海外旅行で化粧水を持っていく際に気を付ける点は?大事なポイントも解説

海外旅行先でも、絶対に欠かせないスキンケア。慣れない地でのストレス・疲れなどがたまり肌が荒れてしまう可能性もあり、丁寧なケアはとても大切です。とはいうものの、海外旅行の荷物準備の際、化粧水などの液体物をどう持っていくか悩んでしまう方いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、海外旅行で化粧水を持っていく際に気を付けてほしい点を詳しくご紹介していきます。スキンケア用品を持っていく上での大切なポイントもご紹介していますので、ぜひ海外旅行の準備の参考にしてみて下さい。

 

海外旅行に化粧水などの液体物を持っていく際

液体物の機内持ち込みには、制限があります。

あらゆる液体物は、100ml(g)以下の容器に入れる必要があります。100mlを超える容器に、100ml以下の液体物が入っている場合でも不可ですので間違えないようにしましょう。

それらを、容量1リットル以下のジップロック状で再封できる透明なプラスティック袋に余裕を持って入れてください。袋は、縦横合計が40cm以内が目安で、1人あたりの袋の数は1つのみです。

対象になる液体物をはじめ、持ち込み制限については各航空会社のHPに更に詳しく記載されていますので渡航前に、再度確認をしてください。



海外旅行に化粧水を持参する際に気を付けるべき点

海外旅行に化粧水を持っていく上で、気を付けてほしい点についてご説明していきます。海外旅行となると、普段自分が使っている商品は中々見つけにくいもの。ルールを守って、確実に日本から持っていくことは大切です。

 

制限を必ずチェックしておく

荷物を準備する前に、液体持ち込みの制限・ルールを必ずチェックをしてください。制限・ルールが守られていない場合は、没収されてしまいます。また、直前にチェックをしてダメだった場合、バタバタしてしまって周りの方々に迷惑を掛けてしまう可能性が。そのようなことがないように、荷物の準備をする前には必ず制限の確認を行ってください。

 

漏れないようにしっかりフタをする

液体物が、スーツケースの中で漏れてしまい荷物が濡れてしまった経験のある方いらっしゃるのではないでしょうか。洋服やお土産など大切なものが濡れるのはショックが大きく、後処理も大変です。中身が漏れ出さないように、しっかりとフタをしてください。

フタと本体をマスキングテープで固定して、衝撃で開かないようにするのがおすすめ。万が一漏れても大丈夫なように、袋で二重に包んでおくのも良いでしょう。また、ポンプタイプなどの中身が出ないような固定がしづらい容器に関しては、中身を別のものに移し替えるという方法も。

 

入れ物を移し替えておく

普段から使っている化粧品の容器が大きいと、かさばって荷物が多くなったり必要以上の量を持っていったりしてしまいます。渡航先で必要な分だけを別の容器に移し替えて、持っていくのがベスト。その分、荷物・重量を減らすことができお土産を沢山買うこともできます。入れ物は、100円ショップなどでも購入可能です。

 

免税店

飛行機に乗る前に空港の免税店で、買い物を楽しむという方も多いのではないでしょうか。免税店で購入した液体物は、100mlを超えるものも機内への持ち込みが可能です。ただし、国や乗り継ぎのあるなしによっては、機内持ち込みの条件・ルールが変わる場合が十分考えられます。折角購入したのにも関わらず持ち帰れないという可能性もありますので、乗り継ぎがある場合や他国の免税店で買い物をする際はルールの確認は必須です。



海外旅行に化粧水を含むスキンケア用品を持っていく上での大切なポイント

ここからは化粧水を含むスキンケア用品を、海外旅行に持っていく上での大切なポイントについてご紹介していきます。1つ1つチェックしていきましょう。

 

日頃から使用しているものを持っていく

出来るだけ、スーツケースの中身は軽くしたいもの。ですが、荷物を軽くしたいからといって日頃使っているスキンケア用品の代わりに、色々な試供品を集めて持っていくのは避けましょう。慣れない環境でのストレスや疲れ、時期によっては乾燥・日焼けなど、肌は敏感になっているもの。そんな中、使い慣れていない化粧品を使用すると、ケアしているつもりが逆に肌トラブルの原因になる可能性が。

ホテルについているスキンケア用品を使うのも、あまりおすすめは出来ません。刺激が強かったり使い慣れていなかったりして、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。渡航先でも、普段から使っているものを使ってケアを行いましょう。

 

スペシャルケアも持参する

大切な日の前日には、スペシャルケアをするという女性もいらっしゃるのではないでしょうか。海外旅行先で化粧ノリが悪い、旅先だからこそゆっくりケアしたいという方にはスぺシャルケアをするのがおすすめです。薄く持ち運びがしやすいシートマスクは特に海外旅行におすすめで、普段使いできるものから高価なものまであり、その効果もさまざま。

沢山の種類がありますので、自分に合った使いやすいものを選んでください。

 

機内での使用なら試供品も良し

長時間フライトの場合、機内でスキンケアをすることがあります。その場合は、試供品を使ってささっと済ませるのが良いでしょう。メイクをしている場合、ずっとつけているのは肌に負担がかかりますので、落とすようにしてください。1回分が入っている試供品であれば、使い終わった後そのまま捨てることができ便利です。

試供品は持っていないけれど、ささっと済ませたいという方はオールインワンの商品やトラベルセットを事前に購入しておくのも良し。

機内でも普段のスキンケア用品を使いたいという方は、小さな容器に入れて持っていくのが良いでしょう。座席はスペースが限られていますし、かといってトイレを長時間使用するのは周りの方に迷惑が掛かってしまいますので、座席で簡単にできるような工夫をするのが良いでしょう。

使用するものをポーチに入れて1つにまとめておくことは、使いやすく管理もしやすいのでおすすめ。また、機内はとても乾燥しますので肌は勿論、唇の保湿もしっかり行ってください。

 

ボディケア用品も忘れずに

冒頭からお顔のケアに関してのことをお話させて頂きましたが、ボディケアもとても大切です。日焼けや乾燥によって、ダメージを受けている肌をしっかりケアしてあげましょう。特に、日焼けをした後の肌ケアは大切。日焼け直後の肌は、とにかくしっかり冷やす必要があります。鎮静効果や保湿効果があるアロエエキスの入ったジェルは、人気があっておすすめ冷蔵庫に入れて冷やしておくという方も、いらっしゃいます。



海外旅行に化粧水をしっかり持っていこう

いかがだったでしょうか。

化粧水は、お肌をケアする上でとても大切なもの。絶対に必要なものだからこそ、没収されるのは怖いです。渡航前の制限確認を忘れず行いましょう。

肌ケアをしっかり行いながら、楽しい海外旅行をお過ごしください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

海外旅行用最強クレジットカード

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。