海外旅行に持って行く財布の選び方と中身

海外旅行には、日本で使っている財布をそのまま持っていくのはやめましょう。
盗難やスリ、置き引きなどのトラブルに巻き込まれないため、また仮に予想外のトラブルが起こっても困らないための、財布の選び方や中身の準備の仕方を紹介します。

海外旅行の財布の中身と管理方法

慣れない異国の地では、さまざまなトラブルが考えられます。
盗難やスリなどに遭っても困らないように対策しておきましょう。

貴重品をまとめない

現金やパスポート、クレジットカードなど。
貴重品はまとめて管理したくなりますが、ある程度分散させましょう。
1ヶ所にまとめていると、スリや置き引きに遭ったとき、貴重品がすべて盗られることになります。

3ヶ所に分けて管理すると良い

お金やクレジットカードなどは特に分散させて管理しましょう。
3つくらい財布を持っていって、分けておくのがおすすめです。

・メインの財布
現金やクレジットカードの他に、パスポート、ホテルのルームキーなどの貴重品を入れておく財布。これは肌身離さず身につけるカバンの中にいれておき、あまり街中では出さないようにします。

・サブの財布
小銭や少額紙幣、クレジットカードを入れておいて、買い物やチップ支払いなどで使う財布。街中で出して使うので、盗られても困らないくらいの少額の現金を入れておくようにします。

・スーツケースの中に入れておく予備の財布
持ち歩き用の財布が盗られてしまったときの対策。予備のクレジットカードなどを入れ、スーツケースに入れて鍵をかけておきます。クレジットカードは、キャッシングできるものを入れておくのがおすすめです。

少額の現金+クレジットカードでスリ対策

現金は最小限に。海外旅行には「少額の現金+クレジットカード」を持って行くようにします。
「クレジットカードを盗られたら大変じゃないか!」と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードには盗難保険がついています。仮にクレジットカードが盗られて悪用されてしまった場合でも、その損害額について補償してもらえるのです。
海外では屋台や小さなお店などどこでもクレジットカードを使えるという国も多いです。その場合は現金はチップやタクシー代くらいで良いでしょう。



海外旅行の財布の中身

・現金
最低限でOKです。「足りなかったらどうしよう」と多めに現金を準備しがちですが、足りなかったときに現地で追加で現金を手に入れる方法を考えておく方が良いです。チップに小銭は使えないので、かならず1ドル札などの少額紙幣も持っておきましょう。

・クレジットカード
予備を含めて3種類ほど持っておくのがおすすめです。Visaやマスターカード、JCBなど海外で使える国際ブランドをいくつか分けて持っていきましょう。海外でキャッシングがきるものがおすすめです。現金が足りなくなったとき、両替よりも安く現地通貨を手に入れることができます。

・パスポート
パスポートはメインの財布などに入れて、肌身離さず持ち歩きます。もしなくしてしまっても再発行できるように、コピーをとって別の場所に保管しておきます。

・ホテルのルームキー
慣れない海外では、「自分のホテルの場所が分からなくなってしまった」なんてトラブルも。ホテルの場所が分かるようなものを持っておきます。

連絡先のメモを入れておこう

・クレジットカード会社
・海外旅行保険会社
・現地の警察や大使館

など、トラブルが起こったときに必要な連絡先のメモをいくつか準備しておきましょう。カバンや予備の財布など複数の場所に入れておくのがおすすめです。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

海外旅行に持って行く財布の選び方

海外に日本で日常的に使っている、現金やカード類、免許証などが入った財布をそのまま持っていくのは絶対にやめましょう。
かならず海外へ行くときには、海外用の財布を準備してくださいね。

ブランドものNG

ブランドものの財布を使っていると、それだけでスリのターゲットとして目を付けられてしまいます。仮に盗られてしまったとしても惜しくないような、お手頃価格の財布を使うのがおすすめです。普段使っているお気に入りの財布は、日本に置いていきましょう。

メイン用財布では、旅行用財布トラベルウォレットやサコッシュなど、数千円程度から売っています。サブ用や予備用の財布は、100均などの安価なものでも良いでしょう。

パスポート・カードが入る

海外旅行ではパスポートは常に身につけて持ち歩くようにします。メインの財布にパスポートを入れて一緒に管理すると便利。旅行用として売っている財布だと、パスポート入れがついているものも多いです。ホテルのルームキーや、クレジットカードを入れるところがあるとなお良し。

小さなショルダーバッグ「サコッシュ」に直接入れるのもおすすめ。パスポートや現金、カード類の他、スマホなどの貴重品をまとめて入れて、いつでも身につけておけます。

小銭が見やすい

特にチップなどで使うことの多いサブ用財布は、がばっと開いて小銭が一気に見られるものがおすすめ。チップはもたもたせずさっと支払えるとスマートです。

チェーンやストラップがついているもの

絶対ではないのですが、盗難防止用のチェーンや首からさげるストラップ付きのものも売っているので検討してみても良いかもしれません。盗難だけでなく、財布を落としてしまうことも防いでくれます。
チェーンの場合は「ズボンにチェーンをつけて、ポケットに財布を入れる」という使い方よりも、「カバンにチェーンをつけて、財布自体はカバンの中の内ポケットに入れる」というような使い方がおすすめです。



海外旅行で財布を盗られないスリ対策

海外で財布を盗られてしまわないためには、自己防衛が大切です。
トラブルに巻き込まないよう対策方法を知っておきましょう。

ズボンの尻ポケットに財布を入れない

スリに狙われやすい場所です。特にパスポートなどの貴重品が入ったメインの財布は、カバンの中の内ポケットに入れておくようにしましょう。カバンはファスナー付きのもので、内ポケットにもファスナーがついていると盗られにくいです。
また、カバンは体の後ろ側ではなく、前側に持つようにします。車道の横を通るときには、車道側にカバンがこないようにするのもポイントです。

財布をテーブルに置かない

会計でお金を数えたり渡したりするときに、財布をちょっとテーブルに置く。
日本人ならなんとなくやってしまいがちなことですが、海外ではやめましょう。ちょっと置いただけでも、一瞬の隙にサッと盗られてしまうことがあります。
財布を手から離すときには、少しの間でもかならずカバンの中にしまうようにしましょう。面倒だと思うかもしれませんが、盗難に遭うともっと面倒なので少しの手間はかけた方が良いです。

派手な格好をしない

海外旅行でお洒落をしたくなる気持ちも分かりますが、国によっては派手な格好をしているとスリなどの犯罪に巻き込まれやすくなります。
ブランドものの洋服やサングラス、デジカメ、腕時計など高価な物を外から見えるところに身につけてるのは、「お金を持っている」とアピールしているようなものです。
海外でブランド物を購入することもあるかと思いますが、高級店のショップ袋を持ち歩くのも危険です。カバンに入れるなどなるべく見えないように持つ工夫をし、早くホテルに持ち帰るようにしましょう。

ホテル内も要注意

日本だとホテルの部屋に財布を置いていくなどすることもあるかもしれませんが、国によってはホテル内でも盗難に遭う可能性があります。
貴重品や予備の財布などは、スーツケースに入れて鍵をかけるか、部屋の中の金庫などに保管しましょう。



まとめ

海外旅行のスリ対策では、「盗られないための対策」と並行して「盗られても困らないための対策」をしておくことが大切です。
どれだけ対策していても、慣れない海外ではトラブルが起こってしまうこともあるものです。財布を複数準備したり、現金は少額にしてクレジットカードを持つようにしたりと、できる対策はしていき、楽しい海外旅行にしてくださいね。