アメリカに留学するときに携帯料金を安く抑えるコツは?

今や携帯は生きていくのに不可欠なツールですから、アメリカへ留学する際にも確実に携帯を持っていくことになるかと思います。

しかし、アメリカで携帯を利用する場合、使い方や契約の方法によって携帯料金が大きく変わってくるので注意しましょう。

今回はアメリカへ留学する際に、携帯料金を安く抑えるコツについてご紹介します。

アメリカ留学で携帯を利用する方法

アメリカで携帯を利用する方法はいくつか存在します。まずはそれぞれの利用方法をご紹介していきたいと思います。

日本で利用している携帯をそのままアメリカで利用する

一番簡単な方法は現在利用している携帯をアメリカでも継続利用する方法です。この方法でもアメリカで携帯を利用することはできます。

ただし、料金が高額になってしまうという問題があります。日本の携帯業者が管理している電波は海外まで飛んでいません。そのため、海外で日本の携帯を利用するためには、海外の携帯業者が管理している電波を借用させてもらう必要があります。これを「国際ローミング」と呼びます。

国際ローミングは非常に高額であり、通話料は100~200円/分程度かかります。また、パケット定額プランに入っていたとしても海外でデータ通信を利用する場合には海外業者のネットワークを利用するためそちらの料金がかかってしまいます。

そのため、通話料金を抑えるために無料の通話アプリを利用したにもかかわらず高額のパケット料金を請求されてしまったという例も報告されています。

更に、電話番号は日本のものをそのまま利用することになるので、相手が電話をかけてきた場合も国際通話料金がかかってしまいます。日本の家族やお友達からも気軽に電話をかけることができませんね。

日本の携帯を国際ローミングで利用する場合、手続きは簡単ですが料金が非常に高額となります。短期留学を除きお勧めできません。

日本の携帯をWifiで利用する

2つ目は日本で利用していた携帯をWifiで接続して利用する方法です。これであれば通話料金やパケット料金が一切かかりません。

難点はWifiが飛んでいないところでは携帯を利用できないという点です。ただし最近では様々な場所で無料Wifiが飛んでいるので、昔に比べると格段に利用しやすくなったと言えるでしょう。

注意点は携帯のモバイル通信をオフにしておくことです。モバイル通信をオンにしていると勝手にデータローミングサービスに接続してしまうことがあります。Wifiを利用しているつもりが高額のローミングを利用していたなんてことにならないように気を付けましょう。

Wifiのみ利用する場合は携帯業者と契約をしている必要はないので、いっそのこと携帯を解約してしまってもよいかもしれません。基本料金も不要となるので長期留学の際にはお勧めです。

日本の携帯にアメリカのSIMを装着する

多少の知識は必要となりますが、うまくすると一番お得に利用できる方法です。

スマホにはサービスを利用するためにSIMカードというものが装着されています。このSIMカードの中に電話番号などの情報が含まれており、SIMカードを装着することで携帯を利用することができるようになります。

このSIMカードをアメリカの携帯業者と契約し、SIMカードを入れ替えることでアメリカの携帯業者の携帯として利用することができるようになるのです。

アメリカの携帯業者と契約するので、電波も国際ローミングではなくアメリカ業者が飛ばしている電波を利用します。そのため高額な電話料金やパケット料金を請求されることはありません。電話番号もアメリカで取得したものを利用するので国際通信料金が適用されることはありません。

携帯も今利用しているものをそのまま利用することができるので新規に購入する必要はありません。

いいことづくめに見えますが、この方法を利用するには携帯のSIMロックを解除する必要があります。日本で購入した携帯にはその業者でしか利用できないようにSIMロックがかかっているため、他の業者のSIMカードを利用するためにはSIMロックの解除を行わなければいけません。

ただし、これも現在利用している携帯業者に相談することで、場合によっては費用がかかりますが対応してくれることが多いです。しかし、中にはSIMロック解除ができない機種もあります。その場合はこの方法を利用することができません。

アメリカでスマホを購入する

これは最も分かりやすい方法です。アメリカの携帯業者からアメリカで利用するための携帯を購入する方法です。これであれば当然アメリカのSIMカードを利用するため、国際ローミングはかかりません。今利用している携帯がSIMロック解除できない機種だったとしても問題ありません。

ただし、帰国後に現在の携帯を利用したい、電話番号を変えたくないなどの理由から現在利用している携帯を解約しない場合は当然二重に携帯料金を支払う必要があります。

また、数週間~数か月程度の留学であれば労力と費用を考えてもわざわざ新たに携帯を購入する必要はないでしょう。

長期留学を行う人にはお勧めの方法であると言えます。

留学時に利用できるアメリカの携帯会社をご紹介!

続いてアメリカ留学時にも便利なアメリカの携帯会社についてご紹介したいと思います。

アメリカの携帯会社は4社

instagram-image

financialbuzz

アメリカの携帯会社は以下の4社です。日本でいうdocomoやau、ソフトバンクみたいなものですね。

・T-Mobile US(ティーモバイル US)

 

・AT&T Mobility(エーティー・アンド・ティー モビリティ)

・Verizon Wireless(ベライゾン・ワイヤレス)

・Sprint(スプリント)

この4社のうち、日本の携帯にSIMを装着して利用できるのはT-Mobile US(ティーモバイル US)とAT&T Mobility(エーティー・アンド・ティー モビリティ)の2社のみです。他の会社ではSIMロック解除を行ってもSIMカードを装着して利用することができないので気を付けましょう。

アメリカでも日本語のサービスを受けられる業者

アメリカの携帯会社で契約する場合、基本的には日本語でのサービスを受けることができません。しかし、以下に紹介する業者はアメリカ向けにサービスを展開している日本の業者なので日本語でのサービスを受けることも可能です。

・HanaCell(ハナセル)

・アメスマ

・H2OWireless

特にHanaCell(ハナセル)は2007年から事業を展開している実績ある業者なので信頼度も高いです。H2OWirelessは元々親会社がKDDIアメリカだったこともあり、こちらも信頼性が高いですね。

業者によってデザリングの利用可否やSIMカードのみの利用可否など条件が異なります。気になる方はそれぞれの業者でどのようなサービスを提供しているか確認するとよいでしょう。

まとめ

今回は留学という観点から携帯料金を安く抑えるコツについてご紹介しました。これらの知識はちょっとしたアメリカ旅行や出張などの際にも役に立ちます。1か月程度の渡航であれば、期間限定の格安SIMを利用することで滞在中の携帯料金を抑えるといったことも可能です。

たかが携帯と言っても積み重ねると料金が馬鹿になりません。お金が安くなるに越したことはないでしょう。とはいえ携帯料金を安く済ませるためには利便性を多少犠牲にする必要があります。費用と手間の兼ね合いで方針を検討するようにしましょう。

 

 

カテゴリー