ルミネカードに自動付帯の海外旅行保険を徹底解説!即日発行も可能で使い勝手よし!

駅ビルのルミネのクレジットカードであるルミネカードは海外旅行保険が自動付帯でついており、持っているだけで海外でのケガや病気の治療費用をを補償してもらうことができます。

また、初年度年会費無料で即日発行も可能となっており、ルミネカードであれば海外旅行の出発直前でも簡単に作ることができますので便利です。ここでは、ルミネカードの海外旅行保険の内容やメリットを紹介していきますので、海外旅行を考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

ルミネカードの海外旅行保険の補償内容を解説

ルミネカードの海外旅行保険は自動付帯となっており、カードを持っているだけで補償を受けることができます。

海外での医療費やケガの治療費は高いため、海外に行くときには、何らかの海外旅行保険に加入していく必要があります。

しかし、ルミネカードのように海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っていると、新たに海外旅行保険に加入する必要がありません。

クレジットカードに自動付帯の海外旅行保険では、そのカードを保有しているだけでよく、利用付帯のものは「空港までの交通費の一部をカードで支払う」など、そのカードが定めている利用条件を事前に満たしていれば、補償を受けることができます。

このように、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っているだけで、海外で何かあったときに補償が受けられることになりますので、海外旅行保険に入らず、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを作ってから海外に行く人が増えています。

例えば現地で具合が悪くなった場合でも、治療費の心配せずに診察が受けられるため、安心して海外旅行ができることがメリットです。

ルミネカードの海外旅行保険の補償内容は以下のようになっています。

海外旅行保険の補償内容
死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用50万円まで
疾病治療費用50万円まで
賠償責任なし
救護者費用なし
携行品損害なし

これを見るとわかるように、ルミネカードの海外旅行保険は、他のクレジットカードに付帯している海外旅行保険と比べると、残念ですが補償内容は低めとなっています。



海外旅行保険はルミネカード1枚だけで大丈夫?

海外ではケガや病気の治療費が高いことで知られています。国別の虫垂炎の治療費を比べると以下のようになっており、ルミネカードだけの補償では、これらの医療費をカバーできないということがわかります。

虫垂炎(盲腸)の手術費用
日本60万円
パリ100万円
ロンドン95万~140万円
ソウル50万~60万円
バンコク50万円
北京10万~160万円
バリ70万円
ゴールドコースト80万円
カナダ80万円
ホノルル300万円

他のクレジットカード付帯の海外旅行保険では、疾病やケガの治療費用は100万から200万に設定されているものが多いのですが、ルミネカードは50万円となっており、比較的低い補償額です。海外に旅行する人が一番使う保険は「疾病や傷害治療費用」というデーターがあります。

また、カメラやスーツケースなどの盗まれたときの補償である「携行品損害」は付帯しておらず、高級な物を盗まれてしまった場合でも補償を受けることができないことがルミネカードのデメリットとなっています。



ルミネカードの海外旅行保険を楽天カードやエポスカードと比較

ルミネカードの海外旅行保険は、クレジットカード付帯の海外旅行保険として高い評価を受けている「エポスカード」や「楽天カード」の補償内容と比べてみても、不安が残る内容となっています。

カード名エポスカード楽天カード
年会費年会費無料年会費無料
利用条件自動付帯利用付帯
死亡・後遺障害500万2000万
疾病270万200万
傷害200万200万
救護者 費用100万200万
携行品損害20万20万

このように、ルミネカードの海外旅行保険は、他のクレジットカードに比べて補償内容が低く、ルミネカード1枚だけでは不十分なので、海外へは複数枚のクレジットカードをもっていくことをおすすめします。

クレジットカード付帯の海外旅行保険には「死亡・後遺障害以外の補償内容は、持っている海外旅行保険の補償内容を合算できる」という決まりがあります。

例えば、ルミネカードとエポスカードを2枚持って海外に行った場合、

・疾病治療費用・・・・270万(エポス)+50万(ルミネ)=320万
・傷害治療費用・・・・200万(エポス)+50万(ルミネ)=250万

となり、補償を上乗せし、より手厚くすることができるのです。

もちろん、ルミネカードとエポスカード、それに楽天カード3枚を保有していた場合は、3枚の補償額の合計が「その旅行で補償される最大補償額」となり、より補償内容を高くすることが可能です。

海外の医療費は日本と比べ物にならないほど高く、風邪の簡単な診察で10万円以上かかることも珍しくありません。

また、突発的な事故によるケガや、病名がつくような重度の病気にかかってしまった場合は、かなり高額な治療費を請求されますので、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数持ち、補償額をできるだけ高めておいた方が安心です。



ルミネカードの海外旅行保険は自動付帯!自動付帯の意味は?

ルミネカードの海外旅行保険は「自動付帯」となっており、保有しているだけで補償を受けることができます。極端な話ですが、ルミネカードを海外旅行に持っていかず、日本に置いていた場合でも、海外での風邪やケガによる治療費用を補償をしてもらうことができますので、日本にカードを忘れてしまった場合でも大丈夫です。

海外旅行保険が「利用付帯」となっているクレジットカードで有名なものは楽天カードです。

楽天カードの海外旅行保険の利用条件は「空港までの交通費の一部をクレジットカードで支払うこと」となっており、空港までの電車代、タクシー代、空港バス代などを楽天カードで1円以上支払えば利用条件を満たすことができます。

楽天カードのように、とても簡単な条件で利用できるものもありますが、「旅費をクレジットカードで支払わなければならない」というような、ハードルが高い条件のものもありますので、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する際には、利用条件をよく確認するようにしましょう。

ルミネカードの海外旅行保険は家族も補償される?

ルミネカードの海外旅行保険は、本会員もしくは家族会員であれば、補償が受けられることになっています。グレードが高いゴールドカードに付帯している海外旅行保険の場合は、家族カードを発行していなくても「本会員とその家族」が補償される場合もありますが、ルミネカードの場合は、実際に家族カードを保有している人のみが補償対象となっています。

なお、ルミネカードの家族カードは「高校生を除く18歳以上」となっており、高校生以下の子供がいる場合は家族カードを作ることができず、別途海外旅行保険に加入する必要がありますので注意しましょう。



ルミネカードを日常使いするメリットは?定期購入でポイントが貯まる!

ルミネカードは、駅ビルのLUMINEとJR東日本ビューカードが提携したSuica一体型クレジットカードです。このルミネカードには海外旅行保険が自動付帯されていることがメリットですが、日常使いするカードとしても魅力があります。

ルミネカードには

・ルミネやNEWoManでの買い物がいつでも5%オフ
・年に数回行われるイベントでは10%オフ

という特典があり、日頃の利用でもポイントが貯めやすい仕組みとなっています。

ルミネカードは定期券購入やSuicaチャージでポイントが3倍!

ルミネカードはJR東日本のビューカードと提携しているため、ルミネカードで通勤や通学の定期券を購入したり、Suicaのチャージを行うとポイントが3倍貯まる仕組みとなっているためお得です。

買い物・食事・公共料金支払い1,000円(税込)につき5ポイント
Suica定期券の購入1,000円(税込)につき15ポイント
Suicaオートチャージ1,000円(税込)につき15ポイント
乗車券・回数券・特急券の購入1,000円(税込)につき15ポイント
JR東日本国内ツアー(一部対象外あり)1,000円(税込)につき15ポイント
モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション1,000円(税込)につき15ポイント

また、WEB明細にすると毎月50ポイント、年間で最大600ポイントを獲得することができます。

ルミネカードのポイントの交換

ルミネカードで貯まったポイントは様々なものと交換することができるので、ポイントを無駄なく利用できるのが魅力です。

JRE POINTの有効期限は、最後にポイントを獲得した日から2年後の月末まで有効となっており、日頃の利用があれば、実質有効期限がない状態でポイントを利用することができます。

JRE POINT加盟店1ポイント1円で利用
Suica1ポイント1円でチャージ
Suicaのペンギングッズ・鉄道グッズ・キッチングッズに交換交換商品ごとに必要ポイント設定



まとめ

ルミネカードに付帯している海外旅行保険の補償は十分とは言えず、ルミネカード1枚で海外旅行へ行くのは不安です。しかし、他のクレジットカードの海外旅行保険に補償を上乗せすることができるので、ルミネカードを作って、メインの海外旅行の補償を手厚くすることはできます。ルミネカードは、海外旅行の安心度をより高めることができるクレジットカードであるとと言えるでしょう。
ルミネカードはポイントをためやすく、貯まったポイントもSuicaにチャージすることができる使い勝手が良いクレジットカードとなっていますので、海外旅行を考えている人はもちろんのこと、JRやSuicaをよく利用するという人にもおすすめですよ。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/