海外旅行に免許証を持って行くメリットは?海外で運転するためには?

海外に行ったら色々な経験をしたくなりますよね。その中でも海外に行って運転をしてみたいと思う人はとても多いと思います。
ですが、海外で運転するには日本の免許証だけで運転はできません。海外で運転するためには何が必要なのでしょうか。そして海外に免許証を持って行くメリットはどんなものがあるのでしょうか。

海外旅行に免許証を持って行くメリット

海外旅行には免許証を持って行くことをオススメします。
免許証を持って行くと、身分証明書として利用することができます。ですが、それ以上に大きなメリットとなるのが、パスポートを紛失してしまった時です。

もし海外でパスポートを紛失してしまった場合、新しいパスポートを発行してもらうか、帰国のために必要な渡航書を発行してもらわないと帰国することができません。渡航書を発行してもらう時に身分証明書が必要になります。その時に免許証を持っていると、身分証明書となるので、渡航書を発行してもらうことができます。

免許証を持って行っておらず身分証明書が無い場合、日本にいる家族などから戸籍謄本を取得してもらい、現地まで郵送してもらわなければなりません。そうなると元々の帰国予定に間に合わなくなることがほとんどだと思います。そうなると、新たにチケットを購入したり、ホテルを予約したり余計な出費がかかってしまいます。そうならないためにも、免許証は持って行くようにしましょう!



海外旅行先で日本の免許証で運転はできるの?

海外で運転するという経験は人生で一度は経験したいことだと思います。ですが、海外旅行先で運転するためには日本の免許証だけでは運転することができません。海外で運転する場合には、日本の免許証と国際免許証が必要になります。

もし国際免許証がなければ、レンタカーの予約はできても、当日現地でレンタカーを借りることができません。なので、海外で運転することが決まったら国際免許証を発行してもらいましょう。



海外旅行先で運転する時に必要な国際免許証の取得方法

海外で運転する時に必要な国際免許証を取得するにはどうすればいいのでしょうか。

申請先

国際免許証を発行してもらうためには、運転免許センター・運転免許試験場・警察署の運転免許課に行き、申請をします。基本的には平日のみの受付となります。

警察署の運転免許課に申請した場合は、申請してから1週間〜2週間ほど発行までかかりますが、運転免許センターや運転免許試験場に申請すると即日発行してもらえます。基本的に午前中に申請すると、その日の午後には確実に受け取ることができます。
なので、運転免許センターか運転免許試験場に申請することをオススメします。

基本的には本人が申請しますが、本人が海外に渡航済みの場合に限り、代理人申請が可能になります。その場合には、本人との関係を明らかにできる場合、親族の他に友人や会社関係者なども申請することができます。

申請するのに必要なものは

国際免許証を申請するときに、必要な物があります。まず必要なのが日本の免許証です。日本の免許証が無いと、運転する資格がないので確実に必要な物です。

そして、パスポートや飛行機のチケットも申請時に必要になります。国際免許証は基本的に海外に行く人にしか発行してもらえません。なので、申請をする時はパスポートもしくは飛行機のチケットなど渡航を証明できる物を持って行きましょう。

そして、最後に必要なのが証明写真です。証明写真は日本の免許証の発行の時と同じように、国際免許証にも貼られるので必ず必要になります。ただ、サイズは日本の免許証の写真と違い、縦5cm横4cmのサイズになります。

また、全員ではありませんが過去に国際免許証を発行してもらったことがある方は、古い国際免許証を返納しないといけないので、必ず持って行きましょう。

国際免許証の費用と有効期限は

国際免許証を発行するのにかかる費用は2,350円です。そして有効期限は1年間となっています。
国際免許証はパスポート代わりに身分証明書としても利用することができます。費用もそこまで高いものでは無いので、運転する予定がなくても発行しておいても良いでしょう。

国際免許証を持っておくメリット

国際免許証を持っておくと、身分証明書として使えるメリットがあります。海外に行くと、年齢確認のために身分証明書の提示を求められることがあります。その時にパスポートの代わりに国際免許証を使うことができます。

日本の免許証の場合、生年月日を西暦で書いていないので、海外では年齢確認の時に使うことができません。なので、どうしてもパスポートを持ち歩くのが怖い方などは、運転する予定がなくても国際免許証を持っておくと良いでしょう。



日本の免許証だけで運転できる海外旅行先は

基本的に海外では国際免許証が無いと運転することができませんが、日本の免許証だけでも運転することができる地域もあります。

アメリカ(ハワイ・グアム・サイパン・カリフォルニア州)

その中でも一番有名なのが、ハワイです。ハワイ州では入国後1年以内であれば、日本の免許証のみで運転することができます。ただし、運転する場合は入国してから1年以内ということを証明するためにパスポートを携帯しなければなりません。

また、同じアメリカのグアムやサイパン、カリフォルニア州でも日本の免許証だけで運転することができます。グアムとサイパンの場合は入国してから30日以内であれば、カルフォルニア州は基本的に日本の免許があれば問題なく運転することができます。

ただ、現地の警察にはこのルールを知らない場合などもあります。そんな警察官に当たってしまうと無免許運転と判断されてしまいます。
また日本の免許証の場合、全て日本語で書かれているため理解してもらえないこともあります。なので、できれば国際免許証を取得して行くことをオススメします。

台湾

日本人は中国では運転することはできませんが、台湾の場合運転することができます。
台湾で運転する場合は、日本の免許証と中国語の認証翻訳が必要です。これを所持していれば1年間は台湾で運転をすることができます。

スイス

スイスも日本の免許証で運転することができます。スイスも台湾と同様に日本の免許証の他に、スイス語の認証翻訳が必要になります。有効期限は1年です。
スイスの場合は承認翻訳の代わりに国際免許証でも運転することができます。

ドイツ

ドイツでも日本の免許証と、ドイツ語の認証翻訳があると運転することができます。ドイツもスイスと同じように国際免許証でも運転することができます。
ドイツの場合は有効期限が6ヶ月以内になります。

台湾以外の国では、国際免許証でも運転することができます。認証翻訳を取得し、携帯しないといけないことを考えると、国際免許証の方が楽かなと思います。



海外旅行に行く時には免許証は必須

海外旅行に免許証を持って行くと、運転することができるだけではなく、パスポートを無くした時に身分証明書としてとても役に立ちます。荷物になるようなものでは無いので、ぜひ海外旅行には免許証は持って行くようにしましょう。
そして、海外で運転する場合は国際免許証を持って行くようにしましょう!

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。