台湾で楽しい一人旅を!おすすめの過ごし方とポイントを解説

日本から飛行機を使い約3-4時間でいくことができ、親日的な方が多い台湾。LCCがあり、気軽に行けるようにもなりました。おすすめの観光スポットが多くあり、ご飯もスイーツも美味しい台湾は一人旅にとってもおすすめの国です。

そこで今回は、台湾での一人旅におすすめしたい過ごし方と事前に押さえてほしいポイントについて詳しくご紹介していきます。どの地域も比較的治安がいい台湾は、一人旅に慣れていない方にもおすすめ。一人旅に慣れていない方も、何度も一人旅をしたことがある方もぜひ参考にしてみてください。



一人旅で行きたい台湾の基本情報

まずは、台湾の基本的な情報からみていきましょう。

正式名称

中華民国(台湾)

言語

中国語・台湾語・客家語など

宗教

仏教・道教・キリスト教など

通貨

ニュー台湾ドル(TWD)

距離

約3-4時間

時差

日本時間-1時間

交通機関は、バス・タクシー・鉄道・MRT(地下鉄)など様々な交通手段がありますが、台北市内であればMRT(地下鉄)を使うのがおすすめといえます。観光スポットなどに、スムーズに移動することが可能です。バスは、複雑なため慣れていないと迷ってしまう可能性も。タクシーを利用する場合は、ホテルの人に呼んでもらうのが良いでしょう。



台湾一人旅のおすすめの過ごし方

台湾一人旅で、ぜひおすすめしたい過ごし方についてご紹介していきます。旅の参考にして頂ければ、嬉しいです。

スイーツ巡り

台湾に行って、絶対に欠かせないのがスイーツ。日本にも多くのお店があり、とても人気があります。豆花やかき氷、パイナップルケーキやスムージーなどとにかく美味しいスイーツが沢山あって、迷ってしまうほど。果物も甘くて美味しいです。

現在日本で大人気のタピオカミルクティーも、まだ日本には店舗のないお店が沢山ありますのでぜひ味わってみてください。色々なお店をまわって、飲み比べをするのも良いでしょう。美味しいからといって食べ過ぎて、体調を崩さないように気を付けましょう。

マッサージで疲れをとる

台湾にきたら、必ずマッサージを受けるという方も多いのではないでしょうか。台湾には、多くのマッサージ屋さんが存在します。お店によって差はありますが指圧やオイルマッサージ、マッサージに関しても足の裏から全身と、幅広く選択することができます。

価格がお手頃なお店もあり、旅の疲れはもちろん日頃の疲れをたっぷり癒しましょう。お店が沢山あって選べないという方は、旅行雑誌やネットの口コミを参考にして選ぶも良し。

夜市で屋台・雰囲気を楽しむ

夜とは思えないほど多くの人でにぎわう夜市。屋台が沢山出ていて、多くの台湾グルメを楽しむことが出来ます。いろんな屋台をみて回りながら、食べ歩きをして昼間とはまた違った夜の台湾の雰囲気を味わってください。

人が多いと疲れてしまうから行くか迷うという方も、台湾で一番規模の大きい「士林夜市(しりんよいち)」をはじめ、多くの場所で夜市が開かれていてその規模もさまざま。夜市はとてもおすすめですので、泊まっているホテルからの近さや規模の大きさなど、自分が足を運びやすい・楽しみやすい夜市を選んでいってみてください。

九份(きゅうふん)

日本人をはじめ多くの外国人観光客が訪れる人気観光スポット。台北からは、鉄道とバスを使って、または高速バスを使って行くことが出来ます。とても人気の観光スポットなので、旅行雑誌などで九份の写真をみたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

幻想的で素敵な街並みは、暗くなると提灯がつき明るいときにみたのとはまた違った雰囲気を、味わうことが出来ます。カフェに入ってお茶を楽しみながら、風景をゆったり眺めるのも良い過ごし方。買い物も楽しめます。

台北101

高さ約509メートル、地上101階建て地下5階の台北101。年越しに打ち上げられる花火は、とても有名です。台北101では、ショッピングや展望台で台湾の景色を望むことが出来ます。エレベーターを使って地上1階から89階の展望台までにかかる時間が39秒というのにも、驚きです。

入場料がかかりますが、台北101からみる景色は本当に絶景。ぜひ天気の良い日に、行ってみて下さい。

台湾で一人旅をする上でのポイント

台湾に一人旅で訪れるうえで大切にしたいポイントをご紹介していきます。一人旅の場合、頼りになるのは自分のみ。周りに知っている方、相談できる方がいないからこそ渡航前の準備はしっかり行うことが大切です。安心して一人旅をするために、準備はしっかりしておきましょう。

ポケットwi-fiを借りる

地図やおすすめの観光スポット、電車の路線をさっと調べるのに携帯はとても便利です。言葉が通じずに困ってしまった場合でも、検索機能や専用のアプリを入れておけば役に立ちます。しかし、携帯をwi-fiが繋がっていない状態で使ってしまうと、大変なお金がかかってしまいます。

必ず渡航前にwi-fiを予約しておきましょう。いつでもどこでも携帯が繋がるのは、安心ですよね。受け取り場所の指定ができれば、空港で受け取ることができとても便利でおすすめ。ただし、当日受付が混雑している可能性がありますので、早めに受け取るようにしましょう。

海外旅行保険に加入する

旅行中の怪我や事故、スーツケースのトラブルが起きた際しっかり保証が受けられるように渡航前には必ず海外旅行保険に加入しておきましょう。トラブルが起きてから、対処するのでは遅く折角の一人旅が台無しになってしまいます。

台湾は治安が良いですが、事故や事件に絶対に巻き込まれないとはどこの国でもいえないもの。最後まで楽しく旅をするためにも、海外旅行保険への加入は忘れずに行ってください。

クレジットカードを忘れずに

沢山お金を持ち歩くのは危ないですし、かといっていくらお金が必要になるかは予想がしづらいです。多くの現金をずっと持ち歩くのは、なんだか落ち着かないもの。クレジットカードがあれば、そのような心配も少なくなりますので海外に行く際は必ずクレジットカードを、持っていきましょう。

また、種類によってはクレジットカードに海外旅行保険が付帯されているものもあります。自分の持っているクレジットカードには付帯されているかどうか、チェックをしましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

 

台湾一人旅はとてもおすすめ

いかがだったでしょうか。
治安が比較的良く、食事から観光、マッサージとさまざまな楽しみ方ができる台湾は一人旅にとてもおすすめです。記事に挙げられている以外にも様々な観光スポットがありますので、ぜひチェックしてみて下さい。

有名なご飯屋さんに行く際は混雑が予想されるので、予約できるお店であれば事前に予約をとっておくのが良いでしょう。時間を有効に使い、いろいろな場所に足を運ぶのも良いでしょう。

沢山の魅力が詰まった台湾で、楽しい一人旅を。台湾は一人旅に慣れていない方、これから挑戦するという方にもおすすめ。この記事を読んで、台湾に一人旅に行くよいきっかけとなれば嬉しいです。
最後までお読みいただきありがとうございました。