年会費が無料のイオンゴールドカードの海外旅行保険を詳しく解説!

イオンゴールドカードはゴールドカードでありながら年会費が無料で、海外旅行保険の補償も充実しているおすすめのクレジットカードです。イオンゴールドカードは申し込みイオンカードの利用が年間100万円以上の人に発行される上位カードですが、海外旅行保険の補償額が高く、付帯しているショッピング保険の対象にスマホも含まれるなど、利用者にとってメリットが大きいクレジットカードとなっています。また、毎年基準をクリアする必要がなく、一度イオンゴールドカードを手に入れることができれば、次年度からの利用額が少なくても格下げされる心配はありません。ここでは、イオンゴールドカードの海外旅行保険について詳しく解説していきます。

イオンゴールドカードの海外旅行保険は補償額が高くおすすめ

イオンゴールドカードの海外旅行保険は、年会費無料で充実した補償内容となっており、クレジットカードに付帯している海外旅行保険としては、一部のプラチナカードを除いては最高ランクとなっています。2019年4月からグレードアップされ、一般的なゴールドカードと同じ、充実した補償額となりました。

特に、海外旅行中に一番使われる確率が高い「傷害や疾病の治療費用」が200万から300万にアップしており、より安心して海外旅行に行くことができるようになっています。

イオンゴールドカードの海外旅行保険の補償内容
死亡・後遺障害最高5000万円
傷害治療費用300万
疾病治療費用300万
賠償責任3000万
救護者費用200万
携行品損害30万



イオンゴールドカードは年会費が無料で海外旅行保険が充実

イオンゴールドカードの魅力は、年会費が無料でありながら、一般的なゴールドカードと同等の海外旅行保険の補償を受けることができるという点です。
一般的なゴールドカードは、年会費が約1万円かかります。その分様々な優待が受けられるのがゴールドカードの魅力ではあるのですが、カードを保有するだけで毎年コストがかかってきますので、ゴールドカードを持つ負担が大きいのも事実です。

しかし、イオンゴールドカードであれば、一度カードを持てば、年会費が永年無料となっており、「ずっと無料でゴールドカードのサービスを受けることができる」とても珍しいクレジットカードとなっています。



イオンカードゴールドは招待制 イオンカードで実績を積む必要あり

イオンカードゴールドは利用者にとってメリットが多く、魅力があるクレジットカードですが、このカードは招待制となっており、「イオンカード」で一定の条件を満たすことによって、カード会社の方からインビテーション(招待状)が届く仕組みとなっています。

イオンゴールドカードの条件は公開されていないのですが、はっきりとわかっているのは「イオンカードでの年間利用額が100万以上」であれば条件をクリアできるということです。

また、口コミによると以下のような条件もあると考えられています。

① イオングループで年間60万以上の利用
② 年間120回以上の決済と80万円以上の利用

はっきりしたことはわかりませんが、公式では「イオンカードで年間100万円以上の利用」ということは明記されていますので、この条件をクリアするとイオンゴールドカードへの招待状が届く可能性が高くなっています。

最初は利用実績が必要なイオンゴールドカードですが、一度このカードを取得すると格下げされることはありません。つまり、イオンゴールドカードを取得した次年度に、年間利用額が1万円だったとしても、そのままイオンゴールドカードを持ち続けることができるのです。

一度手に入れると、永年年会費無料で充実した海外旅行保険が無料で利用できるイオンゴールドカードはとても貴重なクレジットカードと言えるでしょう。



イオンゴールドカードの海外旅行保険は自動付帯ではなく利用付帯 利用条件は?

イオンゴールドカードの海外旅行保険は、補償額が充実しておりおすすめできるのですが、自動付帯ではなく「利用付帯」となっており、決められた条件を満たさないと海外旅行保険の補償が有効になりませんので注意が必要です。

利用条件は2つあり、どちらか一つを満たすと海外旅行保険が有効になる仕組みです。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/

 

① 空港までの公共交通乗用具の料金(自宅から最寄り駅までのバス代や、空港までの電車代、リムジンバス代など)をイオンゴールドカードで支払う

ただし、自宅から空港までの自家用車の高速代やガソリン代、空港の駐車場料金は対象外となります。また、国内レンタカーも対象外となります。

② 募集型企画旅行の料金(海外旅行のツアー代金)
旅行者が販売している海外旅行ツアーの代金をイオンゴールドカードで支払う



イオンゴールドカードには家族特約なし!子供の補償はどうすれば良い?

家族で海外旅行に行くときには、家族全員の補償を考えなければなりません。家族特約がついているカードであれば、自動的に家族も補償されるのですが、「イオンゴールドカードには家族特約がついていないクレジットカード」なので、海外旅行に行くときには、配偶者や子供の補償を考える必要があります。

イオンゴールドカードに家族特約はついていないものの、家族カードを作ることができます。家族カードを持っている人は、本会員と同じ補償額の海外旅行保険が適用されますので、配偶者や18歳以上の子供でああれば、家族カードを作るのがおすすめです。

イオンゴールドカードの家族カードは、3枚まで無料で作ることができ、年会費もかかりません。家族カードを作ると、ゴールドカードを持っている本会員と全く同じ補償を受けることができますので、家族カードを作ることをおすすめします。

高校生以下の子供で家族カードを作るのが難しい場合は、別途海外旅行保険に加入してから海外旅行に行きましょう。特に小さな子供は体調を壊しやすく、重症化しやすいので、しっかりとした補償がついた海外旅行保険に加入していくようにしましょう。



イオンゴールドカードの海外旅行保険はキャッシュレス診療

イオンゴールドカードの海外旅行保険はキャッシュレス診療に対応しています。キャッシュレス診療とは、

・保険会社が病院に直接治療費を支払ってくれる仕組み

で、一旦診療費を立て替える必要がないのがメリットです。

海外での診療費は高額なため、キャッシュレス診療でない場合は、一旦百万円以上の治療費を立て替えなければならないような場合も出てきます。ゴールドカードの限度額が200万だった場合、250万の診療費を立て替えることができるかなど、不安な要素も出てきます。

しかし、キャッシュレス診療に対応している場合は、病院での会計時に何も立て替える必要がなく、病院と保険会社で直接やり取りをしてくれるので、ストレスフリーで心配なく海外旅行を続けることができるのが魅力です。

キャッシュレス診療を行いたい場合は、まずはカード会社に連絡して、最寄りの提携病院を紹介してもらいましょう。キャッシュレス診療では、提携病院での診療が必須となっていますので、自分で病院を選ばないことが大切です。

もしも海外旅行中に具合が悪くなったりケガをしたときは、カード会社から紹介された病院で診察を受けるようにしましょう。

もしも提携病院以外で診察を受けた場合であっても、一旦診療費を立て替える必要はあるものの、帰国後に手続きをすればきちんと補償され、診察料が戻ってきますので安心してください。



イオンカードゴールドの海外旅行保険の海外での連絡先は?

海外で事故にあったり体調が悪くなった場合は、まずは「AD海外あんしんダイヤル」に電話をしましょう。このダイヤルでは、現地の病院の紹介のほかに

・病院への移送
・医師の往診手配
・医薬品の緊急手配
・本国(日本)への移送
・救援者の渡航や宿泊の手配

も行ってくれます。24時間年中無休で、無料で受け付けてくれますので安心です。

電話をしたときには、イオンゴールドカード会員であること、日本を出国する前にカードでツアー代金もしくは公共交通機関の運賃を決済したことを伝えるようにします。

主な渡航先の電話番号はこのようになっています。海外旅行に行くときには、渡航先のADあんしんダイヤルの番号を調べて、すぐに電話ができるようにメモしていくようにしましょう。

アメリカ本土・グアム・サイパン・ハワイ
1-877-469-8818
シンガポール
800-80-2351
中国北部
10800-813-2779
中国南部
10800-481-2962

 

保険内容に関する問い合わせは、「イオン保険サービスコールセンター/0120-501-723(受付時間は9:00~18:00)」で聞くことができます。



イオンゴールドカードの海外旅行保険の請求方法は?

イオンゴールドカードの海外旅行保険の請求は、事故や病気、盗難などが発生してから「30日以内」に行う必要があります。

まずは「あいおいニッセイ同和損害保険事故受付デスク(0120-15-2524・24時間365日受付)」へ電話をし、報告を行います。その後、オペレーターの指示に従って請求手続きを行うようにします。

例えばケガや病気の治療費請求の際には、

・医師の診断書
・治療費の明細書および領収書
・事故証明書

など、現地でしか入手できない書類も必要となってきます。

事故や病気、盗難など、保険金の請求が発生する場合は、まず現地からADあんしんダイヤルに電話をして、必要な書類は何かをいうことを確認しておくと安心です。



イオンゴールドカードの海外旅行保険の手続きに必要な書類は?

イオンゴールドカードの海外旅行保険は、あいおいニッセイ同和損害保険に保険金請求の手続きをする必要があります。

必要な書類は保険金の種類によって変わりますが、一番多く使われる「傷害や疾病の治療費用」と「携行品損害保険金」に必要な書類を紹介します。

傷害や疾病の治療費用保険金に必要な書類

・パスポートのコピー
・保険金請求書(あいおい所定用紙)
・医師の診断書
・治療費の明細書および領収書
・事故証明書
・支出を証明する書類(場合による)
・委任状(あいおい所定用紙)
・被保険者の印鑑証明
・同意書(あいおい所定用紙)
・カード売上票(カード利用控え)

携行品損害保険金

・パスポートのコピー
・保険金請求書(あいおい所定用紙)
・事故証明書
・損害額(修理額等)を証明する書類
・損害品明細書
・損害額を証明する書類
・委任状(あいおい所定用紙)
・同意書(あいおい所定用紙)
・カード売上票

場合によっては必要書類が増えることもありますので、保険金請求の際にはもう一度確認するようにしてください。



まとめ

イオンゴールドカードは年会費が無料で、一般的なゴールドカードと同等の補償を受けられる貴重なカードです。イオンゴールドカードを作るには、通常のイオンカードで年間100万以上の利用が必要ですが、一度カードを持つと次年度からは利用額が低くても格下げされることなく、永年年会費無料でゴールドカードを持ち続けることができます。ゴールドカードのサービスを無料で受けたいという人は、一年だけカード利用をイオンカードに集めて基準をクリアし、ゴールドカードを取得することをおすすめします。