mineoは海外旅行先でも通話できる!国際ローミングが利用できるmineoのプランを紹介

mineoは海外旅行に行ったときにデータ通信をすることはできませんが、国際ローミングサービスを使って通話とSMSをすることができます。しかし、ソフトバンクプランはデータ通信も通話もできないので注意が必要です。ここでは、mineo利用者が海外で通話をするための仕組みや方法について解説していきます。

mineoのドコモとauプランは海外でも通話できる!

mineoは安い料金と使い勝手の良さが人気の格安スマホサービスです。このmineoは海外で日本にいるときと同じように電話ができるのかどうか、気になりますね。電話が使えれば「無事に着いた」という連絡もできますし、別行動している同行者との連絡もスムーズにできますので、海外旅行に行くときには「通話できる状態のスマホを海外に持っていきたい」と考える人も多いのではないでしょうか。

海外で電話をする場合「国際ローミング」というサービスを利用できるかどうかで、通話可能かどうかが変わってきます。国際ローミングとは、日本の電波が届かないところで通話や通信をしたいときに「現地の携帯電話会社の電波を借りる」ことをいい、現地の携帯会社の電波に対応している機種であれば、通話料金は割高ではありますが電波を借りて電話をすることができるのです。

mineoには「ドコモプラン」と「auプラン」「ソフトバンクプラン」の3つのプランがありますがドコモプランとauプランは国際ローミングサービスが利用できるので、日本への通話やSMSが可能です。

ソフトバンクプランの人は、海外では「データ通信」「通話」「SMS」のすべてができないということになってしまいますが、海外フリーWi-Fiをレンタルすれば、「LINE」や「Skype」を使えるようになるので、これらのアプリで通話をすることができるようになります。このように、ソフトバンクプランの人が海外で通話をしたい場合は、出発前にWi-Fiのレンタル手続きが必要となっています。



mineoのドコモプラン利用者が海外で通話する方法

mineoのドコモプランを利用している人が海外で通話できるようにするには、

・利用している携帯端末が、渡航先の国に対応しているか

を確認する必要があります。

mineoで海外で通話するためには「海外へ行く」という申請を出したり、国際ローミングの事前申し込みなどの特別な手続きは必要ありません。

しかし、利用している機種が渡航先の国に対応しているかの確認は必要となっています。

きちんと確認せずに海外に出発してしまうと「現地で使えなかった」ということになりますので注意しましょう。

自分が利用している携帯の機種が、海外旅行先に対応しているかどうかは、ドコモの公式HPで簡単に調べることができます。

「アメリカ本土」「タイ」「フランス」など、渡航先の国を入力すると、対応している機種が表示される仕組みです。



mineoのドコモプランにおける海外通話料金

mineoのドコモプラン利用者が海外で通話をする場合は、このような通話料金となっています。

現地のホテルやレストランなどにかける場合は「滞在国内」ですが、同行者と電話する場合は日本の携帯端末にかけていることになるので「日本向け」となります。日本への通話や、その他の国向けの通話は高くなっていますので注意しましょう。通話料金もドコモの公式HPで調べることができます。

・海外における通話料金(発信)

 滞在国内日本向けその他国向け
フランス80円180円280円
アメリカ125円140円265円
台湾75円175円265円
韓国50円125円265円
中国75円175円265円
フィリピン75円175円265円

・国際SMSは受信無料、発信は1つにつき100円

海外での通話は主要国だけではなく、エジプトやモロッコ、チリ、ペルーなど様々な国から可能となっていますが、1分280円など、かなり高い通話料金となっていますので、通話料金を気にしながら電話をかけることをおすすめします。

mineoのauプラン利用者が海外で通話する方法

mineoのau利用者が海外で通話する場合、ドコモプランと違って出発前に「ローミングエリア情報の更新」という簡単な操作が必要です。

まず、日本にいる間に「※5050」に発信します、すると「auICデータの更新が完了しました」という表示が画面に出ますので、「了解」をタップします。そして一度電源を切って再起動すると準備はOKです。

このローミングエリア情報の更新に加えて、ドコモプランと同じように、使用機種が渡航国に対応しているかどうかも確認する必要があります。auの「au世界サービス」の公式ページにアクセスし、自分の端末を調べてみてOKが出たら大丈夫です。対応機種であれば海外でも通話することができます。

また、国際SMSの利用料は1通につき100円となっており、こちらもドコモと同じです。通話料金は以下のようになっており、ドコモプランとほとんど同じですが、auプランの方が少しだけ安くなっています。

 滞在国内日本向けその他国向け
フランス80円180円280円
アメリカ120円140円210円
台湾70円175円265円
韓国50円125円265円
中国70円175円265円
フィリピン75円175円265円



mineoのドコモ・auプランで海外通話する操作方法

mineoを使って海外電話をする場合の操作方法は簡単で、一般的に国際電話をかけるやり方と同じになっています。

① 最初に国番号をタップする。日本にかける場合は、最初に日本の国番号である「81」から始める
② 次に自宅もしくはスマホの番号から、最初の0をとった番号を入力する

例えば、日本の「090-1234-5678」に電話をする場合は、819012345678で電話をすると通話できます。固定電話の「011-234-567」に電話する場合は「8111234567」をタップすることで通話をすることが可能です。

一緒に海外旅行に行っていて、別行動している友達に電話をしたいときには、日本の番号「81」を最初につけて電話します。

たとえば二人ともアメリカ国内にいた場合、アメリカの国番号の「1」をつけて電話するのではないかと考えてしまいがちなのですが、現在滞在している国ではなく、日本の番号をつけます。かけられたその電話は、一旦日本で受信され、その後転送されてアメリカにいる本人の電話が鳴る、という仕組みになっています。

それ以外の通話、例えばアメリカのレストランに予約の電話をしたいという時には、最初にアメリカ国番号の「1」をつけた電話番号になります。海外旅行に行くときは、渡航先の国の番号を覚えてから行くと良いでしょう。

・国番号の例

アメリカ1
アルゼンチン54
イギリス44
インド91
韓国82
スペイン34



mineo利用者が海外でデータ通信をしたい場合は

mineoのドコモプラン・auプラン利用者は海外でSMSと通話をすることができますが、データ通信はすることができません。海外で日本と同じようにLINEを使ったり、行きたいお店までの道順などを調べたい場合は、海外でデータ通信ができるように海外Wi-Fiを利用するようにしましょう。

海外Wi-Fiレンタルは、「渡航する国」「データ容量」「旅行日数」によって価格が決まる仕組みになっており、人気がある海外Wi-Fiは「グローバルWi-Fi」「イモトのWi-Fi」「Wi-Ho!」などがあります。

例えば、タイへの5日間の旅行で海外Wi-Fiのレンタルをする場合を調べてみると、グローバルWi-Fiの「1日300MBのタイ通常プラン」で一日60円、Wi-Hoの「タイWi-Ho!4G通常プラン」で一日198円などとなっており、かなり安い価格で海外Wi-Fiをレンタルできるようになっています。

海外Wi-Fiをレンタルするときには、毎日使わなくても旅行日数分の契約をする必要があります。レンタルWi-Fiは空港で受け取る仕組みになっており、直前の申し込みでも間に合いますので、海外でデータ通信をしたいという人は、海外Wi-Fiのレンタルを検討すると良いでしょう。



まとめ

mineoを利用している人は、ドコモプランやauプランでは海外で通話ができますが、ソフトバンクプランでは通話ができません。また、データ通信は3つのプランすべてでできないこととなっていますので、日本と同じようにスマホを使いたい人は、海外Wi-Fiをレンタルしてから海外旅行に行くようにしましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/