ペルーで旅行でこれだけは注意して。2018年版|ペルーの注意事項

ペルー旅行で現金の持ち歩きは危険?注意すべきお金のマナー

最近は、ペルー行きの航空券の格安化が進んでおり、気軽にペルーに行けるようになりました。

その際、注意すべきは、ペルー旅行時のお金のマナーについてです。

治安を日本と比較したとき、日本人の感覚ではありえないことも普通におきたります。

 

そのような状況で多額のお金を持ち歩いていると、トラブルに発展してしまう可能性が高いです。

 

ペルー海外旅行前に、こんな不安を感じていませんか?

・はじめての海外旅行。盗難に遭わないか不安・・・。

・ショッピングを楽しむため、現金の持ち歩きを検討しているが不安・・・。

・海外旅行時のお金の持ち歩き方について安全な方法があるなら知りたい・・・。

もし、上記のことをお考えであれば、ペルー旅行前に現金の持ち歩き方について最適な方法を知っておきましょう。

今回は、はじめての海外旅行者向けにお金の持ち歩き方をご紹介します。

 

ペルー旅行時は、犯罪に注意しよう!

海外は、決して治安の良い国ばかりではありません。

治安の悪い国は、日本よりも非常に多く警察組織が正しく機能していない国もたくさんあります。

 

たとえば、下記のような犯罪は、日本よりも頻繁に多発しています。

 

・盗難

・薬物

・殺人

・誘拐

・強姦

 

このような犯罪は、日本でも発生していますが、海外の発生率と比較すれば、比べものになりません。

特に、盗難の犯罪発生率は非常に高く、旅行者をターゲットとしたものが多いため注意が必要です。

盗難などの犯罪が発生しやすいことがわかっていれば、私たちはどんな点に注意すればよいのでしょうか。



ペルーで多額の現金は持ち歩かないよう注意する

そもそも、ペルー旅行中に日本人がターゲットになる原因は、現地人よりもショッピングを楽しむため、多額の現金を持ち歩いているからです。

犯罪者も現金を持っていない現地人よりも、現金をたくさん持ち歩く旅行者を狙った方が多額の現金を手にできると考えているので注意です。

人通りのない小さな路地裏で多額の現金を持ち歩いていれば、「盗んでください!」と言っているようなものです。

万が一、ペルーで盗難に遭遇した場合は、抵抗することなく手持ちの現金を渡しましょう。

なにもしないことが命を守ることにつながります。

 

ペルー旅行中に使用できるお金の種類と注意点

多額の現金を持ち歩くことが盗難などの被害につながるなら、その行為を海外旅行前に見直す必要があります。

ちなみに、ペルー旅行中に使用できるお金は、現金以外にもさまざまな種類があります。

たとえば、ショッピングの決済時に、現金以外にも、クレジットカードが使用できます。

現金とクレジットカードなら、どちらの方がおすすめなのでしょうか?



どっちがおすすめ!?現金とクレジットカードの比較と注意

ここでは、ペルー旅行で現金とクレジットカードの使いやすさや安全性を比較してみます。

どちらの方が、使いやすく安全なのか確認してみましょう。

 

現金の使いやすさや安全性・注意点

現金は、ペルー旅行中どんなときでも確実に使用できます。

そのため、クレジットカードの決済システムが壊れていても、問題なく決済できます。

ペルー旅行中チップを払いたければ、現金があれば簡単に支払えます。

しかしながら、ペルーで盗難の被害に遭遇した場合、取り戻す手段がありません。

現金は、盗難の被害に遭いやすく非常に危険な側面を持っているため注意が必要です。

 

クレジットカードの使いやすさや安全性・注意点

一方で、クレジットカードは、ペルーで使用できるものの、取り扱っていない店舗では使用できません。

しかし、盗難などの犯罪に遭遇してもペルーから電話1本でクレジットカードを停止できるため、犯罪の被害が拡大することがありません。

常に、現金を持ち歩く必要がないため、安全性が高く安心してペルーを楽しめます。

 

現金を持ち歩くよりもクレジットカードがおすすめ

クレジットカードがあれば、ペルー旅行中多額の現金を持ち歩く必要がなくなります。

また、ペルーで現金が必要なときはATMで簡単に引き出せるため、柔軟性にも優れており、非常におすすめです。

そのため、両替した手持ちのお金がなくなっても、クレジットカードがあれば、すぐに対応できます。

 

海外旅行中にトラブルに遭遇した場合は、電話でクレジットカードのデスクサポートに助けてもらえるため、非常に安心です。

海外旅行中に自分自身の不注意によって紛失してしまった場合でも、すぐにペルーから電話1本で利用停止にできるため、被害の拡大を未然に防げます。

 

ペルーに最も適したクレジットカード

 

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/

 

 

コラム:ペルーでのその他注意事項

クスコ市街やマチュピチュ、ナスカなどの世界遺産がとても魅力的な南米の国ペルー。

しかし日本と違い治安面などで注意しなければならないことがいくつかあるので、以下にお話しします。

まず治安については残念ながらあまり良いとは言えません。

リマ、クスコ、マチュピチュ、ナスカなどの主要な観光地では外国人旅行者を狙った強盗やスリ・ひったくり等の犯罪が多発しています。

カメラやスマートフォン、タブレット端末などの電子機器や現金等の貴重品の管理には注意が必要です。

また、リマ国際空港があるカヤオ憲法特別市とリマ市を結ぶ幹線道路では移動中の車のガラスを割って金品を強奪する事件も発生しているので明車中でも油断をしないようにして下さい。

国内の貧困問題により、政府関連施設周辺ではデモ・抗議行動・ストライキ等が頻繁に行われており,治安当局と衝突することもあるので、巻き込まれないように注意しましょう。

クスコやマチュピチュなどの観光地は高山に位置しているので、高山病になって、場合によっては重症化して死に至るケースもあります。

訪れる場合は健康に十分留意し、対策として酸素スプレー缶や医師と相談の上ダイアモックス(アセタゾラミド)を持参することをお勧めしますが、もしも気分が悪くなるなどの症状が現れた場合は無理をせずに観光をやめて医師の診断を速やかに受けることです。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/