【2018年版】サムイ島の季節・シーン別服装|サムイ島の服装

●サムイ島旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●サムイ島旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

サムイ島の季節別服装

サムイ島の気候


ココナッツアイランドと呼ばれるサムイ島は、ビーチをはじめありのままの自然を楽しめることで、人気があります。

高級リゾートホテルからバンガロー、ゲストハウスに至るまで宿泊先のランクの幅も広いので、自身の予算に合わせて宿を選ぶことが出来るのもまたサムイ島の魅力です。


サムイ島の気候区分は、同じタイ南部のリゾートアイランドのプーケット島よりむしろバンコクに似ています。

観光のベストシーズンの12月~2月の乾季、最も熱い季節の暑季の3月~5月中旬、5月下旬~11月の雨季と言った3つの季節に分かれています。


サムイ島の面積は、日本で言えば鹿児島の徳之島や沖縄の石垣島より一回り大きい程度です。

とは言っても島をはじめて訪れた人には、その大きさにびっくりしますので、滞在中は乗り合いバスのテンソウやレンタサイクルなど自身に合った乗り物を利用しましょう。

サムイ島にはショッピングモールやスーパーもあるので、日用品や服が簡単にリーズナブルな価格で手に入るので、日本からの荷物も少なめにすることが出来ます。


サムイ島の乾季の服装(12月~2月)


サムイ島の観光は一年を通じて日本の夏の服のイメージが基本となりますが、乾季の朝晩は気温が下がるので軽く上に羽織るアウターなどを用意してください。


一年の中で最も快適な季節のサムイ島の乾季の時期は観光のベストシーズンですが、中でもサファリツアーが人気です。

ツアーのプログラムの中には、寺院へ行くこともあるのでタンクトップやショートパンツで参加される人は、襟付の半袖のシャツや巻きスカートがあると便利です。


ウオーターフォールへ行く場合は水着着用で、濡れてもいい服装が良いでしょう。


全体的にサファリツアーはサンダルより靴が適していますので、普段日本で履き慣れたものをご持参ください。

サムイ島の暑季の服装(3月~5月)


タイ旅行では一日中何もしないというのもありで、ゲストハウスに宿泊して日中読書をしながら目が疲れた時に、各国の旅行者と軽くお喋りをしてゆっくり時間を過ごす人もいます。


サムイ島の暑季の時期はほかのタイの主要都市や観光地と同じくとても熱いので、宿泊施設でまったりするのも悪くありません。


ちょっと動いてみたい時に外に出て、長時間ショッピングモールにいる場合だと、冷房の効きが良いので、上に羽織る軽めの服があるといいでしょう。

また、ショッピングモールに短い時間いるのであれば、むしろ暑さを凌ぐのに最適なので特にカーディガンも必要ないといえます。


シュノーケリングツアーでは防水用のバックに加え、日焼け止めグッズや船のエアコンが効き過ぎているので長袖のパーカーがあると助かります。


ツアーでシュノーケリング以外に観光を伴い少し歩くような場合はサンダルよりも靴がおすすめなので、参加される際には内容を確認してみてください。

サムイ島の雨季の服装(6月~11月)


その都市によって多少前後しますがおおよそバンコク界隈の雨季が開ける10月終わりぐらい~11月ぐらいまで、まとまった雨が降るのでこの時期の観光は避けた方が良いでしょう。

サムイ島への旅行で適しているのが、2月~10月半ば頃までと一般的に言われています。


雨季と言っても10月終わりぐらい~11月以外はスコールになり、長時間雨が降り続くわけではないので、観光ではそれほど困りません。

雨季はレインコートが便利で、雨が降っている時間帯は、のんびりコーヒータイムを取るのも悪くありません。


月別の最高平均気温が29℃~32℃、最低気温が24℃~26℃といった一年の気温の変化が少ないのもサムイ島の魅力で、準備する服装であまり悩むこともなさそうです。


サムイ島の冬の服装(12月,1月,2月)


雨と風が冷たく感じられるサムイ島の冬の服装は、日本の冬の服装をもとに用意してください。

重ね着をすること、カジュアルなスタイルをすることがサムイ島の観光の際のキーワードです。

長袖のブラウスやシャツ、ウールのセーターやフリース、ジーンズ、チノパンツ、ウールソックスなどを組み合わせて、重ね着をすることをお勧めします。

ウールやカシミアのコートも暖かくていいですが、雨がちらつき風も強いこの季節には野外スポーツ用のウオータープルーフ・ジャケットなどが適しています。

スカーフ、手袋や帽子はファッショナブルに見えるだけでなく防寒対策に一躍かってくれます。

さまざまなスタイルのブーツがこの季節に最も適しています。

履きなれたものをご用意ください。


雨に備えて傘などの雨具を携帯してください。



サムイ島で注意すべき服装

サムイ島の高級レストランの中にはドレスコードを見かけますが、Tシャツやショートパンツ、サンダルがNGと明確にしている場合があります。

また、正確に明示してない場合でも高そうなお店に行く場合は、スマートカジュアルを意識して襟付のシャツに長ズボンやスカートで出掛けましょう。


また、サムイ島のディスコではドレスコードと言う言葉を聞いたことがありませんが、不安な場合はフラットシューズなどサンダル以外の靴で行った方がいいかもしれません。


 


対岸には「良い住民の町」の意味を持つスラータニーの街がありますが、シーフードをはじめ幅広い料理の屋台が立ち並び毎日夜市が賑わいます。

サムイ島への観光の拠点と言っても街自体がツーリスト化していないので、物価が安く靴やサンダルに加えカーゴパンツなども安く購入できます。

フレンドリーな人も多く食事関連もタイ南部に位置していることで、マレーシアの華僑の味付けに似た料理も美味しいので、機会があればサムイ島の行きか帰りに立ち寄ってみましょう。



サムイ島の服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

サムイ島の季節に応じて服装を調節しましょう。

サムイ島で宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

サムイ島滞在日数分あることが望ましいです。
サムイ島に長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

サムイ島の場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

サムイ島でマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

サムイ島までの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



サムイ島に必要な持ち物

クレジットカード

サムイ島旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/