楽天モバイルは海外旅行で使える?通話とインターネットの設定・費用

海外旅行へ行くときに必ず準備しておきたいのが「スマホを現地で使えるようにしておくこと」です。
しかし「スマホを海外で使ったら、高額な請求が来るんじゃない?」と気になりますよね。

今回は「楽天モバイルをお使いの方が海外でスマホを使えるようにする方法」を解説します。
通話や通信にかかる費用や気をつけておくべきポイントなども紹介するので、ぜひチェックしておいてください。

楽天モバイルは海外旅行で使える?

現在、楽天モバイルを海外旅行で使う方法は「国際ローミングを使う」方法のみです。

以前は「①国際ローミングを使う②海外SIMを使う」という2種類がありましたが、2019年1月31日をもって楽天モバイルの海外SIMサービスは終了となっています。

国際ローミングとは?

「国際ローミング」とは、海外で他社の通信回線を使うことです。
日本の通信会社といえばdocomo/au/Softbankですが、海外では現地の通信会社の回線を使って通話やメール、インターネットをつなぐ必要があります。

使っているスマホが海外の通信会社と国際ローミングの契約をしていれば利用することができます。
docomo/au/Softbankのスマホを使っている方は国際ローミングサービスが受けられますが、格安SIMは使える会社と使えない会社があります。
楽天モバイルは格安SIMの中でも、国際ローミングが使える会社です。

楽天モバイルで国際ローミングを使うための設定方法

必要な設定設定方法
国際ローミングの使用許可楽天モバイル「メンバーズステーション」の音声付加サービス「国際ローミングサービス」より申し込み
使用している端末の設定端末の「データローミング」の設定をONにする



楽天モバイルの国際ローミングで気をつけたいこと

国際ローミングは手軽に設定できて便利ですが、注意点もあるので確認しておきましょう。

注意①「データSIM」では使用不可

楽天モバイルでは国際ローミングが使用できるのは「通信SIM」のみ!
「データSIM」の契約では、国際ローミングが使用できないので注意してください。

注意②国際ローミングでの通話料は高い?

楽天モバイルでは、国際ローミングの設定をしておくのには使用料などはとられません。無料で設定することができます。

しかし、注意しておきたいのは、海外で通話をするときです。特に現地から日本に電話するなど国際電話をする際には高額な請求がくることが考えられます。日本で電話する感覚で使っていると恐ろしいことになるので、気をつけましょう。

注意③楽天でんわは使えない

楽天モバイルでは「楽天でんわ」を使うことで、日本国内から海外への国際電話を安くすることができます。
しかし、海外からの電話では「楽天でんわ」のサービスは使うことができません。
楽天でんわのかけ放題サービスも国内通話限定なので海外旅行での電話については対象外です。

注意④インターネットは使えない

国際ローミングで使えるのは通話のみ。データ通信を行うことはできません。
通話については国際ローミング設定を行い、インターネットの利用はポケットWifiで対応します。



海外旅行でインターネットを利用する方法

海外では、いっしょに旅行している人とメールで連絡をとったり、インターネットで行き先の場所や現地の情報を調べたりとインターネットを使用することは多いかと思います。
楽天モバイルで「国際ローミング」を設定しただけだと通話しかできないので、インターネットを利用できるようにしておきましょう。

現地のフリーWifiスポットは使える?

国によっては、多くの場所で無料のWifiスポットが解放されているところもあります。
しかし、電波が弱く不安定だったりスピードが遅かったり、移動しながらだと使えなかったりするのであまりあてにしない方が良いかもしれません。

特に知らない土地では「スマホのマップを見ながら移動する」なんてことも多いかと思いますが、フリーのWifiスポットだと途中で途切れてしってあまり役に立ちません。
フリーのWifiスポットだけで旅行を楽しむには、かなり無理があると言えます。

ホテルの部屋などでしかインターネットは使わない!という方なら、フリーのWifiスポットのみでも良いのかもしれません。日本人がよく観光に行く場所のリゾートホテルなどは、Wifiが使えるところが多いかと思います。ただし客室Wifiが有料というホテルもあるので、自分が宿泊するホテルのWifi事情は確認しておきましょう。

ポケットWifiをレンタルするべき?

「ポケットWifi」とは、ポケットに入るくらいの大きさのインターネット接続機器です。
カバンやポケットなどに入れて持ち歩けば、スマホやパソコンなどをインターネットに接続してくれます。移動しているときでも、無線で安定したネット回線を繋ぐことができます。

海外旅行に行くならポケットWifiは必需品です。
日本で使っているポケットWifiは海外では使えないので、必ず海外で使えるものをレンタルしましょう。



ポケットWifiの費用やセキュリティ

楽天モバイルを使っている方の海外旅行では、

・通話→「国際ローミング」を設定する
・メール・インターネット→ポケットWifiをレンタルしていく

という方法で、現地でもスマホを使えるようにすることが可能です。
ポケットWifiにかかる費用やセキュリティなどについて解説します。

ポケットWifiのレンタル費用はどのくらい?

海外用のポケットWifiは、1日あたり700〜1,000円ほどの費用でレンタルすることができます。国や日数によっても違うので確認してみましょう。

また、ポケットWifiは2人以上で同時に使うことができます。
例えば5人で旅行に行くとすれば、5人全員で1日1,000円。1人あたり1日200円でインターネットをつなぐことができるというわけです。
家族や友達と旅行するなら、1つのポケットWifiをレンタルしてシェアするのがおすすめです。

ポケットWifiのセキュリティは大丈夫?

海外でインターネットを使うなら、フリーのWifiスポットよりもポケットWifiの方がセキュリティ上で安全です。
フリーWifiの中には暗号化されていないものもあります。誰でも自由に使えるため、個人情報やクレジットカード情報など大切な情報が盗まれないとも限りません。

また、フリーWifiでは名前や住所といった個人情報を入力しないと使えないものもあります。規約なども外国の言葉で書かれているのできちんと確認できずちょっと怖いですよね。

ポケットWifiはしっかりと暗号化されているのでセキュリティの面でも安心です。最新のポケットWifiなら、より安全な「WPA2」という暗号化にも対応しているので、個人情報や履歴、クレジットカード情報などが読み取られてしまう可能性は限りなく低いです。



まとめ

楽天モバイルを海外で使うには、

・通話→「国際ローミング」を設定する
・メール・インターネット→ポケットWifiをレンタルしていく

という2つの準備が必要です。
海外でスマホが使えないとかなり不便なので、海外旅行が決まったら早めに準備しておきましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/