mineoは海外で国際ローミングを利用可能!海外での利用方法を解説

mineo (マイネオ)は、大手携帯会社に比べて利用料金を半額以下に抑えることができるのでとても人気の格安スマホのサービスです。また、海外に行ったときにも対応エリアであればローミングサービスを利用することができ、通話やSMSを使うことができますので便利です。

ただ、mineoの場合、ドコモプランとauプランでは海外のローミングサービスを利用することができますが、ソフトバンクのmineoでは利用できませんので、スマホを使いたい人は対策をしていく必要があります。ここではmineoのプラン別に、海外での利用方法について解説していきます。

mineoはドコモとauで海外ローミングが利用できる

mineoは人気が高い格安スマホで、格安SIMの中では満足度1位を獲得するなど、高く評価されていて人気があります。mineoの利用者は年々増えていて、それに従ってmineo を持って海外に行く人も増加しており、「海外でmineoを使うことができるのか」「海外では大手携帯会社と同じような海外パック料金があるのか」を知りたいという人も多いでしょう。

結論としては、「ドコモプラン」と「auプラン」のmineo は大手携帯会社と同じように、国際ローミングに対応しており、海外で「通話」と「SMS」をすることができますが、データ通信はできません。

しかし、ソフトバンクプランは「通話」「SMS」のどちらもできないので注意が必要です。

ドコモやau、ソフトバンクと契約していて、海外でスマホを利用する場合は、海外でもデータ通信がし放題の「海外パケ放題(ドコモ)」や「海外パケットし放題・アメリカ放題(ソフトバンク)」、日本で利用しているデータ通信料を海外でも利用できる「世界データ定額アプリ(au)」など、海外でも日本と同じようにネットを使える仕組みが充実しています。

しかし、ドコモやauのmineoは通話やSMSはできるものの、データ通信はできないということがデメリットになっています。



海外で携帯を利用できる国際ローミングの仕組みとは?

国際ローミングとは、自分が契約している携帯電話会社の電波が届かないような海外で、「現地の携帯会社の電波を利用させてもらって通話やデータ通信をする」仕組みです。

mineoの場合は、国際ローミングに対応した機種であれば、日本にいるときと同じように電話をすることができます。

ただし、持っているスマホ機種が国際ローミングに対応しているだけでなく「渡航先の国に対応しているか」の確認も重要となっていますので、海外旅行に出発する前に、海外で利用できる機種かどうかをしっかりと確認していきましょう。

持っている機種が渡航先に対応しているかということは、ドコモやauの公式ページで確認できるのですが、それは携帯会社が販売している機種に限られます。

しかし、ドコモやauが販売している端末でなく、SIMフリー端末を使用している場合は、自分で保有している機種の「対応周波数」を調べ、渡航先の通信会社の周波数を確認し、使えるかどうかを確認する必要があります。SIMフリー端末の場合は多少手間がかかりますが、出発前に必ず確認するようにしましょう。

mineoの海外ローミングでの通話は高額なので注意

mineoに限らずどの格安スマホや大手契約会社にもいえることですが、海外旅行に行ったときに海外ローミングで通話を行うと、非常に高い料金を請求されます。日本では通話のパック料金であったり、格安料金が設定されていますが、海外ではそのような安いプランは適用されないため、通話時間が1分ごとに細かく料金が定められています。

例えば、ドコモプランのmineoでXperiaの機種を使用している場合を考えてみましょう。

アメリカにおける利用では、

・アメリカ国内同士で1分125円
・アメリカから日本に向けた電話は1分140円
・アメリカから他国への電話は1分265円
・日本を含む海外からの着信は1分175円

となっています。この料金設定では、10分ほど通話しただけで1000円以上かかってしまいます。日本からの電話を着信した場合は、より高い料金がかかってきますので注意が必要です。

また、SMSの受信は無料ですが、発信は1通につき100円かかります。このように非常に高額な料金設定となっていますので、海外で頻繁に電話を利用してしまうと、帰国後に驚くような額の請求が来てしまうことがあります。携帯を使うときは「本当に必要な通話かどうか」をしっかりと考えて使うようにしましょう。

mineoのauプランで海外ローミングをする方法

mineoのauプランを利用している場合、特別な事前設定をしなければならないので、出発前に忘れずに行う必要があります。

auプランで海外でローミングサービスを利用するときには

・ローミングエリア情報の更新

が必要です。

手順はとても簡単で、海外へ出発するまえに※5050へ発信するだけです。「au Iカードのデータ更新が完了しました」という表示がでたら「了解」をタップし、携帯端末の再起動を行えば完了です。



mineoのドコモプランで海外ローミングをする方法

mineoのドコモプランを利用している場合は、特に事前に行う手続きは必要なく、携帯を持っていくだけで海外で電話をかけることができます。ただし、持っている携帯端末が渡航先に対応しているかの確認は必要ですので、それだけは忘れずに確認するようにしましょう。



海外でmineoを使って電話をかける方法

mineo から電話をかける場合は、

・国番号+電話番号の最初の0をとった番号

を使います。

例えば、日本のスマホ「090-1111-1111」に電話を掛けたい場合は、日本の国番号の「81」を最初に加えて0を除き、「819011111111」で電話をかけることができます。

海外旅行は友人や家族と行く人も多いですが、海外渡航先で同行者に電話したい場合はどうすれば良いのでしょうか。

例えば友人とアメリカに旅行に行き、別行動しているときに電話をかけることを考えてみましょう。このとき、二人ともアメリカにいることになりますが、電話をするときはアメリカの国番号「1」ではなく、日本の番号「81」を使って電話をします。かけ方は、先ほどと同様に81を加えて0を除いた相手の携帯番号に電話をすればOKです。

その電話は一旦日本にきたあと、日本からアメリカへ転送される仕組みになっています。

同行者に電話をしたい場合は渡航先に関わらず、日本の番号の「81」をつけて電話をするということを覚えておきましょう。



mineoのソフトバンクプランでは海外ローミングを利用できない

mineoのソフトバンクプランは、ドコモとauのプランの後、最後に登場したのですが、海外ローミングを利用することができず、通話もデータ通信も一切不可能となっています。

mineoでは、ドコモプランもしくはauプランであれば、データ通信はできないものの、「通話」と「SMS」は可能です。しかし、ソフトバンクプランの場合は「通話」と「SMS」「データ通信」のすべてが利用できないので、海外にいても何らかの連絡手段を確保しておきたい場合は、対策をする必要があります。



mineoではデータ通信ができないので海外Wi-Fiのレンタルがおすすめ

mineoでは、すべてのプランで海外におけるデータ通信ができません。海外旅行中に色々な調べものをしたり、日本にいる友人とLINEで連絡を取ったり、旅行中の写真をSNSにアップするといったことが一切できないのがデメリットです。

mineo 利用者が海外で快適にスマホを使うためには、海外用Wi-Fiのレンタルが一番おすすめです。海外Wi-fiを使ってネット環境を確保しておけば、高い通話をしなくても、LINEのメッセージ交換やLINE電話を利用することができます。

海外では目的地までの道順を調べたり、食事をするお店を調べたりとスマホがとても役に立ちます。海外Wi-Fiをレンタルして持ち歩けば、日本にいる時と同じようにスマホを活用することができますのでおすすめです。

海外Wi-Fiレンタルは様々な種類があり、人気があるものは

① フォートラベル グローバルWi-Fi
② グローバルWi-Fi
③ グローバルデータ イモトのWi-Fi
④ テレコムスクエア Wi-Ho!

となっています。それぞれの海外Wi-Fiレンタルでは、国や3G、4Gごとに細かく料金設定がされていますので、海外旅行先が決まったら、その国で利用できる一番安いものを選ぶことをおすすめします。



まとめ

mineoのドコモプランとauプランでは海外ローミングサービスを利用でき、「通話」と「SMS」が利用できますが、ソフトバンクプランでは一切利用できないので注意が必要です。

しかし海外Wi-Fiレンタルをするとどのプランでも日本と同じようにmineoを利用することができ、海外での滞在がより充実したものになります。mineoユーザーで海外旅行を考えている人は、海外Wi-Fiの利用も検討してみると良いですね。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/