サンフランシスコ旅行に必要な持ち物2022年版|サンフランシスコの持ち物

サンフランシスコ旅行の持ち物【必需品編】

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
パスポート
(5.0 / 5.0)
ビザ

(5.0 / 5.0)

*短期観光の場合はESTAが必要

クレジットカード
(5.0 / 5.0)
日本円
(5.0 / 5.0)
現地通貨
(5.0 / 5.0)
スマートフォン
(5.0 / 5.0)
ポケットWiFi
(5.0 / 5.0)
海外旅行保険
(5.0 / 5.0)
航空券
(5.0 / 5.0)
常備薬
(5.0 / 5.0)

サンフランシスコ旅行の持ち物【荷造り編】

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
スーツケース
(3.0 / 5.0)
ネームタグ
(2.0 / 5.0)
南京錠
(2.0 / 5.0)
トラベルポーチ
(2.0 / 5.0)
圧縮袋
(2.0 / 5.0)

サンフランシスコ旅行の持ち物【衣類編】

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
トップス
(5.0 / 5.0)
ボトムス
(5.0 / 5.0)
下着
(5.0 / 5.0)
靴下
(5.0 / 5.0)
パジャマ
(2.0 / 5.0)
タオル
(2.0 / 5.0)
帽子
(3.0 / 5.0)
雨具
(3.0 / 5.0)
水着
(3.0 / 5.0)
サンダル
(3.0 / 5.0)
サングラス
(2.0 / 5.0)

サンフランシスコ旅行の持ち物【生活用品編】

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
歯ブラシ
(3.0 / 5.0)
歯磨き粉
(3.0 / 5.0)
量による
シャンプー
(3.0 / 5.0)
量による
リンス
(3.0 / 5.0)
量による
ボディーソープ
(3.0 / 5.0)
量による
洗顔
(3.0 / 5.0)
量による
メイク落とし
(4.0 / 5.0)
量による
化粧水
(3.0 / 5.0)
量による
乳液
(3.0 / 5.0)
量による
コンタクトレンズ
(5.0 / 5.0)
洗浄液
(5.0 / 5.0)
量による
ひげそり
(3.0 / 5.0)
整髪料
(3.0 / 5.0)
量による
化粧品
(5.0 / 5.0)
生理用品
(3.0 / 5.0)
日焼け止め
(3.0 / 5.0)
量による
虫除け
(3.0 / 5.0)
ウエットティッシュ
(3.0 / 5.0)
洗濯用洗剤
(2.0 / 5.0)
量による
インスタント食品
(2.0 / 5.0)
ハンガー
(2.0 / 5.0)
オペラグラス
(2.0 / 5.0)
ガイドブック
(3.0 / 5.0)

サンフランシスコ旅行の持ち物【機内編】

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
首枕
(4.0 / 5.0)
アイマスク
(2.0 / 5.0)
耳栓
(3.0 / 5.0)
使い捨てスリッパ
(2.0 / 5.0)
筆記用具
(3.0 / 5.0)

サンフランシスコ旅行の持ち物【電子機器編】

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
カメラ
(4.0 / 5.0)
Gopro
(2.0 / 5.0)
SDカード
(3.0 / 5.0)
スマホ充電器
(5.0 / 5.0)
モバイルバッテリー
(4.0 / 5.0)
延長コード
(3.0 / 5.0)
ドライヤー
(3.0 / 5.0)
ヘアアイロン
(3.0 / 5.0)
変換プラグ

不要

変圧器

(3.0 / 5.0)

*110V

サンフランシスコ旅行の基本情報

サンフランシスコの観光

ケーブルカーに乗り、現地人の目線でサンフランシスコ市街観光をすることが観光客の間で人気を呼んでいます。
切符は乗車時に車掌から買うことができますが、4歳以下の子供は無料で乗車できます。
フィッシャーマンズワーフはかつて400艘余りの漁船の停泊所となっていました。
フィッシャーマンズワーフにあるビアー39はアメリカで3番目に人気のある観光スポットと言われています。
マリーナでアシカを見たり、ストリートパフォーマンスを見たり、桟橋からアルカトラズ島を見たり、海辺のリゾート感覚で楽しめる場所です。

サンフランシスコの物価

1USDアメリカドル = 109円で計算しています。
ペットボトルの水500ml 185円、ファーストフードセットミール 837円、カフェやレストランのランチセット1761円、パブで飲むビール500ml 739円、カフェで飲むカプチーノ一杯 490円、イタリアンレストランでワイン付きフルコースミール2人前 11458円、映画観賞券2枚 2921円、たばこひと箱 938円、ガソリン1リットル 87円、タクシーで8㎞走行 2034円~。
レストランでは一般的に消費額の10パーセントから25パーセントに値する額をチップとして渡すことが習慣です。
テークアウトの場合、チップは不要です。
タクシーの運転手や美容師には20パーセントが目安となります。

サンフランシスコの注意事項

サンフランシスコは一般的に安全と言われていますが、ダウンタウンのテンダーロイン近辺(特にエディ通りとエリス通り)にホームレス人口が多く、積極的にお金をせがんでくるホームレスの者も少なくありません。
日中は比較的安全ですが、夜間は治安が悪いためなるべくこのエリアを避けるようにして下さい。
ショッピングをする人でにぎわうユニオンスクエアでは貴重品を狙ったスリが多く発生しています。
夜間の一人歩き(特に女性)や公共交通機関の利用は安全ではありません。
自己防衛手段としてカバンにペッパースプレーを入れて持ち歩く女性も多いといわれています。
ケーブルカーを利用の際は、上り坂や下り坂、急ブレーキや急発進に備えて常時手すりにつかまってください。
夏のサンフランシスコの早朝と夕方には霧が多く発生します。
それに伴い気温が数度下がります。
また海辺では風が強く肌寒く感じることもあります。

気温の変化に備えてジャケットやセーターを持参してください。

カテゴリー