海外旅行前はいくら両替をすればいいの?両替は最小限にしてクレジットカードを使おう!

海外旅行前に必要な準備として、現地通貨への両替があります。事前に銀行やチケットショップなどで、日本円を現地通貨に両替しておくのが一般的です。

ありがちなのは予算の全額を現地通貨(現金)に両替してしまうケース。実はこれ、損をしてしまう可能性が非常に高いです。今回、海外でお得に買い物などを楽しむ方法として「クレジットカード+現金」の併用をオススメしていきます。

事前の両替は最小限にして、あとは極力クレジットカードを使うだけで、誰でもお得に現地での買い物を楽しめますよ。

海外旅行前の外貨両替は必要?

海外旅行前の外貨両替は「必要」です。どの国もクレジットカードが普及しているとは言え全てのお店でカードが使えるとは限りません。

小さなお店や屋台・露店などでは、クレジットカードが使えない可能性が高いです。どんな国に旅行するのであってもある程度の現金は用意しておきましょう。

基本はクレジットカードを利用しよう

先程、現地通貨も必要だと書きましたが、基本的にはクレジットカードの使用をオススメします。

なぜなら、日本円を現地通貨に両替して現地で買い物をするよりも、クレジットカードを使って買い物をしたほうがレート面や手数料面でお得なケースが多いからです。海外旅行中は可能な限り、クレジットカードを使うようにしましょう。

例えば、お土産を買う場合も、ありふれたお菓子などは小さな商店で買うのではなく、免税店や大型スーパーなどクレジットカードが使えるお店で買うとお得です。

現金を使うのはこんなシーン

現金を使うシーンは先程も例に出した、小さな商店や屋台が中心になるはずです。現地のB級グルメなどを楽しみにしている人は、少し多めに現地通貨を用意しておくといいです。

小さなお店はお釣りの手間や偽札の危険性から、高額紙幣を嫌う傾向があります。現地通貨へ両替する際はどこの国の通貨も、細かい紙幣に両替しておくことオススメします。

米ドルなら100ドル札は持っていかないようにしましょう。50ドル札もできれば両替時に外してもらうよう言うと、現地で使いやすいお札の構成になります。



海外旅行のためにいくら両替すればいいの?

現地では「クレジットカード+現金」を併用するとして、具体的には現金はいくら用意すればいいでしょうか。今回は日本人に人気の観光地3つを取り上げて、具体的な換金の目安額を解説します。

換金の目安額は各国の文化や特徴により異なりますので、ハワイ・台湾・韓国に渡航予定のある方はぜひ参考にしてください。
※記載の目安額は2019年2月19日時点のレートを参考に算出しています。

ハワイ

ハワイでは1日100ドル(約11,000円)程度が必要だといわれています。ハワイはクレジットカード大国のアメリカであるため、クレジットカードが使えるお店が多いです。

特にワイキキは日本人観光客が多いことから、JCBブランドのカードが使えるお店も多く、カード決済に困ることはありません。現金はホテルのチップやビーチ・プールでの支払い用に20ドル程度あれば大丈夫です。

ただし、ワイキキを出る場合は観光内容にあわせて多めに現金も用意しておきましょう。

台湾

台湾も台北ではクレジットカードが使えるお店は多いです。しかし、台湾の名物である夜市ではクレジットカードは使えません。他にも観光地として人気の九分でもクレジットカードが使えないお土産屋さんは多いです。

高級店ではなく庶民的なお店や場所を多く回る予定でしたら、1日2,000台湾ドル(約8,000円)程度の現金は手元に用意しておきましょう。台湾では、百貨店や免税店の買い物はクレジットカードで、その他の支払いは現金にする方法をオススメします。

韓国

韓国は世界屈指のクレジットカード大国です。クレジットカードが使える場所が多いだけでなく、店舗によってはクレジットカードなどのキャッシュレス決済しか受け付けていない場所もあります。

韓国旅行時は、必ず1枚はカードを持っていってください。韓国の場合、クレジットカードは「あると便利なもの」ではなく、「ないと困るもの」というレベルの必須アイテムです。

韓国ではクレジットカードでの支払いをメインにしつつ、屋台などでの支払いに困らないよう30,000ウォン(約3,000円)程度の現金も用意しておくといいです。



海外旅行中にさらに両替したくなったら?

基本的にはクレジットカードでの支払いをオススメしますが、「旅行中にどうしても現金が必要になった」「想定より現金での支払いが多くなってしまった」ということがあるかと思います。

ここからは、旅行中に現金が必要になった場合の両替方法について解説していきます。

ホテル

実はホテルでも両替ができるケースがあります。一定ランク以上のホテルだとフロントで両替できることが多いです。

ホテルでの両替は一般的にレートが悪いと言われてますが、安心して両替できるのが魅力です。ホテルのフロントでホテルの方が両替してくれるので、安心してお任せできます。レートも壁などにしっかり掲示されているので安心です。

街中の銀行や両替所の場所がわからない場合や急ぎで現金が必要な場合は、まずホテルで両替できないかを確認してください。

免税店

免税店も両替できるケースが多いです。ホテルと異なり両替できるタイミングが限られるのがデメリットですが、安心して両替できるのが魅力です。

レートはホテルでの両替と同様に良くはありませんが、免税店は立地が良い場所にあることが多いので観光中に両替するならオススメの場所ですよ。

免税店内での買い物はクレジットカードが使えますので、両替はあくまで免税店の外で現金が必要になったときにするものと考えておいてください。

海外キャッシング

1番オススメなのが、クレジットカードの海外キャッシングで現地通貨を手に入れる方法です。これが最も良いレートで両替できる可能性が高いです。

恐らく海外旅行に持っていっているクレジットカードの国際ブランドは、VISAかMastercardかと思います。VISAなら「PLUS」と書かれたATMを、Mastercardなら「Cirrus」と書かれたATMを探してください。

このように国際ブランドによって使用できるATMが異なりますので気を付けてくださいね。

国によってATMの使い方には多少の違いがありますが、基本的には以下のようになります。今回は英語対応ATMの場合を例に解説していきます。

  1. クレジットカードを差し込む
  2. 暗証番号を入力
  3. 引き出しを意味する「WITHDRAWL」を押す
  4. 次に口座の選択をするので「CREDIT」を押す
  5. 金額を入力して現地通貨を受け取る

ATMで出てくる英語は見慣れないものが多いです。「WITHDRAWL」と「CREDIT」は最低限覚えておくるいいでしょう。

海外キャッシング時に気を付けたいのは「治安」です。ATMから直接現金が出てくるので、なるべく治安のいい場所で利用してください。大きなショッピングモールの中、人通りの多い場所などのATMを選ぶことをオススメします。



海外旅行前の両替は最低限にしよう

完全にクレジットカードで支払いができると便利ですが、現状はまだ難しいです。どの国に行くにも現金は必ず必要です。なるべくお得に買い物できるように「クレジットカード+現金」をあわせて使いましょう。

現地で現金が足りなくなった時もホテルや免税店ではなく、海外キャッシングを利用することで手数料を抑えることができます。お得に海外旅行をするためのコツとして、ぜひ覚えておいてください。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/