【2018年版】香港の季節・シーン別服装|香港の服装

●香港旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●香港旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

香港の季節別服装

香港の気候


香港は日本ほど明瞭ではないですが四季が存在し、亜熱帯性気候に属しています。

春から夏にかけて高温多湿の日が続き、真夏と呼ばれる季節は歩いているだけも汗が噴き出るような日があります。


世界有数の金融センターである活気のある香港は、そんな真夏でも人々は活力的に動き、間延びした語尾が会話の際には、声が大きくなる広東語にもパワーを感じます。

港から見えるニューヨークの摩天楼を彷彿させる超高層ビルが立ち並ぶ姿に圧倒され、夏の暑さも都会的でありワイルドに感じます。


秋から冬にかけては温暖で乾燥した気候となり、日を追う毎に涼しくなりますので、観光でのおすすめのシーズンと言えます。


香港の春の服装(3月,4月,5月)


香港の3月の日中は温暖で半袖のシャツでも問題ないほどですが、夜になると冷え込む日もあるので、トレーナーや長袖のシャツに加えジャケットかアウターがあると助かります。

4月になると高温高湿の香港の夏を思わせる日が多くなり、昼間は気温が25℃を超える日もあります。

気候が不安定な時期なので曇りの日や朝晩の冷え込みに備えて、上に羽織れる薄手のアウターを準備しておいてください。


霧が多く発生する時期でにわか雨の日もあるので、持ち運びしやすい傘などの雨具があると安心して観光ができます。


香港の夏の服装(6月,7月,8月)


5月から9月まで高温で蒸し暑い日が続く香港の夏はとても長いですが、現地の人はとてもパワフルです。

日本の夏も近年猛暑日が続きますが、香港はちょっと動いただけでも汗が出るほどです。

高級ホテルやレストランでは冷房の効きが良すぎるので、少しリッチなプランでのスケジュールでは、日中も薄手の上に羽織れるものを一枚準備しておくと良いでしょう。


7月頃まで雨が多く、湿度は日本より高く汗をかきやすい人はコットンのシャツといった通気のいい服を用意してみてください。

真夏に入ると湿度が少し収まりますが、それほど長くは続かないもののにわか雨が降りますので、雨具があるといいでしょう。


香港の秋の服装(9月,10月,11月)


観光のベストシーズンと言われる香港の秋は、とても過ごしやすい日が続き、百万ドルの夜景が美しい時期でもあります。

おすすめの夜景スポットとして、スカイバーが紹介されているサイトもあるので、旅行へ行く前にチェックも楽しみです。


湿度が下がり日中は快適に過ごせますが、朝晩は肌寒く感じる日もあるので、上に羽織るものを準備するなどほぼ日本の秋の服装のイメージと考えて良いでしょう。


香港の冬の服装(12月,1月,2月)


香港の冬は気温が10℃を下回る日がたまにはありますが、日本のような底冷えがするほど寒さの日や雪はほとんどありません。

ちなみに、日本の10月中旬~11月ぐらいが、香港の冬の気温になります。


ただ、日本と違ってビルでは暖房施設があまりないので、気温以上に体感的に寒く感じるので、薄手のハーフコートやセーターを準備しておいたほうが無難です。

寒さに対して平たく言えば香港や中国大陸の人たちは鈍感なので、不安な人は厚手のセーターや寝間着を持って行った方が良いかもしれません



香港で注意すべき服装

香港の高級レストランはドレスコードがそれほど厳しくなく、おおかた東南アジア諸国と同じ程度のセミフォーマルかスマートカジュアルを意識しましょう。

入店禁止になることは滅多にありませんが、清潔感のない配慮に欠けた服装に加えビーチサンダルにショートパンツでは、高級なお店やバーには入れないこともあります。


男性の場合は襟付のシャツに長ズボンと革靴が望ましく、女性はワンピースかサマージャケット、靴は荷物にならないフラットシューズがおすすめです。


ヨーロッパだけでなく、今ではお洒落なカジュアルとして確立しているユニクロと同じ位置づけのジョルダーノやバレーノといった香港独自のブランドがあります。

TPOに合わせて香港では服を揃える、現地調達と言うのも悪くありません。



香港の服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

香港の季節に応じて服装を調節しましょう。

香港で宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

香港滞在日数分あることが望ましいです。
香港に長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

香港の場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

香港でマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

香港までの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



香港に必要な持ち物

クレジットカード

香港旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。