海外旅行で損しない!お金の換金方法

海外旅行へ行くときは、準備の段階からワクワクすると思います。これを準備して、あれも持っていこう、あんな場所に行きたい、と想像するだけで早く行きたくなります。

その海外旅行で困ることの一つがお金を持っていく方法です。旅行はお金がないと楽しめないので、ある程度の現金は持っていく必要があります。お金は円で持っていくのか、現地通貨で持っていくのか、そもそもどれくらい持って行けばいいのか、本当に現金だけ持って行けばいいのか気になるところですよね。

そこで、今回は海外へのお金の持って行き方をまとめてみました!

ぜひ、参考にされてください。

現金のメリットとデメリット

まず、現金での現地通貨のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

・いつでもどこでもすぐに使うことができる。

・支払いがスムーズに済む。

・チップや交通費の支払いに便利。

デメリット

・盗まれた時や、無くした時には保険が効かず、そのほとんどの場合は戻ってこない。

・高額の買い物には向かない。

海外では、交通費が日本より安くその支払いも細かなものになるので、現金をもっているととても役に立ちます。

ただ、スリやひったくりに合うと戻ってこないことも多く、海外旅行保険も効果がありません。

自分の財産になる現金は、メリットとデメリットを理解したうえで持って行くと、心構えができます。



海外旅行で換金はいつするべき?持って行く現金の目安は?

海外旅行が初めての方にとって、お金をいくら持って行く方がいいのかわからない方も多いと思います。そこで、まずは換金のポイントや目安をご紹介します。

 

日本と海外、どっちで換金する方がお得なのか?

日本円から行く国の現地通貨を手に入れるためには、両替所で換金をしましょう。ただその換金のタイミングは、行く国によって違います。日本で換金するか、現地で換金するかによって手数料に差があります。手数料を少しでも浮かせてその分海外で使える費用にまわしたい!と誰もが考えることだと思います。実際どちらがよりお得なのでしょう?

アメリカドルとユーロは現地で換金すると、手数料が高いので日本で換金しておく方がお得です。逆に、それ以外の通貨は日本で換金すると手数料が高いので、現地で換金する方がお得です。ただ、レートは毎日変わっているので、最新の情報はネットや金融機関の窓口などで確認しましょう。あとカード会社によりますが、換金はせずに海外で使用できるキャッシュカードを利用して、ATMで引き出す方法が手数料がお得なときもあります。

現地だとどこで換金するのがいいのか?

現地で換金する方がお得な場合、どこで換金する方が一番お得なのでしょうか?

まず、海外で最初に行きつく場所が空港です。深夜に着いたときなどは、お腹もすいてきます。ただ、空港での換金は高いので初日に必要な分だけ換金しましょう。ですので、最初に換金するときは1万円単位ではなく、千円単位で換金したほうが余分に手数料がかかりません。

街中で一番安心なのが、銀行でレートもいいです。逆に泊まる場所であるホテルなどはレートが悪く、手数料もとられるので基本的に利用しないことがおすすめです。街を歩いているときも、両替所がありますがレートや手数料が様々なので自分の目で確かめましょう。計算ミスがないか店員さんの前で確認することが、ぼったくりにあっていないか確かめることができる方法です。レシートの保管も忘れずにしましょう。

現金はどれくらい持って行った方がいい?

日本円を現金で持って行くときに、どれくらい持って行くのかわからない方もいると思います。あまり多すぎても、持ち歩くことが不安になったりします。

私の場合だと、12日の韓国旅行の際は3万円ほど、10日間ほど滞在したタイとカンボジアでは6万円ほど使いました。(カンボジア滞在は34日ほどで、2万円使いました)

これは韓国や東南アジアは、日本より物価が安いのでこれくらいでしたが(カンボジアはアメリカドルなので、東南アジア諸国の中でも物価が高いです。)、ヨーロッパなどは物価が高いので、使う予定の金額より少し多めでもっていくことがおすすめです。



海外旅行で換金する以外の方法、一番安全なのはクレジットカード?

現金での換金をご紹介しましたが、すべて現金だけで海外旅行へ行くことはおすすめしません。さきほどメリット・デメリットでもお伝えしたように、持って行きすぎると不安なことと、盗まれると返ってこない可能性が高いことと、保険が効かないからです。せっかくの海外旅行、楽しい思い出を日本に持ち帰りたいところです。私はタイとカンボジアに行ったとき貯金を少し使って持って行きましたが、常に体から放さず持ち歩いていました。これは常に現金のことを気にしておかなければならなくて、少し負担になっていました。

その点、クレジットカードは万が一に盗まれたり、無くしてしまっても、カード会社に電話して利用を止めてもらえば、被害が出ません。

そして現金の場合だと、現地通貨にした後また日本円に換金すると二重に手数料がかかってしまいます。

クレジットカードのメリットとデメリット

クレジットカードのメリットは、

・身分証明書の代わりになるところ。

・盗まれたり、無くしてしまったときは再発行することができるところ。

であり、手元にきちんと戻ってくるところが安心できるところです。

そして、無料で海外旅行保険が付帯している所や、海外の現地でサポートデスクが付いているので、今では海外旅行の際の必需品になっています。

逆にデメリットは

・カードの加盟店ではないと使えないところ。

・使用限度額があるところ。

ですが、その場合は現金で支払えば済みますし、数種類のカードを持って行けば使うことができます。(ただ、支払いには注意してくださいね。)

万が一、日本に現金があるのに海外に持って行く金額が少なすぎてしまったという場合にも、キャッシングを使えば現地通貨を手に入れることもできます。

キャッシングすることに抵抗がある方もいらっしゃると思います。確かに返済することができないのに、借りすぎることはNGですが、必要な金額だけキャッシングして返済すれば問題はありません。

なお、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠は違うので、出国前に使っているクレジットカートがキャッシングできるカードか確認してから、持って行きましょう。私の友人は別の国に行くために、キャッシングするつもりでクレジットカードを持って行きましたが、使用することができず結果ずっとその国に滞在する結果となってしまいました。

キャッシングといえど、お金を借りるということに変わりはありません。必ず返済するけれども、抵抗があるという方には海外用プリペイドカードがおすすめです。

※海外用プリペイドカードは、チャージしておいたお金を海外のATMで引き出すカードです。海外のATMで使用できる上、クレジットカードと違いチャージした分しか使えないため、使いすぎることもなく安心して使えるカードです。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

クレジットカードの注意点

日本ではめったにありませんが、海外では十分に気を付けておいた方がいい注意点をご紹介します。

スキミング

スキミングとは、クレジットカードをカード所有者以外の人に情報を盗まれてしまい、不正に利用されてしまうことです。海外では、カードリーダー型の機械を使って、情報を盗まれることが多いです。お店のレジに隠してあったりする場合があり、手元が見えないので気づくことができません。地元の方も使われているスーパーでなら安心できるかもしれませんが、怪しいお店では注意しましょう。

ハッキング

ハッキングとは、インターネットを通して個人情報が他人に盗まれ、自分の情報が使われてしまうことです。例えば街中にあるフリーWifiなどは暗号化されてない(パスワード入力の必要がない)場合も多く、ハッキングの知識がある人なら簡単に情報を見られてしまう危険があります。フリーWifiを通して、クレジットカードの情報を入力した場合、簡単に抜き取られてしまう恐れがあります。海外旅行に行くにあたって、Wifiがないのは厳しいですがこのようなことがあるのも注意しましょう。



まとめ

今回は、海外旅行への現金の換金の方法や現金以外のお金の持って行き方をご紹介しました。

海外旅行は日本以外の場所で、自分ならではの思い出づくりができる場所です。そんな素敵な場所では、いい思い出を残したいですね。

海外旅行の思い出が素敵なものになるように、自分のお金は大切に保護しましょう。換金して現地通貨を手に取ると、いよいよその国に来ることができたと実感できます。できるだけ使い切りたいところですが、一番金額の低いお札を一枚残して記念にとっておくのも、自分へのお土産の一つになるかもしれません。