海外旅行にパスポートをコピーして持って行くべき4つの理由

「パスポートをコピーして持っていった方がいいのかな?」
「ガイドブックにパスポートのコピーを持っていた方が良いって書いてあるけど、なんでだろう?」
「パスポートだけ持っていけば、問題ないでしょ!」
と思っている方多いですよね。

私も初めて海外旅行に行く時には、「なんでパスポートのコピーを持って行くのだろう」
と思っていました。

しかし、海外によく行くようになって、海外旅行好きの知り合いが増えて、
パスポートをコピーして持って行く理由が、明確にわかりました。

そこで、今回は海外旅行に行く際にはパスポートをコピーして持って行くべき4つの理由
ご紹介します。

パスポートのコピーを持って行く理由は、「供えあって憂いなし」です!

1.パスポートのコピーで、無くした時の申請がスムーズになる

パスポートをコピーして持って行くべき一つ目の理由が、
海外でパスポートを無くした時の申請がスムーズになるということです。

海外旅行で一番遭う確率高い犯罪と言えば、スリ、置き引きです。
スリの目的の大半は、スマートフォン、財布、そしてパスポートです。

案外知られていないことですが、
日本のパスポートは海外では人気で、
高値で売買されています。
そのため、海外ではパスポートを盗まれるケースが多いのです。

そして、パスポートを盗まれた時には、
現地の大使館を訪れて、再発行しなければ、
日本に帰国できません。

再発行の申請の際に、パスポートをコピーしてないと、
自分のパスポート番号、有効期限など、
申請に必要な項目を書くのに、手間取ってしまいます。

また、ビザが必要な国では、
ビザを取得して、入国したのか疑われてしまいます。

そのような厄介な事には、なりたくありませんよね。
そのためにも、顔写真のページとビザのページをコピーしておくことをオススメします。

ちなみにパスポートの再発行には7日〜10日近くかかってしまいます。
もしもの時に備えて、パスポートのコピーだけではなく、
ホテルの宿泊代、航空券代を払えるようにクレジットカードを持って行くこともオススメします。



2.パスポートのコピーで、ホテルに宿泊できる

パスポートをコピーして持って行くべき二つ目の理由が、
パスポートのコピーで、ホテルに宿泊できるということです。

一つ目の理由の続きになってしまいますが、
パスポートを盗まれ、さらにパスポートのコピーがないと、
身分を証明するものがなくなり、
ホテルに宿泊することができません。

実際、筆者の友人も海外でパスポートをなくし、
最悪な事にパスポートのコピーもなかったため、
パスポートが再発行されるまで、公園で寝泊まりしたり、友達の家に住み込むハメになってしまいました。

海外でホームレスになりたくないですよね。
そのためにも、パスポートは絶対コピーしておきましょう。



3.パスポートのコピーで、パスポートを持ち歩く必要がなくなる

パスポートをコピーして持って行くべき三つ目の理由が、
パスポートを持ち歩く必要がなくなるということです。

「どうしてパスポートを持ち歩く必要があるの?」
と思われている方もいらっしゃると思いますが、
海外では時々警察からパスポートの確認を求められることがあります。
また、お酒を購入する際や世界遺産に入る際にパスポートの提出を求められることもあります。

実際に、筆者もインドに行った際に、デパートの入り口でパスポートの提出を求められた経験があります。

ただ、先ほどお伝えしたように、海外ではパスポートを盗まれるリスクが高いので、
持ち歩くのはなるべく控えた方が良いです。
さらに、パスポートの提出を求めてくる警察の中には、パスポートを盗もうとしている偽警察もいます。

筆者の旅先で知り合った人も、観光地で警察にパスポートの提出を求めらて、提出したところ、一瞬目を離した瞬間にパスポートを持って逃げられたことがありました。

そのために、パスポートの提出を求められた際、さらに盗難のリスクに備えて、
パスポートのコピーを持ち歩くようにしましょう。

厳しすぎる警察官や店員さん以外は、パスポートのコピーでOKしてくれますよ!



4.パスポートのコピーで免税品を購入することができる

パスポートをコピーして持って行くべき四つ目の理由が、パスポートのコピーで免税品を購入することができると点です。

海外旅行の楽しみと言えば、買い物ですよね。
海外の有名ブランドのバックを買いたい!海外の人気のコスメを買いたい!
と考えている人も海外旅行に行く人の中には多くいると思います。

免税店なら、そのような日本で高いブランド品も安く購入できますよ。
そして、免税店で商品を購入する際にはパスポートの提出を求められます。
もし、パスポートを提出しないと、免税されていない料金で商品を購入しなければならなくなります。

つまり、免税店に行く際にはパスポートを持っていくのが必須なのです。
しかし、先ほどお伝えした通り、パスポートを持ち歩くのには盗難のリスクを伴います。
そのような時は、パスポートのコピーで代用できます。

ここで、注意しないといけなければいけないことがあります。
それは、パスポートのコピーでは、免税品の購入を許可してくれない免税店もあるということです。
これは本当にケースバイケースです。
筆者が行ったことある免税店でもパスポートのコピーでOKしてくれお店もあれば、
OKしてくれないお店もありました。

東南アジアは比較的パスポートのコピーでOKしてくれますが、ヨーロッパではダメなケースが多い傾向です。

ですので、免税店に行く際には、事前にパスポートのコピーで大丈夫なのか確認しておきましょう。



パスポートの保管場所について

パスポートのコピーの重要性をお伝えしてきましたが、
ここで、パスポートの保管場所をお伝えします。

中級クラス以上のホテルでは、ホテルの金庫の保管したり、
ホテルのレセプションにパスポートを預けても問題ありません。

しかし、中級以下のホテルになると、セキュリティが緩く、
金庫に入れていても、レセプションに預けていても盗まれるリスクがあります。

中級クラス以下のホテルに宿泊する場合は、セキュリティポーチに入れ持ち歩きましょう。
ただ、持ち歩くとしても、外では肌身離さず持ち歩き、外でポーチを開けたりしないようにしましょう。



まとめ

海外旅行に行く際にはパスポートをコピーして持って行くべき4つのワケをまとめると、

1.パスポートのコピーで、無くした時の申請がスムーズになる
2.パスポートのコピーで、ホテルに宿泊できる
3.パスポートのコピーで、パスポートを持ち歩く必要がなくなる
4.パスポートのコピーで免税品を購入することができる

になります。

パスポートのコピーを持って行く1番の理由は、
パスポートを盗まれるリスクを軽減する、パスポートを盗まれたあとのリスクを軽減するということです。

自分はパスポートを盗まれることは大丈夫!と思っている人ほど、
盗まれる可能性が高いです。

筆者のパスポートを無くした人たちもみんなそうでした。
そういう人ほどパスポートのコピーを持っていなくて、
大変なことになってしまっています。

何もなく無事に海外旅行を終えることが理想ですが、
パスポートを盗まれる、なくす可能性を考えて、パスポートのコピーを事前に準備してから行きましょう!

パスポートのコピーがあるだけで、安心感も全然変わってきますよ!