アメリカ渡航の準備をしよう!必須のもの10個・おすすめ5個

アメリカに初めて渡航する方は期待で胸も膨らむと思いますが、一方で何をどう準備したらよいのか不安だという方も多いと思います。
そこで、アメリカ渡航に向けた必要な準備についてご紹介します。

アメリカ渡航の準備についてご説明する前に、まずアメリカの基礎的な情報をご説明します。

アメリカ渡航の準備情報

アメリカの主な観光スポットと気候や服装など注意すべきことを簡単にまとめておきましょう。

主な観光スポット

アメリカはニューヨークをはじめ、ロサンゼルスやラスベガススなど個性豊かで魅力的な都市が多い国です。

また、ナイアガラやグランドキャニオンなどの雄大な観光スポットも数多く、見どころは尽きません。

気候と服装

アメリカは広く地域によって気候は大きく変わります。
訪れる場所の気候をあらかじめ個別に確認をして服装を検討しましょう。

アメリカの治安

アメリカは銃犯罪も多いため危険な場所には近づかないように万全の注意が必要です。

それでは、アメリカ渡航の準備で必要なことを具体的に見ていきましょう。

アメリカ渡航の準備に必須のもの10個

まずアメリカ渡航の準備に必須のもの10個をまとめておきましょう。

1:パスポート

パスポートは海外渡航に必須ですので、まだ取得されていない方はすぐに申請をしましょう。
既にお持ちの方は、有効期限を確認しましょう。
少なくともアメリカからの帰国日まで期限が有効でなければなりません。

2:ESTA(エスタ)・ビザ

短期間の観光や仕事での出張であればESTAが必要です。
ESTAの申請はネットでできます。
アメリカでの滞在が90日を超える場合や現地で就労する目的で渡航する方は、ビザが必要になります。

3:航空券

航空券ももちろん必須です。
ネットで搭乗券を手配した場合はEチケットになりますが、念のため印刷をしておいた方が安心です。
パッケージツアーの際は飛行場で出発当日にチケットを渡されることもあります。
空港でのチケット受取方法は、事前にしっかり確認しておきましょう

4:クレジットカード

クレジットカードは現地での買い物の際に必要なこともありますが、それだけではありません。
アメリカではホテル宿泊の際に先にクレジットカードの提示を求められることがあります。
クレジットカード会社によっては使えない場合もありますので、複数のクレジットカードを用意するのがベターです。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作るとよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は、海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際海外旅行保険を使うことはなく、なんだか海外旅行のたびに海外旅行保険代5,000円程度を損した気持ちにもなりますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

2023年10月1日以降は海外旅行保険適応のために海外旅行関連の支払いをエポスカードで行う必要がありますが、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上使えばよいだけで、かつ、この条件がついたお陰で傷害死亡・後遺障害や賠償責任の補償金額が最高500万円だったものが3,000万円まで上がるので、無料の海外旅行保険は補償金額が少ないのではという不安もなくなり、エポスカードの海外旅行保険のみでより安心して海外旅行に行くことができます。

年会費無料で海外旅行保険がついているだけでなく、他にも下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

5:海外旅行保険への加入

渡航中にトラブルに遭遇し想定外の請求に見舞われることも珍しくはありません。
緊急時に備えた海外旅行保険に加入することが必須です。
海外旅行保険付きクレジットカードもありますので、費用を節約したい方にはこちらの利用もおすすめです。

6:アメリカドル

現地で当面必要な金額をあらかじめアメリカの通貨であるドルに両替しておきましょう。
日本国内で外貨を扱う銀行や空港で両替が可能です。
現地にも両替可能な金融機関の窓口やATMもありますが、使い方や営業時間を事前に確認しておくと安心です。

7:日本円

出発・帰国の際は日本円が必要ですので、日本円も残しておく必要があります。

8:海外旅行トラブル回避マニュアル

外務省のホームページには海外旅行のトラブル回避マニュアル「海外安全虎の巻」が掲載されています。
最新の海外安全情報や緊急時の連絡方法などもありますので、あらかじめご一読をおすすめします。

9:日程表

旅行会社が作成した日程表でもよいですが、ご自分で主要日程をきちんとメモしておきましょう。

10:宿泊・予約確認書

ネットでホテルを予約した方は、予約確認書をコピーして持参しましょう。

アメリカ渡航準備におすすめの5個

次にアメリカ渡航準備におすすめのもの5個をご紹介します。

1:現地地図・ガイドブック・英会話ツールなど

現地の地図やガイドブックを用意しておくと安心ですし、英会話文例集や自動翻訳ツールもおすすめです。

2:筆記用具・メモ帳

現地で急に思いついたことをメモする場合や会話などに困ったときの伝達手段として有効です。

3:薬

普段から飲んでいる薬はもちろん忘れてはいけません。
またアメリカで診察を受けるのは面倒なことで費用もかかります。
具合が悪くなっときのために整腸薬などを準備しておいた方がよいです。

4:運転免許証

アメリカは広大ですので、交通手段として車が必須のこともあります。
お近くの警察署か運転免許試験場で国際運転免許証を交付してもらっておくといざというときに安心です。

5:スマートフォン

必要な情報の検索や地図案内などに便利なだけでなく、カメラの代用にもなります。
ただWiFiは注意しないと思わぬ高額の請求になることもありますので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?
ご紹介した内容はどれも大切なことですが、落ち着いて準備すれば心配はいりません。
アメリカは魅力にあふれる国です。
アメリカ渡航が不安のうちに終わることのないように、準備をしっかりして楽しい旅をお過ごしください。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作るとよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は、海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際海外旅行保険を使うことはなく、なんだか海外旅行のたびに海外旅行保険代5,000円程度を損した気持ちにもなりますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

2023年10月1日以降は海外旅行保険適応のために海外旅行関連の支払いをエポスカードで行う必要がありますが、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上使えばよいだけで、かつ、この条件がついたお陰で傷害死亡・後遺障害や賠償責任の補償金額が最高500万円だったものが3,000万円まで上がるので、無料の海外旅行保険は補償金額が少ないのではという不安もなくなり、エポスカードの海外旅行保険のみでより安心して海外旅行に行くことができます。

年会費無料で海外旅行保険がついているだけでなく、他にも下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

カテゴリー