海外旅行にシャンプーを持って行かなくても大丈夫?

「海外旅行に行く時ってシャンプー持って行ったほうがいいのかな?」
「飛行機にシャンプー持ち込みできるのかな?」
「現地のホテルにシャンプー付いているのかな?」
「現地でシャンプー買えるのかな?」
と海外旅行に行ったことない人は思われていると思います。

確かに、もしシャンプーを持っていかなくて、さらにホテルにシャンプーがついてなかったら、最悪ですよね。

しかし、ご安心ください。
海外旅行にシャンプーを持って行かなくても、全然問題ありません。
筆者も海外旅行初心者の時には、シャンプーを持って行きましたが、
最近は持って行きません。

というのも、海外旅行にシャンプーを持って行かなくて、不便だとか、大変だったという経験が全くないからです。

そこで、今回は海外旅行にシャンプーを持って行かないほうが良い3つ理由をご紹介します。海外旅行にシャンプーを持って行かない理由はシャンプーは万国共通の生活必需品ということです。

この記事を読めば、海外旅行にシャンプーを持って行かなくても大丈夫と思えるようになりますよ。

1.海外旅行にシャンプーを持って行かないと、荷物が軽くなる

海外旅行にシャンプーを持って行かないほうが良い一つ目の理由が、
シャンプーを持って行かないだけで荷物が軽くなるからです。

海外旅行を安く行こうと考えている人の中には、LCCを使おうとしている人も多いですよね。
そのLCCを使う際にネックとなってくるのは、荷物の重さです。

フラッグキャリアと言われるJALや全日空などの大手航空会社に比べて、LCCは荷物の重さ、手荷物の数など制約が厳しいです

特にLCCで手荷物を預けようとすると追加料金が発生してきます。
さらに重量オーバーとなるとさらに追加料金が発生します。

たとえば、500mlのシャンプーを持っていけば、それだけで、500g以上も手荷物が重くなります。
また、手荷物を預けない場合だと、1つの液体物を100ml以下に抑えなけばなりません。

シャンプーを持っていけば、荷物は重くなるし、手荷物で持っていけるのは100mlまでしか持っていけないと考えると、海外旅行にシャンプーを持って行かなくても良いと思ってきますよね!
ましてや、お土産を購入するとなると、シャンプーに余計なスペース、重さを取られたくないですよね。



2.宿泊するホテルにはシャンプーがついている

荷物を軽くするためにシャンプーを持って行かないことにしたけど、
ホテルにシャンプーついているのかなっと思っていませんか。

安心してください。
海外旅行で宿泊するホテルにはシャンプーがついています。

安いゲストハウスに宿泊しない限り、どこのホテルにもシャンプーがついています。
シャンプーのないホテルを探す方のが難しいぐらいです。

ましてや、ツアーで宿泊するホテルでは100%シャンプーがついています。
筆者は以前に旅行会社に勤めていましたが、シャンプーがついてないホテルを
販売したことがありません。
というのも、日本人はホテルにシャンプー、ボディーソープは必ずついているという固定概念があるからです。
そうですよね。日本のビジネスホテルや旅館には必ずシャンプー、ボディーソープがありますもんね。
ですので、どこの旅行会社のツアーを申し込んでも、シャンプーは付いています。
もしシャンプーがないホテルを売る場合だったら、注意事項に必ずシャンプーがないことを記載します。
シャンプーがなかったらクレームになって大変なことになるので。

高級ホテルに泊まったら、高級ブランドのシャンプーが付いている場合もありますよ。

自分でホテルを予約する際にも、ホームページには必ずシャンプーがあるかないか記載されています。その情報を参考にしてホテル選びすれば、シャンプーを持って行く必要が無くなります。



3.海外旅行の楽しみに、現地のシャンプーに挑戦

海外旅行でシャンプーを持って行かないほうが良い三つ目の理由は、現地のシャンプーに挑戦ができるからです。

筆者はバックパッカーですので、シャンプーがない安いゲストハウスに宿泊します。
その際に楽しみにしているのは、現地でシャンプーを購入して、挑戦してみることです。

例えば、コスメ大国韓国に旅行する際には、韓国の人気コスメブランドのシャンプーに挑戦できます。
オーガニック文化が進んでいるヨーロッパやアメリカでは、オーガニック系のシャンプーに挑戦できます。
インドでは、アーユルヴェーダ系のシャンプーに挑戦できます。
ハワイだと、ココナッツ系のいかにも南国っぽい匂いのシャンプーもあります。
ーロッパだともともと毎日髪の毛を洗う文化がないので、
ドライシャンプーという、髪の毛を濡らさなくても良いシャンプーもあります。

などなど、国ごとに特徴のあるシャンプーに挑戦できるのも、とても魅力的です。

日本にいると、いつも同じシャンプーを使いがちになりますよね。
海外旅行の際には色々なシャンプーに挑戦してみて、自分の髪にあったシャンプーを探してみるのも面白いですよ。

筆者はインドのアーユルヴェーダ系のシャンプーがお気に入りでした。

また、自分で使ってみて、このシャンプー良いなと思ったら、自分へのお土産として購入するのもありですし、たくさんの人に配ることができる小さいサイズのシャンプーもあるので、バラマキのお土産にもオススメですよ。

ちなみに、シャンプーはドラッグストアやコンビニで買うことができます。
ホテルのシャンプーがどうしても、自分の髪に合わないと思っている人も、
現地でシャンプーを購入して試してみてはいかがですか。



どうしても海外旅行先で、日本のシャンプーを使いたくなったら

海外旅行先でも、日本のシャンプーを使いたい、現地のシャンプーより日本のシャンプーを使いたいと思ってしまう人もいるでしょう。

実は、海外でも日本のシャンプーを購入することができるのです。
韓国、台湾、香港、中国はもちろんハワイや東南アジアでも日本のシャンプーを購入できます。ドラッグストアやコンビニで普通に売ってます。
それも日本と同じぐらいの値段で売っています。
ヨーロッパやアメリカだと、日系のお店でしか置いていませんが、売っています。
ただ、ヨーロッパやアメリカの場合は若干値段が上がってしまいます。

ですので、海外旅行にシャンプーを持って行きたくないけど、日本のシャンプーを使いたいい人は現地で調達する方法もあることを覚えておいてください。



まとめ

海外旅行にシャンプーを持って行かないほうが良い3つ理由をまとめると、

  1. 海外旅行にシャンプーを持って行かないと、荷物が軽くなる
  2. 宿泊するホテルにはシャンプーがついている
  3. 海外旅行の楽しみに、現地のシャンプーに挑戦

になります。

そもそも、シャンプーを使わない国なんて、ほとんどありません。
シャワーのない砂漠や草原などに行く場合は別ですが。
ですので、シャンプーを持って行かなかった、ホテルにシャンプーがない場合でも、
ドラックストアやコンビニに行けば、絶対に購入できるのです。
「シャンプーを忘れた!どうしよう!」と思っても安心して、海外旅行に行ってください。

ホテルにシャンプーは必ずついているし、現地でもシャンプーを購入できる、それならば、シャンプーを持って行かなくても良いという考えになれば、荷物も減って、お土産を入れるスペースも出来るので一石二鳥ですよ。

海外旅行用最強クレジットカード

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。