海外旅行に持っていくべきおすすめクレジットカードを目的別に紹介!

海外旅行に行くときには、どのクレジットカードがおすすめなのでしょうか。海外ではクレジットカード決済が主流となっており、クレジットカードがないと何事もスムーズに進まないと言っても過言ではありません。

しかし、様々な種類のクレジットカードがあり、どれを海外旅行に持っていけばよいのか迷ってしまいますね。ここでは、海外旅行におすすめのクレジットカードを目的別に紹介します。

海外での決済では、現金を少なくして、クレジットカードをメインに使う方が防犯対策にもなり安心ですので、必ずクレジットカードを複数枚持って、海外旅行に行くようにしてください。

海外旅行で空港ラウンジが無料で使えるおすすめクレジットカード

海外旅行向けのおすすめクレジットカードは色々ありますが、どのような点に注目するかによって、あなたにぴったり合ったおすすめクレジットカードは変わってきます。

マイルが貯まりやすいクレジットカード、海外旅行保険が充実しているクレジットカード、学生の利用でお得になるクレジットカードなど様々なものがありますので、よく特徴を理解して、海外旅行に持っていくクレジットカードを決めたいですね。

クレジットカードの中で、海外旅行へ度々行く人に人気なのが、「楽天プレミアムカード」です。

楽天プレミアムカードは年会費が10,000円(税抜)かかるのですが、

・世界中の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスが無料

という非常にお得な特典がついており、高い評価を得ています。

プライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジが設置されている国は100か国以上あり、合計で600以上の空港でラウンジを無料利用することができます。

ラウンジにはアルコール飲料を含む飲み物や軽食が用意されており、乗継や出発前の時間をゆったりと過ごすことができるのが魅力です。

このプライオリティ・パスの年会費は399ドルですので、約4万円以上するものが、楽天プレミアムカードの年会費を支払えば無料でついてくるということになります。

このプライオリティ・パスは非常に有名で、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円)」や「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円))でも無料特典としてついています。

しかし、楽天プレミアムカードは、これらのカードの年会費の半額で、このプライオリティ・パスを取得することができるので、かなりお得なクレジットカードであると言えるでしょう。

また、3つあるうちのサービスの中から「トラベルコース」を選ぶと、海外旅行での「手荷物無料宅配サービス」を利用でき、年に2回まで、空港と自宅の往復の宅配サービスが利用可能となっています。

もちろん、ゴールドカードなので海外旅行保険も自動付帯となっており、楽天プレミアムカードを持っているだけで病気やケガの際は補償を受けることができますので安心です。



海外旅行保険が充実している年会費無料のおすすめクレジットカード

海外旅行に行くときには海外旅行保険に入る必要がありますが、海外旅行保険がついているクレジットカードを持っていると、保険料を支払うことなく海外での病気やケガ、携行品被害などの補償を受けることができてお得です。
年会費無料のクレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用すると、実質保険料が無料で海外旅行保険を利用できるということになります。

年会費無料で海外旅行保険の補償が充実しているクレジットカードは、

・エポスカード
・レックスカード
・楽天カード

の三つです。

どのクレジットカードもケガや病気の補償額が、年会費が数千円以上かかるような有料のクレジットカードのものと同等レベルとなっており、非常にお得なカードとなっています。

カード名エポスカードレックスカード楽天カード
年会費年会費無料年会費無料年会費無料
利用条件自動付帯自動付帯利用付帯
死亡・後遺障害500万2000万2000万
疾病270万200万200万
傷害200万200万200万
救護者費用100万200万200万
携行品損害20万20万20万

海外での医療費は日本に比べて非常に高いことが特徴です。

風邪の診察で10万以上、盲腸やひどい骨折など、入院を伴うものは数百万円の請求がくる場合もあり、クレジットカード付帯の海外旅行保険が充実しているとはいえ、一枚では不安を感じる人もいます。

より安心して海外旅行へ行きたいという人は、海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを複数持っていくのも良い方法です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険では、「死亡・後遺障害補償」以外の項目は、それぞれのカードの補償額を合算して良いとの決まりがあります。

もし、上記の年会費無料のカードである「エポスカード」「レックスカード」「楽天カード」3つを持っていた場合は、それぞれの項目が合算され、以下のようになります。

・疾病治療費用 670万
・傷害治療費用 600万
・救護者費用 500万
・携行品損害 60万

このように、何枚もクレジットカードを持つことで補償を手厚くすることができます。

「エポスカード」「レックスカード」「楽天カード」のような年会費無料のクレジットカードであれば、コストは一切かかりませんので、海外旅行時には複数枚のクレジットカードを持っていくことをおすすめします。



海外旅行に行く学生向けのおすすめクレジットカードは?

時間にゆとりがある学生のうちに海外旅行に行く人も多いと思いますが、特に学生におすすめのクレジットカードは「学生専用ライフカード」です。

このクレジットカードには
・海外での利用額の5%が現金でキャッシュバックされる

という非常にお得な特典があり、海外旅行に行く学生であれば必ず持っておくべきクレジットカードであると言えるでしょう。

海外旅行では、現地の食事代や宿泊代、お土産代など、まとまった額をクレジットカードで支払うことになりますが、それらの利用合計額の5%が、帰国後にカード引き落とし口座に現金で振り込まれます。

また、この「現金キャッシュバック」の特典の他にも

・海外旅行保険が自動付帯
・最短3営業日で発行可能
・ポイントは5年間有効

など、利用者にとっては魅力的な特徴を備えており、おすすめできるクレジットカードとなっています。



海外旅行でマイルを貯めるためのおすすめクレジットカード

海外旅行に行くときに購入する航空券やツアー代金で、マイルが通常よりも多く貯まるおすすめクレジットカードは「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」です。

対象航空会社の航空券や、対象旅行代理店指定の旅行商品の購入で、ポイントが通常の3倍貯まるという、非常にお得な仕組みとなっています。

対象航空会社は27社あり、アシアナ、アリタリア・イタリア、エースフランス、ANA、JAL、エバー、エミレーツ、ガルーダ・インドネシア、キャセイパシフィック、KLMオランダ、シンガポール、タイ、デルタ、ルフトハンザなど大手航空会社はほぼ対象となっており、「航空会社が独自に発行しているクレジットカードよりも、より多くのマイルが貯まる」と評判のクレジットカードとなっています。

また、貯まったポイントは「無期限」となっていますので、海外旅行以外でも、数年かけて日頃の利用でコツコツとポイントを貯めていくことができます。貯まったポイントは提携航空会社のマイルに交換でき、その後無料航空券にかえることができます。交換レートは、1,000ポイントで1,000マイルとなっています。

例えばANAでは、ローシーズンでの日本・韓国の往復が12,000マイル、ハワイとの往復が35,000マイル、北米との往復が40,000マイル、欧州との往復が45,000マイルとなっています。1年で貯めるのが難しい場合でも、ポイントの期限はないことから、5年、10年かけてポイントを貯め、無料航空券をもらうというのも夢があって良いですね。

年会費は10,000円、家族カードは1枚につき5,000円となっており、年会費は安くはありませんが、マイルを貯めやすいと言われているクレジットカードの中では一番年会費が安く、お得なカードとなっています。

また、入会特典で3,000ポイント、毎年カードの継続時に1,000ポイントをもらうことができますので、より早くポイントを貯めていくことが可能です。

また、以下のようにアメックスならではの特典も多く、より安心して海外旅行を楽しむことができます。

・国内28空港、海外2空港のラウンジを本人+同伴者1名まで無料で利用可能
・飛行機の遅延による宿泊費や食事代、手荷物遅延による衣類代などを補償
・海外における24時間日本語サポート
・海外旅行保険(航空券やツアー料金をクレジットカードで支払う必要あり)
・空港から自宅までスーツケースを無料配送



海外旅行でのキャッシングがお得なおすすめクレジットカード

海外旅行で現地通貨を手に入れるには、現地での両替ではなくクレジットカードによるキャッシングがおすすめです。以前は、現金分をトラベラーズチェックに変えたり、空港でまとまった額の日本円を現地通貨に両替していく人が多かったのですが、最近では海外に行ったあと、必要なときに「現地ATMを使い、クレジットカードで現地通貨をキャッシング」する人が圧倒的に増えています。

海外は日本よりもはるかにカード社会となっていますので、数百円単位の少額決済であっても、クレジットカード決済が主流です。そして、もしも現地通貨が必要になった場合は、現地の人も使っている海外ATMで、クレジットカードを使ってキャッシングをすれば事足ります。

海外キャッシングのメリットとしては、

・必要な分だけキャッシングすることで、必要以上の現金を持たずに済むので安全対策になる
・観光客相手の両替商はレートが割高で騙される可能性もあるが、クレジットカードはそのような心配がない
・キャッシングにかかるコストはATM利用料(200円ほど)と安い
・両替手数料は取られない
・国際キャッシュカードは「上乗せ交換レート」だが、キャッシングは上乗せされていない公正なレート
・帰国後にすぐ返済すれば、利息もほとんどかからない

となっており、安全面、レート面、利便性すべてにおいて両替ではなく海外キャッシングが主流となっています。
海外旅行日数は、数日から一週間程度と言う場合が多く、帰国後にすぐ返済してしまえば利息もほとんどかかりません。

海外でのキャッシングがお得なクレジットカードは

・JCB CARD W
・エポスカード

です。

日本円から現地通貨への交換レートは、VISAはレートが悪いことが多いので、海外キャッシングをする場合はJCBかMaster Cardブランドのものを選ぶとお得です。

「JCB CARD W」は、39歳以下の人は年会費無料でポイントは常に2倍のお得なカードです。海外でキャッシング利用分は翌月に一括払いで支払うことができるので、利息がかさむこともありません。
また、利用付帯の海外旅行保険がついているので、航空券やツアー料金をJCB CARD Wで支払えば、海外で病気やケガをしたときでも安心です。

エポスカードは、充実した海外旅行保険がついた年会費無料のクレジットカードとして人気がありますが、「はじめてキャッシングを利用する場合は、初回利用日の翌日から最大30日間利息無料」という特典があります。また、日本国内で一度もキャッシングしたことがない、という場合は、海外キャッシングでもこの特典が適用になりますので、海外キャッシングにおける利息が0円になり、とてもお得です。

海外旅行に行くときには、現地で海外キャッシングをすると便利でお得です。海外旅行では複数枚のクレジットカードを持っていった方が安心ですので、その中の一つを「海外キャッシング向きのクレジットカード」にすると良いですね。



まとめ

海外はクレジットカードでの支払いが主流であり、身分証明書の代わりにもなるのでクレジットカードは必需品です。もしも落としたり盗難にあった時のために、クレジットカードは複数枚持っていった方が安心ですので、海外旅行時にメリットがあるクレジットカードを選んで持っていくようにしましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/