海外旅行にオススメ!~安全なボディバッグを使おう!~

海外旅行に行く際に、どんなカバンを持って行くのがよいのか、悩まれる方は多いと思います。調べてみてもあれこれ情報がありすぎて、何がよいのかわからなくなっていませんか?
こちらでは、そんな方のために、海外旅行に持って行くために選ぶべきバッグとその理由について、わかりやすくご紹介します。

海外旅行は危険がいっぱい!~ボディバッグで貴重品は肌身離さず!~

海外旅行に行っていつも感じることは、日本ほど安全な国はないということです。そのため、日本にいる感覚で海外旅行に出かけることは大変危険なことだと言えます。貴重品はボディバッグのように身につけることのできるバッグを選ぶなど、自分の身を守る必要があります。
一体どんなことに気をつけたらいいのかわからない!という方のために、海外で日本人が遭いやすい被害についてご紹介します。

日本人は狙われる!?

スリ、ひったくり、置き引きなどは、残念ながら、日本人旅行者が遭う確率は非常に高いのです。私の周りでも、スリやひったくり、置き引きの被害に遭った人は何人もいます。また、中にはいきなり頭を殴られて気絶している間に身ぐるみはがされたり、バイクを使ったひったくりに遭い大けがをしたりした人もいます。
もちろん、見た目だけで狙われるケースもありますが、高級な持ち物を狙う犯行が多いことも事実です。
高級ブランドバッグなど、人目を引きやすいものを持って歩くことを避ければ、それだけ狙われる確率も下がると覚えておきましょう。

日本人はイイものを持っている?

日本では当たり前の高級ブランドの財布やバッグは、海外ではセレブや上流階級の人のみが身につけるものとされています。日本のように誰もが持っているわけではありません。それを知らずに、いつも使っているから、と海外旅行に持って行くと狙われてしまうのは当然です。海外旅行に持って行くものは、できればブランドがわかりにくいものか、ノーブランドのものにしたほうが安心です。

日本人が狙われる理由がわかれば、どんなことに気をつければよいのかも自然とわかります。ポイントを絞り、ご自身ができる範囲で自分の身が守れるように気をつけましょう。



海外旅行にオススメ!ボディバッグ

みなさんが海外旅行中にカバンに入れたいものというとどんなものがあるでしょう?最低限の物だけだとしても、パスポートや財布、携帯電話、ハンカチとティッシュ、ガイドブック、ひょっとするとカメラやビデオも持って行く必要があるかもしれません。女性ならメイク道具も入れたいですよね。時には飲み物や食べ物も必要です。そうなると、小さなカバンではとても入りきりません。
デイパックやリュックは、容量に関して言えば、大きくて便利なのですが、背中に背負うことが手間になったり、荷物を出すときにいちいち下ろさないといけなかったりすることがネックです。また、背中に背負うため、貴重品は入れるわけにはいかず、結局もうひとつ別のバッグが必要になってきます。
そんな時におすすめしたいのが、ボディバッグです。
ボディバッグは中に入れるものや行く場所によって、持ち方を変えることができ、大きさに関してもそれなりの容量があります。また、ハンドバッグとちがい、両手が空くので、写真を撮ったり、ガイドブックを見たりすることの多い観光旅行では、非常に便利なアイテムです。



いざ海外旅行へ!ボディバッグとウエストポーチどう違う?

ボディバッグとウエストポーチ、一見すると同じに思えるかもしれませんが、実は色々と相違点があるのです。こちらでは、ウエストポーチとボディバッグを比較しながら、それぞれの特徴について解説します。

ウエストポーチとは?

ウエストバッグとも呼ばれるウエストポーチは、その名の通りウエストまわりにベルトを巻き付け止めるタイプのカバンです。両手が空くため、とても便利で、以前は推奨されていた。しかし、いかにも「私は海外旅行者です!」とアピールするこのバッグは、実はスリに狙われやすいのです。
また、腰の位置にあるバックルは後ろから外されやすく、中身だけなく、ポーチごと持って行かれてしまう可能性もあります。もしも貴重品全てを盗まれたら被害は甚大です。そのため、海外旅行の際にウエストポーチを使うことはあまりおすすめできません。使われる際は、貴重品は中に入れないようにしたほうが安心です。

ボディバッグとは?

形状的にはあまりウエストポーチと変わりませんが、大概サイズは大きくなっています。また、ベルト部分もより太くなっていて身体に馴染むカットで、フィット感があり、背中にあたる部分はクッションが着いているメッシュなことが一般的なため、観光などで一日身に着けていても疲れにくい作りになっています。
また、中に複数のポケットがついているなど、機能面でも優れています。ミネラルウォーターのボトルを入れるのに便利な外ポケットなどがついていることもあります。

ボディバッグとは、デイパックの機能を持っていて貴重品も入れられるという、いいとこ取りのバッグなのです。



ボディバッグの持ち方いろいろ

ボディバッグのいいところは、色々な持ち方ができることです。他のカバンだとこうはいきません。それではこちらでは、ボディバッグの色々な持ち方についてご紹介します。

背中に背負う

リュックやデイパックのように背中に背負うスタイルが、いちばんラクな持ち方です。ただ、他にもうひとつリュックなどを背負う場合は、上に重ねて背負うより、前と後ろに振り分けたほうがいいですね。

肩にかける

ショルダーバッグのように肩にかけて使うこともできます。
女性がこのように持ち方をしているのを見かけることがありますが、海外旅行では前述した通り、ひったくりの被害を避けるために、肩にかけることは避けたほうが安全です。

前にかける

バッグの中身を出し入れする機会が多い時は、前がけにすると便利です。
前がけにする際は、3点式のバックルがあると安心です。後ろからバックルを外されてボディバッグごと持ち去られることを避けられます。

時と場合によって自分に一番合った持ち方を選び、安全に旅をしましょう。



ボディバッグで海外旅行に行く際貴重品はどうする?

海外旅行に出かける際は、安全に持ち運べるカバンを選ぶことは大切です。だからと言って、100パーセント安全という保障はありません。とはいえ、工夫次第でたとえ盗難の被害に遭ったとしても、被害を最小限にとどめることは可能です。

財布に全て入れない

日本では長財布を持っている方も多いですが、海外ではなるべく避けたほうが安心です。できれば、札入れ、小銭入れ、カード入れなどに分け、一つ取られてももう一つがある、というリスクの分散をしましょう。

現金はなるべく持ち歩かない

現金社会の日本では、数万円財布に入っていることは当たり前ですが、海外旅行中は避けましょう。海外ではレストランやデパートでなくとも、カードが使えます。電車の切符や美術館の入り口でもカードが使えたりするため、現金はちょっとした買い物の時やチップ以外は必要ないのです。スーパーや個人商店でもカードが使えるため、現地の人はあまり現金は使いません。
現金は最低限にとどめ、必要な際は、その都度ATMで引き出すようにしましょう。

高額紙幣は使わない

海外では、日本にないような高額紙幣が発行されていることもあります。しかし、実際には「お釣りがない」「偽札対策」などを理由に、お店側が受け取らないということもあります。また、高額紙幣を持ち歩くことは、安全面からもおすすめできません。
両替をする際は、1000円相当などの、なるべく小額紙幣に替えてもらえるよう頼んでみましょう。

ちょっとした工夫で、被害を軽減できるものです。日本と海外は違うと心得て、なるべくカードを使うようにするなど、現金を持ち歩くことを避け、貴重品はできるだけ分散するようにしましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。

 

まとめ

普段からボディバッグを使い慣れている方もいればそうでない方もいると思います。いずれにせよ、安全に気を付けて、ご自身が疲れにくく、使い方に合わせた持ち方をして、楽しい旅になるといいですね。