海外旅行には、クレカのキャッシングがオススメ

世界はキャッシュレス化が進んでいます。大量の現金を持ち歩くことは、日本国内であっても不安な気持ちになります。海外旅行なら尚更、現金を持ち歩くと不安になります。

実際、日本人は、観光者を狙ったスリや置き引きなどのカモにされています。でもそれは、仕方がありません。犯罪の少ない日本では、警戒心が低くなります。

海外でもし現金が盗まれたり、何かしらのトラブルで紛失した場合は、手元に返ってくる可能性は低いです。

ただ、クレジットカードの場合は、もしカードを紛失してもカードを停止できます。万が一に使用された場合でも、しっかりと対処すれば全額返金されます。

この記事では、海外旅行でのクレジットカードのメリット、キャッシングの方法などについてお伝えします。

海外旅行には現金?キャッシュカード?クレジットカード?

海外旅行には、クレジットカードは必需品として、多くの外国のガイドブックにも記載されています。キャッシング機能を備えている為、海外旅行のときは、一応クレジットカードを持っていくという人も多いです。

でもその多くの人は、クレジットカードのサービスをはっきりと理解していません。

まずは、海外旅行でクレジットカードを持っていくメリットは、なんでしょうか?

  • 安全性がある(紛失・悪用使用されても保証がある)
  • 手数料が安い(現金を両替するより手数料がいい)
  • 海外旅行保険が(自動)付帯されている

安全性がある

現金を持ち歩くことは、いつも紛失や盗難などのリスクがあります。海外旅行となると、ショッピングする機会も増えるので、多額の現金を持ち歩く人はまだいます。

ただ、万が一スリなどに財布を盗まれたら、返ってくる可能性は低いです。ですがクレジットカードの場合は、カード会社に紛失を伝えることで、未然にクレジットカードの使用を防ぐことができます。もし使用されても、しっかりと手続きを行えば、全額保証されます。

また、海外での現金の両替は、スリ抜き(両替した金額から抜く)の可能性があったり、ショッピングの際に、偽札をつかまされる危険もあります。

その点、クレジットカードは、現金より安全性があります。

手数料が安い

海外旅行をするとなると、旅行先の通貨に、日本円を両替しないといけません。日本円を両替するときんは、2つのポイントの確認が必要です。

  • 為替レート
  • 手数料

一般的に為替レートは、クレジットカードと銀行は同じぐらいになります。その為、手数料の違いが、現金とクレジットカードのどちらを使えば、安いかを決める基準になります。

(街の両替所は、銀行よりも良いレートで現金を両替してくれる所もありますが、ここでは割愛します。)

10,000円をアメリカドルに両替したときの為替手数料

  • 為替手数料3%:約300円

10,000円をショッピングで一回払いしたときの為替手数料

  • 為替手数料1.63%:163円

為替手数料だけでみると、ショッピングにクレジットカードを使ったほうが、手数料が安くなります。

注意:リボ払い、分割払いに、設定していると金利がつくので気をつけましょう。
クレジットカードは初期設定では、海外でのショッピングがリボ払いに設定されている場合があります。

海外旅行保険

クレジットカードに付帯されているサービスで、海外旅行保険があります。これは、クレジットカード会社によってサービスや保証期間も60日、90日と分かれています。

  • 保証期間は60日間又は90日間

これぐらいの期間があれば、一般的な旅行には十分です。保証期間を超えて滞在する場合は、保険会社に相談してみるのがいいでしょう。

なれない海外での食事で体調不良や、アクティブの際に怪我をして、現地の病院で治療を受けなければいけない状況になるかもしれません。

例えば、アメリカなどは、病院の治療費が高いことはよくニュースで耳にします。一晩の入院でも多額の治療費がかかります。

例えば、エポスカードの場合は、治療をうけた際の出費した金額(治療費・入院費など)に対して保険が支払われます。

  • 疾病治療費用:最大270万円 (エポスカード)

これほど手厚く保証期間と補償金額があれば、安心して海外旅行が楽しめます。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

 

海外旅行の強い味方!キャッシュカード機能

海外旅行では、現金が必要なケースもよくあります。レストランやショッピングの支払い基本的にクレジットだけで可能ですが、小さい商店、屋台、チップなどを支払う場合には、現金が必要になります。

そんなときに役立つのが、クレジットカードのキャッシング機能です。

  • visaカード:PULSマークあるATM
  • Masterカード:CirrusマークのあるATM
  • Jcbカード:CirrusのあるATM

海外のATMでは、このPlusまたはCirrusのマークがあるATMは、比較的簡単に見つけることができます。

現地の銀行のATMで、キャッシングが使えますが、気をつけるポイントがあります。

  • 引き出しには、手数料がかかる(約300円)
  • クレジットカードの限度額の他に、ATMの引き出し限度額もある

引き出しには、手数料がかかる

海外のATMで引き出す場合は、手数料が1回約300円かかります。その他に、キャッシングには年率18%の金利も必要になります。

  • 実施年率18%:半月で739円、一ヶ月で1,800円 (10万円キャッシングした場合)

キャッシング機能を使うことで、両替の手数料を現金より安くすることができます。

クレジットカードの限度額の他に、ATMの引き出し限度額もある

1回のクレジットのキャッシングで引き出せる最高額は、使用するATMの限度額以上は、引き出せません。

これはどういう意味かというと、発展途上国のATMは、1回の引き出し限度額が小額になります。

例えば、観光地で有名なバリ島があるインドネシアの場合、Plusマークがある現地のATMで引き出せる1回の限度額が、日本円で約20,000円になります。

ただ、これは1回での限度額になりますので、同日に複数回引き出すことは可能です。

海外のATMでキャッシングする場合は、使用する現地のATMの限度額にも注意が必要



海外旅行で便利なキャッシュカード

最近、海外旅行でよく見かけるのが、電子マネーでの支払い方法です。日本でも一般的になりつつありますが、電子マネーによる支払いによるキャッシュレスは、今はもう当たり前になっています。

例えば、「Visa payWave」は、海外でも使える電子マネーとして有名です。クレジットカード、専用アプリなどからでも、スマホで簡単決済ができます。

海外旅行では、現金が必要な分だけ、キャッシングして財布には、たくさんの現金を入れないようにしましょう。

いつでもインターネット接続

海外でも電子マネーアプリ、SNSを使うなら、インターネット接続が必要になります。

公共の交通機関で電子マネーで気軽にお支払い、インスタ映えする独創的な画風をバックにパシャリ。すぐにでもSNSにアップしたくなります。そんなときに便利なのがポケットWi-Fi。

携帯電話の国際ローミングサービスは、割高な上設定が複雑。できれば、価格が明瞭なポケットWi-Fiを一台用意して置くと、家族、友人とシェアできます。



まとめ

世界のキャッシュレス化は、ますます加速しています。現金を持ち歩かなくても、困らない時代に、クレジットカードは、大きな役目をすることになります。

クレジットカードには、空港ラウンジサービスや、海外旅行に役立つレストランなどの割引サービスなどもあります。
しっかりと使い方を理解すると、とっても便利です。クレジットカード会社によってもサービスが異なるので、いろいろ見比べてみるのも楽しいですよ。