海外旅行にポケットWiFiは必需品!海外旅行に欠かせないポケットWiFi【2019年版】

スマホが手放せなくなった今の時代、海外旅行でもネット環境を維持するためにはWi-Fiが欠かせません。

中には、「フリーWiFiスポットでネットにつなげばいいし、ダイジョーブ!」なんて人もいますが、フリーWi-Fiスポットが充実していない国もザラにあるので、海外に行くならポケットWiFiは必需品です。

ポケットWiFiがあれば、道に迷ったり、オススメのお店を現地で探すことも場所を選ばずどこでもできます。WiFiがいつでもつながっている環境にあれば、急なアクシデントにあっても、すぐに問題を解決できるため、とても便利です。

結果、快適な旅をスムーズに楽しめるわけです。せっかくの海外旅行なのに、ネットがつながっていないために苦労して楽しめなかった!というのはなんだか残念な話ですよね。

そうならないために、

この記事では、海外旅行にWiFiが必要な理由や、海外旅行でオススメのWiFiはどれかなどをくわしく紹介します。

本当に海外旅行でポケットWiFiは必要?

先ほども少し紹介しましたが、答えは「海外旅行に行くならポケットWiFiはあった方がすごくいい」です。

もちろん、ポケットWiFiがなくても海外旅行はできます。今では、スタバやマクドナルドなど、海外でも大都市であればフリーWiFiスポットも充実しているところが多いです。ホテルでも、ほとんどのところでフリーWiFiを提供しています。

ただ、道に迷ったり予期しない問題が起こる可能性もありえます。そんな時に、すぐそばにフリーWiFiスポットがあればいいですが、いつもそんな都合よくあるとは限りません。

ホテルのフリーWiFiも、自室で利用できると思っていたら共用スペースのロビーしか使えなかったという例もあります。

要するに、海外旅行をするのにポケットWiFiは、「あったほうが確実に有利」なのです。



海外旅行で必要の大きいポケットWiFiとは?

海外旅行にポケットWiFiがあったほうがいい、と言われても「ポケットWiFiってなに?」という方もいると思いますので、ここでポケットWiFiについて簡単に説明したいと思います。

ポケットWiFiとは、ポケットに入るくらいの大きさのインターネット接続機器です。スマホやパソコンなどのデバイス機器を、インターネットにつなげてくれる小さな機械です。ポケットWiFiを常に持ち歩いていれば、海外のどこでも自由にネットに繋ぐ環境を得ることができます。

ポケットWiFiの大きさ

「ポケット」と名のつく通り、ポケットWiFiの大きさは手のひらサイズです。重さもスマートフォンと同じか、ちょっとだけ重い程度のため、持ち運ぶのに苦労しません。まさに歩くルーターです。ポケットWiFiがあれば、海外のどこに行っても自由にメールやSNSやネット検索ができてしまいます。

ポケットWiFiの費用

ポケットWiFiは海外旅行向けにレンタルできます。有名なレンタル会社は「グローバルWiFi」「イモトのWiFi」などが、大手有名レンタルWiFi会社です。

大体、一日700円~1000円以内で借りることができます。旅行する国や日数などによっていろいろなプランが用意されていますので、一度公式ホームページで確認してみることをオススメします。

早割などお得なサービスがあるWiFiレンタル会社もあるので、海外旅行に行くことが決まっているなら、早めに予約すると良いでしょう。

  1. スマホで地図を見ながら移動する。
  2. 調べ物をする。
  3. SNSに写真をアップする

でこれらをするなら、(移動しながら)通信ができるようにする必要があります。

日本の携帯をそのまま使うとえげつない請求がくるので絶対にやめましょう。

旅行が1人長期旅であれば、現地のSIMを契約、2人以上のであればポケットWi-Fiをレンタルするのが基本最安になります。

であればポケットWi-Fiは複数人使えて1,000円/日程度しか費用がかからないので旅行に慣れている人はポケットWi-Fiをレンタルしています。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

レンタルWiFiはやっぱり必要!海外でのフリーWiFiスポットの罠

「ポケットWiFiなんかレンタルしなくても、フリーWiFiスポットがあるから大丈夫!」と高をくくっていると、思いがけないトラブルに巻き込まれることがあります。

ここからは、海外旅行に行くのにフリーWiFiに頼りすぎてしまって失敗した例をいくつか紹介します。

ホテルのフリーWiFiスポットが使えなくて困った!

海外旅行でフリーWiFiを使う場所といえば、一番に思いつくのがホテルです。ホテルでパソコンを使った仕事をしようと思っていたり、旅行のスケジュールを調整しようとして、宿泊するホテルでインターネットを利用したい人は多いです。

ところが、大事な場面でWiFiが利用できなかった!というケースが多々あります。

たとえば、現地のホテルのスタッフが、フリーWiFiを使うためにパスワードを紙に手書きで書いてくれたはいいものの、英語が筆記体で全然読めなかった!とか、ホテルのスタッフがつづりを間違えていて何時間もムダにしてしまった、といったケースがあります。

こんな時、ポケットWiFiを持っていれば、自室に入ってすぐにネットを楽しむことができます。時間をムダにしたり、苦手な英語でネイティブと会話をする手間を省くことができるのです。

海外には個人情報の入力必須のフリーWiFiがある!

海外では、メールアドレスや名前など、個人情報を入力しないとつかえないフリーWiFiもあります。規約などの文章もすべて英語で書かれているため、訳も分からず「YES」のボタンを押さないためにも、やはりポケットWiFiを自分で用意しておくほうが安心です。

フリーWiFiだとセキュリティーの面で心配

日本でも同じことですが、暗号化されていないフリーWiFiは、セキュリティーの面でどうしても不安があります。フリーWiFiは、制限なく誰もが自由に利用できるものですので、個人情報やクレジットカード情報が絶対盗まれない!とは言い切れません。
もしもの場合を考えても、お金を払ってポケットWiFiを用意していたほうが、ストレスなく旅行を満喫できます。

ほかにも、「フリーWiFiの接続時間が遅すぎて使い物にならなかった!」「ネットを使いたいときに限って、近くにフリーWiFiスポットがなかった!」など、フリーWiFiのデメリットは結構たくさんあります。せっかくの海外旅行が台無しにならないように、ポケットWiFiを準備しておくことをオススメします。



道案内機能を使いたいなら海外にポケットWiFiは必要!

海外旅行でポケットWiFiを持っていれば、道に迷った時やおすすめのお店を探すときにとても便利です。もちろん、無料のフリーWiFiが使えるお店の中でも道を調べたりすることはできます。ですが、一歩店から出てしまうともうWiFiは使えません。

この点覚えておきたいのが、「道案内機能」を使いたい場合です。「道案内機能」とは、現在地から目的地までを道案内をしてくれる機能のことです。「つぎを右に曲がってください」など、初めて来た場所でもスムーズに目的地まで行けるよう案内してくれる、便利な機能です。この道案内機能は、ネットにつながっていないと使えないので注意が必要です。

もしWiFiがつながっていないために便利な道案内機能が使えないとなると、地図を見て道順を覚えたり、紙にメモしたり、近くにいるネイティブに尋ねたり、といった余計な労力が必要になってきます。せっかくの海外滞在期間をムダに消費しないためにも、WiFiを用意していつでもネットが使える環境にあった方が、快適に旅行を楽しめます。



まとめ

WiFiがいつでも使えれば、どんなトラブルにあったとしてもスムーズに対処できます。WiFiは海外旅行に100%必要!とまでは行きませんが、「あったほうがいい」のは確かです。日本と勝手の違う海外に行くからこそ、余計なトラブルを避けるためにも、ぜひポケットWiFiを準備しておいてください。