マレーシアにはどんな食べ物がある?人気のお料理を一挙大公開!

タイやシンガポール、インドネシアなどアジアの様々な国に囲まれているマレーシア、英国統治下であった歴史を持つ国で様々な文化が混ざり合うアジアの中の一つです。そんなマレーシアにはさなざまなグルメあります。周りにある様々な国の文化を感じられるグルメとなっていますので、マレーシアで人気の高いグルメをご紹介致しましょう!

マレーシアには日本人の口に会う食べ物がたくさんある!

instagram-image

sasa_taiwan0122

様々な文化の特徴を活かしたグルメがたくさんあるマレーシアのグルメは、日本人の口にもよく合うことでも知られています。最近では、マレーシアに旅行に行く方も増えていることから、日本国内でもマレーシア料理が頂けるお店が多くあります。

また、マレー系の民族以外にも中国系やインド系も多く住んでいることから、中華料理やインド料理をマレーシア風にアレンジした料理も多くあります。

マレーシアで日本人にも人気の食べ物1:ナシゴレン

マレーシアの有名な食べ物と言えば「ナシゴレン」という方も多いでしょう。このナシゴレンは、いわゆるマレーシア風チャーハンです。様々なスパイスを混ぜて作るナシゴレンは、辛味の強いものからお子様でも食べられるものまで様々あります。味わいも日本人の舌に合う食べやすいグルメとなっています。

マレーシアで日本人にも人気の食べ物2:サテ

instagram-image

oto_furukawa

マレーシアで有名な食べ物、続いては「サテ」という串焼きをご紹介致しましょう。甘辛いタレに漬け込んで焼くこのサテには、鶏肉や豚肉など様々なものがあり、お酒のお供にぴったりな味わいのグルメとしても人気です。お隣シンガポールやインドネシアなどでも食べられているグルメでもあります。

マレーシアで日本人にも人気の食べ物3:ラクサ

instagram-image

higuccini

マレーシアの麺料理の中で有名なのがこの「ラクサ」でしょう。ラクサは、マレーシアに住む中国系の民族が作った料理と言われております。香辛料とココナッツの風味のあるラクサは、一度食べるとやみつきになるグルメとして、女性を中心に人気を集めているマレーシアのグルメです。

マレーシアで日本人にも人気の食べ物4:バクテー

instagram-image

hana_foodtravelover

コトコトと煮込んだ肉料理「バクテー」もまた、忘れてはならないマレーシア料理の一つです。ほろほろと柔らかなお肉も漢方ベースの薬膳スープは、身体に優しいと評判のマレーシア料理となっています。

マレーシアで日本人にも人気の食べ物5:ナシレマ

instagram-image

tarotake2004

最後にご紹介する「ナシマレ」もまた、マレーシア料理で有名なグルメの一つです。ココナッツミルクで炊いたご飯とスパイシーなソースで味付けした具材を混ぜて頂くメニューで、とても辛味が強いですが後を引く旨味がたまらない一品です。

マレーシアの食べ物が食べられる東京のレストラン5

様々なマレーシア料理をご紹介して参りましたが、マレーシア料理を食べたくてもなかなかマレーシアまで行く時間がないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために日本国内でマレーシア料理を堪能できるスポットをご紹介致しましょう。東京にある5つのスポットをピックアップさせて頂きましたので、是非チェックしてみて下さい。

マレーカンポン

東京の中心からほど近いところにある八丁堀、この八丁堀駅から徒歩約徒歩4分ほどのところにある「マレーカンポン」は、マレーシアの定番グルメで知られるナシレマが美味しいと評判の高いマレーシア料理スポットです。

ランチタイムは、八丁堀近辺で働くOLでいっぱいになる人気店でビジネスエリアらしい1000円前後で頂けるランチメニューのご用意のあるお店です。予約も可能で、週末の夜などは予約をしておかないと入れないこともありますので予約をしてから伺うようにしましょう。

マレーアジアンクイジーン

instagram-image

kazoo_4mazaki

渋谷駅の東口から徒歩約7分のところにある「マレーアジアンクイジーン」は、本格派の味わいが楽しめると人気のスポットです。店内はモダンで大人の雰囲気があり、おしゃれにまとめられているので、女子ウケの良いレストランとなっております。サテやナシゴレンなどのマレーシアの定番グルメは、どれを食べても美味しいと評判でランチセットにはサラダやドリンクなどがおかわり自由となっているのでお得なランチが楽しめます。

また、メニューには定番メニューに加えて、魚のすり身にしたものをバナナの葉で包み蒸し焼きにする「オタオタ」などマレーシア料理でも日本ではあまり知られていない料理なども楽しむことができます。様々なマレーシア料理を楽しみたいと言う方におすすめしたいスポットです。

ちりばり

instagram-image

k.haseyan

五反田駅から徒歩約7分のところにある「ちりばり」もマレーシア料理が楽しめるスポットの一つです。こちらのちりばりは、現地マレーシアの屋台を思わせるメニューが揃っているスポットであり、仕事帰りに立ち寄りたくなるお店です。居酒屋のようなスポットではありますが、店内は清潔感があり、テーブル席に加えてカウンターのお席もありますので、おひとりでも立ち寄りやすいスポットとなっております。

また、このちりばりの人気のポイントは、ランチがとてもお安いことでも知られております。ランチのお値段は550円〜とワンコインとちょっとでランチを頂くことができます。グリーンカレーやちりばりで人気のマレーシア鶏飯など手軽に食べられるメニューがたくさん揃っておりますので、五反田エリアでパパッとランチを済ませたい時にもおすすめなランチスポットとなっています。

マレーチャン

instagram-image

officialmalaychan

池袋で人気のマレーシア料理店と言えばここ「マレーチャン」です。このマレーチャンは、池袋駅の西口から徒歩約5分のところにあり、アジアン料理を池袋で食べたいなら是非ここマレーチャンへ行ってみましょう。一品料理からご飯ものまでメニューの種類も豊富で、お酒にもよく合うメニューがたくさんありますので、アジアン料理好きの方にはたまらないスポットとなっております。

またこのマレーチャンでは、「グリーンカレーとジャスミンライス」というメニューは、ランチタイムに限定5食の人気メニューがございます。ターメリックで色付けされた黄色いパラパラとしたジャスミンライスに、まろやかな味わいのグリーンカレーが絶妙なバランスとなっており絶品だと評判です。ランチタイムにマレーチャンへお越しの際には、是非このジャスミンライスグリーンカレーを頂いてみて下さい。

ペナンレストラン

芝公園からすぐのところにあるマレーシア料理店「ペナンレストラン」は、アットホーム感が魅力のレストランです。こちらは働くスタッフもマレーシアの方で、マレー語が飛び交っているため本場にいるかのような雰囲気のあるスポットとなっています。お料理の数々も本場のマレーシア料理らしい屋台で出てくるような一品料理がたくさん揃っており、うま辛いメニューがたくさん頂くことができます。

ビジネス街であることからサラリーマンやOLさんも仕事帰りに立ち寄る方も多く、こちらもランチタイムにはランチメニューのご用意もあります。また、お店の名前でもあるマレーシアのペナン島発祥の「チャー・クイ・ティアオ」なども頂くことができますので、本場のマレーシアらしいグルメを頂きたいという方におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?マレーシアには、日本人の口にもよく合うことグルメがたくさんあります。様々な文化や宗教が混ざり合うマレーシアらしいグルメの数々をご紹介させて頂きました。日本国内でもマレーシア料理を堪能することができるスポットもご一緒にご紹介させて頂きましたので、是非美味しいマレーシア料理で舌鼓してみてはいかがでしょうか。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。