アメリカの治安は良い?悪い?治安の悪い場所なども詳しく紹介

アメリカの治安って良い?悪い?

海外旅行の定番の国と言えば、真っ先に思いつくのがアメリカだと思います。現在も多くの旅行客に人気の国です。

アメリカと言えば銃社会というイメージがあり、治安に不安を抱えている人も多いと思います。実際どれくらいの治安なのか、本当に治安は悪いのか、どこの都市の治安が良いのかなど疑問は様々あると思います。
なので、今回はアメリカの治安は実際どうなのか見ていきます。



アメリカが治安が悪い理由

実際アメリカは日本に比べたら治安が悪い国です。
アメリカが治安の悪い理由で一番の理由としてあげられるのは、銃社会であることです。
アメリカでは個人での銃の所持が認められており、世界一銃が出回っている国です。そのため、発砲事件や銃を使った強盗が起こりやすいため、治安が悪くなっています。
銃の所持に関してはアメリカ国内でも議題にあげられるくらい深刻な問題になっています。

アメリカは州ごとの治安の差がある!

アメリカはとても大きく、州ごとに治安の差があります。一番治安の良い州と一番治安の悪い州を比べると犯罪率に雲泥の差があります。
有名都市でも治安の悪い都市もあるので、事前にその都市の治安を調べることをオススメします。



日本人に人気のある都市の治安は?

多くの日本人が訪れるアメリカの都市の治安はどうなのでしょうか。今回はアメリカ本土の人気都市を見ていきます。

ニューヨーク

日本人のみならず、多くの観光客に人気の都市・ニューヨークですが、ニューヨークはアメリカの中では1番治安の良い都市と言われています。
常に観光客で溢れており、警察官なども常に警備にあたっているためアメリカの中では治安が良い街です。

ニューヨークでは観光客が多い分、スリやひったくりのような軽犯罪が多く、観光客が狙われるような事件が発生しています。いくら治安が良いといわれているニュ―ヨークと言えども日本よりは治安は悪いので、特に夜は注意をする必要があります。

ニューヨークの中でもブルックリンやマンハッタンでは危険エリアもあるので、事前に調べておくことをオススメします。

ニューヨークに旅行に行く際にホテル代を抑えようと思い、安いホテルを予約する場合があると思うのですが、その大半が隣街にあたるニュージャージーになるのですが、ニュージャージ―はニューヨークに比べ治安が一気に悪くなってしまい、夜は人気がなくなり、雰囲気が一気に悪くなってしまいます。なので、ニューヨークを訪れる際にはホテルの場所などには注意してください。

ロサンゼルス

西海岸の大人気都市・ロサンゼルスはアメリカの中でも治安の悪い都市と言うイメージがある方も多いと思いますが、実際にはアメリカの中でもトップ10に入る治安の良い都市なのです。

以前まではロサンゼルスのダウンタウンは治安が悪く、観光客が訪れるには危険な地域でしたが、今ではダウンタウンの治安も改善され治安が改善されています。

ロサンゼルスの代表的観光地であるハリウッドはロサンゼルスの中では治安が悪い方に入ってしまいます。
その理由としては、やはり観光客が多い分、観光客を狙った軽犯罪が多いからです。スリや置き引きなども多いです。

軽犯罪にも注意しないといけませんが、それ以上に注意しないといけないのが、ハリウッドスターなどに変装した人がたくさんおり「一緒に写真を撮ろう」などと声をかけてくるのですが、写真を撮ってしまうと超高額チップを求められてしまいます。他にも自作のCDといい渡してきて、チップを求めてくる人達もいます。一度受け取ってしまうと返そうとしても、受け取ってもらえず無理やりチップを払わせようとしてくるので、そのような人たちに注意が必要です。

その他の観光地は基本的には安全で、人気の高いサンタモニカビーチなどはとても安全です。

ただ、まだロサンゼルスには治安が悪く、近寄ってはいけないエリアがあります。特にスキッド・ロウと呼ばれるエリアはダウンタウンの中心にあり、リトル東京の近くにあります。
このスキッド・ロウはアメリカトップレベルの治安の悪さを誇る場所なので、間違っても近づかないように事前に場所を確認しておいた方が良いでしょう。



ラスベガス

ラスベガスは日本人のみならず、アメリカ人に人気が高い観光地の1つです。カジノあり、ショーありとまさに眠らない街と言える都市です。

ラスベガスはアメリカの中では比較的治安の良い都市です。
観光名所やホテルはセキュリティーがしっかりしているため危ない目に合うことはほとんどありません。ベラージオなどのホテルが立ち並んでいるストリップ通りも常に警察官がパトロールをしているため安全です。日中はもちろんのこと、暗くなってからもこのような場所は比較的安全です。

そんなラスベガスにも治安の悪い地域は存在しています。
まず挙げられるのがダウンタウン周辺です。ダウンタウンはフリーモント・ストリートという人気観光地周辺にあるのですが、ダウンタウンは昼夜問わず危険な雰囲気が漂っており、治安が悪いです。

実際に訪れるとダウンタウン周辺は窓が割れている建物があったり、壁への落書きなども多く、雰囲気から治安の悪さを感じ取ることができると思います。

基本的にセキュリティーがしっかりしており、安全なラスベガスではありますが、アメリカという事に変わりはなく、ほぼ毎日スリなどの軽犯罪は起こっており、日本人が被害にあうことも多いらしいです。2017年には史上最悪とも言われている銃乱射事件なども起こっています。
比較的安全な街だからといって気を抜かず、最低限の警戒はしておくようにしましょう。

アメリカの治安の悪い場所の見分け方

アメリカにはどの都市にも治安が悪い地域があります。ですが、その多くは雰囲気が周りと違い、治安の悪さを感じ取ることができます。それを見分けるには主に3つのポイントがあります。

道路が汚い

治安の悪いエリアは道路にゴミが散らばっています。ホームレスが多かったり治安が悪い地域はそのゴミが清掃されずにそのままになっていることが多いので、道路にゴミが多い地域は要注意です。

ドアや窓に鉄格子がついている

ドアや窓に鉄格子がついている家が多いエリアも治安の悪いエリアが多いです。その理由として、外から強盗などが入ってくる可能性があるから、各家庭がつけているのです。なので、鉄格子がついている家が多いエリアは強盗などが多い可能性があるので、避けたほうが良いでしょう。

ホームレスが多い

どうしても治安の悪い地域にはホームレスが多く住み着いてしまいます。ホームレスが多いと、窃盗が多かったり麻薬依存症の人が多かったりするので、犯罪に巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。なので、ホームレスが多いエリアには近づかないようにしましょう。



まとめ

アメリカは日本よりも治安は悪い国です。ですが、思っている以上に治安が良いエリアが多いです。
事前にその都市の危険な場所や、起こりやすい犯罪を下調べしておくことで、犯罪に巻き込まれるリスクを減らすことができます。
常に日本よりも周りに注意を払い、行動し、楽しく安全にアメリカを楽しみましょう!

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。