【2018年版】マカオの季節・シーン別服装|マカオの服装

●マカオ旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●マカオ旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

マカオの季節別服装

マカオの気候


珠江(パールリバー)の河口の西側に位置し、中国本土と南シナ海に囲まれているマカオの気候は大陸気候と海洋気候の要素を兼ねた亜熱帯気候です。

一年の平均気温は22.3度で、一番気温が高くなるのが7月で平均気温が28.5度、そして一番寒くなるのが1月で平均気温は14.6度と記録されています。

年間の平均湿度は79%で、夏には90%まで上がります。

夏が特に長いマカオですが、四季があります。

春は3月と4月で、南東の風の影響で、暖かく湿度が高い日が続きます。

時折霧が発生したり雨が降ったりする以外は、穏やかでとても快適です。

夕方から気温が数度下がりますが、寒くなるというわけではなく、過ごしやすい気温です。

夏は5月から9月で、一年の四季のうち一番長い季節です。

マカオの夏のお天気は日本の7月と8月のお天気に似ています。

春より気温が上がり、それに比例するように湿度もさらに上がります。

この時期には雷雨を伴う激しい雨がよく降ります。

また嵐や台風が頻繁に発生する時期でもあります。

こう言った理由から、夏はマカオ観光には適さないオフシーズンとされています。

秋は10月から12月で、南東の風が中国大陸からの風に代わり、気温が下がり涼しい日々が続きます。

ですから秋がマカオ観光のベストシーズンだと言われます。

冬は1月と2月です。


シベリアからの冷気が流れ込み、一年を通して一番気温の低い季節です。

マカオの春の服装(3月,4月,5月)


急な雨に備えてウオータープルーフ・ジャケット、レインコート、傘などの雨具をご用意ください。

雨とともに気温が下がるので、薄手のセーターやトレーナーも役に立ちます。


マカオの夏の服装(6月,7月,8月)


日本の夏のように気温がぐっと上がり湿度も高くなるこの時期には、軽くて体に密着しないコットン、リネンやシルク素材の洋服が活躍してくれます。

日中の観光やショッピングはカジュアルなTシャツやショートパンツ、サマードレスなどのスタイルでお出かけください。

フットウエアは歩きやすさで選びましょう。

ホテルやレストラン内は寒いほど冷房が効いていることが多いので、お出かけ用のバックやバックパックに一枚軽くはおれるアイテムを入れておくと便利です。


ビーチやプールで着る水着、ビーチサンダルそして強い日差しから目を守るサングラスもご用意ください。

マカオの秋の服装(9月,10月,11月)


観光のベストシーズンと言われるこの時期の服装は、基本的にはマカオの夏の服装と同じで構いません。

ただし夕方から肌寒くなったりもするので、重ね着をキーワードにして、薄手のセーター、軽量のジャケット、トレーナーなど、脱いだり着たりが簡単な服が適しています。


夏には暑すぎるジーンズも、この時期には重宝します。

マカオの冬の服装(12月,1月,2月)


風が強く吹く日が多く、実際の気温より低く、寒く感じられる日が多くあります。


ダウンジャケットとまではいきませんが、ウールのセーターやコート、スカーフなどがあるとマカオの観光やショッピングが快適になります。



マカオで注意すべき服装

マカオでは香港からの最新のファショントレンドを取り入れたスタイリッシュな人々を多く見かけます。

街で日中ショッピングやランチを楽しむ人々はカジュアルなスタイルが多い中、夜のレストラン、クラブ、パーティーそしてカジノを利用する人々はカジュアル以上フォーマル以内の服装を選びます。

男性の場合ネクタイとスーツのようなドレスコードの指定がない場合は、襟の付いたシャツにダークカラーのスラックスやチノパンツが無難でしょう。

足元にはビジネスシューズ以外ではデッキシューズやスニーカーなどが適しています。

女性の場合はイブニングドレスのようなドレスコードの指定がない場合は、ワンピース、カットソー、ブラウスにスカートやパンツルックを合わせるのが無難でしょう。


足元にはヒールやウエッジ以外ではバレリーナシューズやスニーカーなどが適しています。



マカオの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

マカオの季節に応じて服装を調節しましょう。

マカオで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

マカオ滞在日数分あることが望ましいです。
マカオに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

マカオの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

マカオでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

マカオまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



マカオに必要な持ち物

クレジットカード

マカオ旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。