海外でクレジットカードが使えない!?海外でクレジットカードが使えない原因を徹底解説!

現金の持ち歩きは危ないからと、海外旅行にクレジットカードを持っていく人はたくさんいるかと思います。クレジットカードがあれば現地で海外キャッシングもできるからと、ほぼ現金を持ってきていない人も知るかもしれません。

確かに、クレジットカードは安全で便利ですが、日本と環境の異なる海外ではカードが使えないことや、急にカードが使えなくなるといった問題が起こる可能性があります。

今回は海外でクレジットカードが使えない場合の原因と対策を解説していきます。

海外でクレジットカードが使えない原因

海外でクレジットカードが使えない原因はいくつか考えられます。今回はよくある原因2つをご紹介しますね。

どちらの原因も日本で事前に少し確認するだけで、使えなくなるリスクを減らすことができます。出国前に自分のカードは海外で使えそうか事前に確認しておきましょう。

国際ブランドが違うのかも

クレジットカードには「国際ブランド」というブランドが各カードに付与されています。クレジットカードは「自分のカードのブランド」と「利用するお店(加盟店)が採用しているブランド」が一致していないと使うことができません。

たとえば、手持ちのカードがJCBブランドで、使いたいお店の採用ブランドがVISAだったとしましょう。この場合、残念ながら手持ちのカードで決済することはできません。

国際ブランドはクレジットカードの表面で確認できます。右下に書かれているロゴの名前が国際ブランドの名前です。海外での利用を考えているのなら、国際ブランドはVISAかMastercardであるといいでしょう。

国産ブランドのJCBは日本での使い勝手は非常にいいですが、海外では使えない場所もまだたくさんあります。JCBしか持っていない方は渡航前にぜひVISAかMastercardを作ることをオススメします。

暗証番号がわからなかった

みなさんは日本でクレジットカード決済をするとき、暗証番号を入力して使いますか?それともサインで済ませますか?中には暗証番号を忘れてしまったために、ずっとサインで決済している人もいるかもしれません。

海外の一部(フランス・イギリスなど)では、クレジットカードの利用時に暗証番号の入力を求められるケースが多く、サインでは受け付けてくれない可能性があります。

普段サインで買い物をしている方は、渡航前に必ず暗証番号を確認しておいてください。暗証番号は重要な情報ですので、確認に時間がかかってしまいます。早めの確認がオススメです。

そもそもクレジットカードが使えない

あまり考えられないケースですが、そもそもお店がクレジットカードに対応していない可能性があります。世界的にキャッシュレス化が進みクレジットカードが使えるお店は増えてきましたが、極小規模なお店では使えないことも多いです。

特に都市ではなく地方に行く人や屋台等を利用する予定のある人は、クレジットカードだけでなく現金も用意しておきましょう。

また、こういった小規模なお店では高額紙幣は嫌がられる傾向にあるため、現地通貨への両替時はなるべく細かい紙幣を用意してもらうとその後の支払いもスムーズですよ。



海外で急にクレジットカードが使えなくなった!

こちらでは先程とは異なり、「さっきまでカードが使えていたのに急に使えなくなった」という場合の原因を解説していきます。ずっと使えていたのに急に使えなくなり焦るかと思いますが、落ち着いて対処することが大事です。

利用限度額が上限に達したのかも

海外では免税店でブランド品などを購入する機会も多いかと思います。そうすると限度額が20~30万程度に設定されているカードでは、1回の買い物で限度額の全てを使い切ってしまう可能性があります。

普段、日用品しかクレジットカードで決済しない人は特に限度額を意識せずにクレジットカードを使っている人が多いです。予め渡航前にクレジットカードで支払う予定の金額を算出し、限度額を超える恐れがないかを確認しておくと安心ですね。

確認時点で限度額を超えるとわかっている人は「限度額の一時増額」手続きをしておくといいです。一時増額とは、一定期間内だけ限度額を普段より高くする方法です。海外旅行以外にも結婚式や家電の購入などでこのサービスが使われます。

恒久的な限度額の増額は詳細な審査が行われますが、一時増額は簡易な審査で増額ができるかを判断してくれるのが特徴です。カード会社によっては、申込から審査完了まで即時完了する場合もあります。

一時増額サービスの利用に手数料等はかかりませんので、気軽に利用してみてください。

不正利用と勘違いされたのかも

クレジットカード会社の多くは24時間365日体制でクレジットカードの利用状況を監視しています。怪しい決済があればカードの利用を停止し、カード保有者に確認の連絡を取る仕組みです。

例えば、日ごろ近所のコンビニなどで少額決済しかしない人が、急に海外で高額な商品を買っているのをカード会社が見つけたとしましょう。この場合、カード会社は普段と異なる行動に「カード番号が海外に漏れて不正利用されている!?」と考えることがあります。

カード会社の方は当然あなたが海外旅行中だとは知りません。普段の利用状況(決済場所や金額)と大幅に違う動きをすると、不正利用だと疑われ急にクレジットカードの利用を停止する可能性があります。

海外で高額な買い物をしたからと言って、必ずしも不正利用を疑われるわけではありません。ただし、トラブルを避けるためにも、海外で高額決済の予定がある方などは事前にカード会社に連絡をしておくといいでしょう。



海外でクレジットカードが使えないときの対処方法

原因は色々考えられますが、素人では原因がわからないことがほとんどです。原因を調べてもらうためにも、クレジットカードが使えない場合は、カード会社に連絡するのが最善の解決策です。

海外からの連絡であっても対応してくれる人は日本語が話せます。落ち着いて状況を伝えましょう。

電話をしてみる

各カード会社は海外からの問い合わせに対応できる電話番号をもっています。電話番号は国や地域によって異なることがあるので、渡航前に渡航先の電話番号をメモやスクリーンショットで保存しておくことをオススメします。

カードラウンジに行ってみる

一部のクレジットカード会社は主要観光地にカードラウンジを用意しています。主に観光情報の提供などを行っていますが、カードの緊急サポートも行ってくれる心強い存在です。特にJCBはこのカードラウンジサービスが手厚いことで有名です。

もしも、渡航先が主要な観光地であった場合は、手持ちカードのカードラウンジが近くにないかを確認してみるといいでしょう。特にハワイ(ホノルル)などはラウンジ数も多く立地もいいので、緊急時も相談に行きやすいです。

電話番号とあわせて、渡航先の最寄りカードラウンジの位置もあわせて確認しておくと万が一のときも安心です。もしカードラウンジが宿泊地の近くであった場合は、初日に立ち寄って場所などを確認しておくとよりいいですね。



海外でクレジットカードが使えないという事態に陥らないために…

支払いをクレジットカードメインで考えていた場合、クレジットカードが使えなくなるのは非常に辛いです。

渡航前にクレジットカードの限度額・暗証番号・緊急連絡先の3点を確認しておきましょう。また、万が一カードが使えなくなっても困らないように、もう1枚国際ブランドが異なるカードを用意しておくことをオススメします。

現地での貴重な滞在時間を無駄にしないためにも、日本国内でできる準備はしっかりしておくと安心ですね。

海外旅行で最強のクレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/