないエリアでもあり、観光に訪れる場合は、事前に最新の情報など調べる必要があります。

時差を知るうえで覚えておきたいインドネシア語

インドネシアの時差についてより理解できるように、インドネシア語を勉強しましょう。

・Waktu(ワクトゥウ):時間
・Barat(バラット):西
・Tengah(テンガ):真ん中
・Timur(ティムール):北
・Jam(ジャム):時(Waktuは時間を表すのに対してJamは何時のように時を表す)

まとめ

インドネシアは南国の国で、一年中がベストシーズンです。日本から飛行機で約7~9時間ほどで行くことができます。

ビジネスで訪れる人はジャカルタのあるジャワ島から色んな島に訪れたり、観光客はバリ島から時間があればジャワ島の遺跡巡りなどにも行くこともあるでしょう。

インドネシア国内で移動の際は時差の違いを忘れずに、交通機関などに乗り遅れないようにしましょう。そしてインドネシアで素敵な思い出を作ってください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。