海外一人旅をする際に必要な持ち物10選

海外旅行の持ち物の準備については多くのガイドブックや旅行系のホームページで紹介されていますが、マニュアル通りの持ち物が書かれていることが多いです。

今回は一人旅ならではの持ち物などもご紹介いたします。

とはいえ、海外旅行のスタイルや個人の趣味、目的、こだわりなどによって準備するべき必需品も変わってきますので、必要に応じて調整してくださいね。

海外一人旅に必要な持ち物①:パスポート

何はともあれ必要なのは「パスポート」

海外旅行の必需品であるパスポートは忘れないようにしましょう。

コピーを取っておくこと、更新しておくことも忘れずに。

パスポートケースとは別に保管しましょう。

海外一人旅に必要な持ち物②:クレジットカード

支払いのメインになる「クレジットカード」

海外ではVISA、Mastercardが一般的です。

JCBは対応していない場合があるので、どちらか準備したほうが安全です。

また、健康な方なら海外旅行保険はクレジットカード付帯のものでいいでしょう。

海外では特に医療費がかかるので、何かあった時のために加入はしておきましょう。

また、空港ー自宅往復分の交通費などは現金を用意しましょう。

旅行先の通貨が、空港の銀行窓口で両替できない場合もありますので!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

海外一人旅に必要な持ち物③:ポケットWi-Fi

タブレット使うときの必需品「ポケットWi-fi」

旅行先でインターネットを使いたい方は準備しておくと大変便利です。

近年、タブレット端末が大変薄くて軽いため、海外旅行にも気軽に持ち運びができるようになりました。

ちなみに、ポケットWi-fiのレンタルは空港でも契約ができます。

インターネットさえ接続できれば旅先から、次ぎに行くレストランを調べたり、ホテルの場所を調べたりすることができます。

言葉に不安がある海外旅行では、ナビゲーションができるという時点で、これほど心強いものは無いのではないでしょうか。

オンラインで辞書を使用し、駅の表示や券売機でわからない単語があったときに大活躍します。

また、LINEやSkypeもっ利用可能になるので、通話なども可能になります。

さらに、Wi-fi環境があれば内蔵カメラで撮った写真をリアルタイムでSNS(Facebookなど)にアップすることができます。

海外に一人旅される場合は、家族や友達にとって安否確認になるのでいいですよね。

  1. スマホで地図を見ながら移動する。
  2. 調べ物をする。
  3. SNSに写真をアップする

でこれらをするなら、(移動しながら)通信ができるようにする必要があります。

日本の携帯をそのまま使うとえげつない請求がくるので絶対にやめましょう。

旅行が1人長期旅であれば、現地のSIMを契約、2人以上のであればポケットWi-Fiをレンタルするのが基本最安になります。

であればポケットWi-Fiは複数人使えて1,000円/日程度しか費用がかからないので旅行に慣れている人はポケットWi-Fiをレンタルしています。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

海外一人旅に必要な持ち物④:変換プラグ

海外で困らないように「変換プラグ」

海外ではコンセントのタイプが異なる場合があります。

スマートフォンやカメラの充電をしようと充電器を持って行ったのに、規格が違うと使い物になりません。

なので、全タイプに対応した変換プラグはひとつあると便利です。

また、電圧も異なることがあるので、旅先で使う電化製品などの電圧を事前にチェックしておきましょう。

ただ、わざわざ購入しなくても、ホテルで貸してくれるところもあります。

行く前に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

また、寒い国に行ったりすると電化製品のバッテリーの減りが早くなりますので、モバイルバッテリーを持って行ってもいいと思います。

海外一人旅に必要な持ち物⑤:貴重品入れ

一人旅での必需品「貴重品入れ」

一人旅などで、自分で荷物を持って移動する場合などどうしてもスキができやすくなります。

また、ある程度のいいホテルでなければセーフティーボックスは部屋に置いていないのが普通なので、本当に信用のできるホテルでなければ、貴重品をレセプションに預けるのも信用できないですね。

海外の個人旅行では貴重品はすべて身に着けるのが基本です。

首掛けタイプのものがいちばんオーソドックスで使いやすいと思います。

腹巻タイプなどもありますが、服を脱がないと取り出せないのでお店などで貴重品を出すことになったときに不便です。

そこに一緒に入れてもいいのが緊急連絡先の控えです。

特にクレジットカードの連絡先と、海外旅行保険のきんきゅうれ緊急連絡先は必ずメモしておきましょう。

盗難などに会った際に、すぐに連絡できないと困ったことになってしまいます。

海外でも問題が起こった際に、これらの情報がないと非常に困るばかりか問題が拡大する恐れもあるので、きちんと準備しましょう。

いずれも複数枚、本体とは別に分散所持しましょう。

防水対策もしれおくと無難です。

海外一人旅に必要な持ち物⑥:常備薬・殺菌ジェル

非常時のために準備「常備薬・殺菌ジェル」

風邪薬、頭痛薬、胃薬は海外旅行では必ず持参するようにしましょう。

海外でお腹を壊すといった話をよく聞くので「お腹の薬は?」と思った人もいると思いますが、発展途上国でお腹を壊した場合、一般的にバクテリアによる腹痛が多いため、正露丸などの薬は効きません。

そういうときは抗生物質が入った薬ではないと効かないので現地調達しましょう。

その他、機内で飲む薬や、飲まないと困る薬は必ず手荷物に入れ、機内には預けないようにしましょう。

荷物が紛失などした場合に、大変なことになってしまいます。

絆創膏も擦り傷や靴擦れに重宝します。

女性は普段よりも多めに生理用品を持参しておきましょう。

また、衛生環境が良くない国に行く場合など、消毒タイプのウェットティッシュや殺菌ジェルがお勧めです。

安い殺菌ジェルはエタノールの濃度が低いため、殺菌効果に期待が持てませんので、エタノール濃度が高いもの(80%前後)のものを選ぶようにしましょう。

容量60MLなど機内持ち込みができるサイズのものも売っていますので、そのようなものにすれば海外旅行には最適です。

食事前などに、ジェルを手に付けたり、ティッシュに付けてフォークやナイフを吹いてもいいでしょう。

ウェットティッシュは消毒だけではなく、食事の前や汗をふくのにも役立ちますよ!

海外一人旅に必要な持ち物⑦:バッグ・収納バッグ

TPOに分けて使い分け「バッグ・収納バッグ」

一人旅では特に荷物が多くなるので、トランクケースのほかにメインとしてバックパック、街歩き用にデイパック、収納するときの圧縮袋などがあると便利です。

バックパックの中身の多さを考えても、バックパック自体の重さを感がない人がけっこう多いものです。

しっかりした作りのバックパックではバックパックだけでも、相当な重量になってしまうものです。

旅先ではけっこう背負ったまま歩く機会が多いものなので、本体が軽いものを選ぶようにしましょう。

ただ、耐久性なども考慮にはいれましょう。

それ以外に、バックパックは宿において街歩きに出るときに必要なサブバックも持っていくようにしましょう。

圧縮袋は折りたたんだセーターなどが入る大きさがいいですね。

厚手のセーターなどがびっくりするほどペシャンコになるので、週能力が限られる旅行カバンの強い味方です。

また、デパートなどでもらえるビニール製の手提げバッグも持っていくと折りたたんで旅行カバンに入りますし、重宝します。

紙製は水にぬれたりすると困るのでビニール製のがいいですね。

軽くてかさばるものなどを入れると、機内持ち込みもOKなので、大変助かります。

海外一人旅に必要な持ち物⑧:目覚まし時計

設定できないことも多い【目覚まし時計】

ホテルでは部屋の電話機でモーニングコールを設定できることが多いですが、小規模なホテルなどではできないことも多いです。

一人旅の場合は起こしてくれる同行者もいないですし、バスや列車に乗り遅れを防ぐためにも持参したほうがいいでしょう。

時間を気にしないのんびりした旅なら、まだいいかもしれませんが、旅をしていれば移動で早起きをしなくちゃいけないということがきっとあります。

そんな時、目覚まし時計がなかったら不安ではないですか?

ただし、海外旅行といっても時計とアラーム機能さえあれば大丈夫ですので、できるだけ軽くてコンパクトなものを持参しましょう。

また、時計であるからには正確性が大事なので、信頼できるメーカーのものがいいでしょう。

もちろん、スマホのアラームでばっちり起きられるという人はスマホで問題ないです。

ひとつ注意したいのは電波時計の現地時間合わせです。

日本国内仕様のものだと海外で日本の電波を拾って勝手に日本時間に修正されてしまうことがあります。

海外対応のものがありますが、どこの電波を拾ってくるかわからないので、逆にあてにならなかったりします。

海外一人旅に必要な持ち物⑨:辞書・電子辞書

世界共通言語の必需品【辞書・電子辞書】

なんだかんだ言っても、やはり英語が世界の共通語なので、英語が喋れない人は辞書や電子辞書は必需品になるでしょう。

紙媒体の辞書であれば、コンパクトで軽い英和と和英が一冊になったものが理想です。

紙は機械と違って壊れることがなく、いつでもどこでも確実にみられるという利点があります。

一人旅や出張などでは結構に使いたい場面に直面しますので、持っていると便利です。

ただ、いまやデジタル社会ですから、スマホやタブレットで利用できる辞書アプリでいいという方はそちらを使うようにしましょう。

電子辞書などの専用端末は、長期的な滞在などでない限り、あまり出番は無いかと思われます。

ただ、辞書以外のほかの機能も使いたいということでしたら、持って行っても損はないかもしれません。

海外一人旅に必要な持ち物⑩:アーミーナイフ

調理にも便利【アーミーナイフ】

ツアーでも必要な場合がありますが、一人旅で特に必要となる場面が多いのがアーミーナイフです。

最低限、はさみ、缶切り、栓抜きがついているものを選びましょう。

ヨーロッパなどでは物価が高いため、自炊をするなんてことになる場合もあります。

そのときの必需品となります。

ツアーの場合でも意外なところではさみやナイフが役立つことも多々あるので、大変便利です。

市場で買った果物を食べるときや、パンやチーズをカットするときにも役立ちますね!

ただ、安物は壊れやすいのでブランド品を買うようにしましょう。

また、注意点としましては機内持ち込みができないので、預け荷物にする必要があります。

その点だけ、少し面倒くさいですが、海外に行った場合には、重宝しますのでひとつは持っておくといいいでしょう。

海外の一人旅が大人気

海外旅行の一人旅は周りを気にせず好きなように過ごせるのが魅力の一つ。

バックパッカーなどをしている人も近年増えていますね。

持ち物でも、一人旅ならではの必需品も数多くあります。

自分の旅行の行先や目的、趣味などに合わせて、必要なものを持っていくようにしましょう。