海外旅行に行く前に知っておきたい荷物を減らすコツ

海外旅行に行くことが決まったら、出発前にプランを練ったり荷物の準備をするのも楽しみの一つですね。慣れない海外や初めて行く国の場合、その国の事情も分からないので、あれもこれもと荷物に詰め込んでしまう人もいます。

気づいた時には荷物が重すぎて、スーツケースを持ったまま階段の上り下りができないとか、バッグに荷物が入りきれなくなってしまったとか、飛行機に乗る際に重量オーバーして超過料金が発生してしまった。などという状況に陥ってしまうこともあります。

海外旅行に行く場合は帰りはお土産でいっぱいになってしまうこともあるので、出発前からできる限り荷物を減らした方がベターです。また、荷物を減らすと身軽で行動しやすくもなります。

今回ここでは海外旅行を身軽に楽しめるよう、荷物を減らしていくコツをご紹介します。

海外旅行、荷物が減らない原因は?

海外旅行に行くのだから、あれもこれもあると便利。と思っていると荷物が多くなってしまいます。本人にとってはあれもこれも必要かもしれませんが、それらは全部必要なものですか?

ここでは、荷物が減らない原因を探っていきましょう。



サイズが大きいものを選んでいる

荷物が減らない理由の一つとして、サイズが大きなものを選んでいませんか?

例えば海外旅行で宿泊ホテルにタオルがついているようであれば持っていく必要はありません。格安なホテルに宿泊する場合にはタオルが付いていないこともありますが、そのような場合であっても大きめのバスタオルを選んでしまうと荷物がかさばります。短期間の旅行であれば、フェイスタオルでも十分。

サイズの小さなものを選ぶだけで荷物が減ってコンパクトになります。手ぬぐいなどをタオルの代用として持っていくのも一つの手段です。

衣類が多い

海外旅行先でおしゃれをしたい、毎日洋服を変えたいからと言って衣類が多くなっていませんか?衣類は荷物をかさばらせる一方です。そのため、できるだけ最小限にして現地で洗えるものを持っていくのも荷物を減らすコツです。

ホテルにはクリーニングサービスを行っているところもありますし、簡単な衣類、下着なら自分で夜の間に洗濯しておけば翌朝には乾いている場合もあります。

スカートやズボンなどは毎日洗う必要もないので、うまく着まわし、ジャケットなどは何枚も持って行かず1枚に厳選しましょう。衣類を減らすことは荷物を減らすことにもつながります。

海外旅行に行く前にチェック!荷物を減らすコツ

海外旅行に出発前に荷物の準備をするのはワクワクするものです。荷物の準備段階から海外旅行への第一歩が始まっています。

ここでは海外旅行前の荷物をパッキングする際、知っておくと便利な荷物を減らすためのコツをご紹介していきます。



圧縮袋を使うと荷物が劇的に減る!

海外旅行に行く際の定番中の定番品が圧縮袋。圧縮袋を使うという手段は荷物が劇的に減ります。100円ショップに売っている圧縮袋でも十分重宝します。

圧縮袋はサイズもあるので冬のかさばるようなセーターやジャケットにも使えます。圧縮袋を使えば半分くらいのサイズになり、荷物のパッキングもしやすくなります。

シャンプーやリンスなどは必要な分だけにする!

海外のホテルでアメニティは付属しているところもあればそうでないところもあるので、シャンプーやリンス、ボデイシャンプーなどは一応持っていきたい、という方も多いことでしょう。そんな時には、旅行の日数に合わせて使う分だけど持っていくと荷物を減らすことができます。

100円ショップなどで売っている小分け用のボトルに入れ替えるだけでもかなり荷物は減らすことができます。

化粧品は試供品を利用するのもあり!

女性の場合、海外旅行中でも化粧品は持っていきたいという方がほとんど。そんな時、試供品を利用するのも荷物を減らすコツの1つです。

いつも利用している化粧品メーカーで試供品をもらった時などは保管しておいて、海外旅行の際に利用するのも手段です。化粧水や乳液などコンパクトに包装された試供品は海外旅行先では強い味方になりますよ。

同行者がいる場合は同じような荷物は分担する!

海外旅行に行く際、親しい間柄の同行者がいるのであれば、荷物を分担することによって荷物が減ります。

例えばドライヤーなどはホテルに付属の場合も多いですが、そうでない場合は同行者と相談してどちらかがドライヤーを持って、もう一方がシャンプーやリンス、ボデイシャンプーなどを持つなどすると荷物が減ります。同じような荷物は分担するのも荷物を減らす一つのコツです。

本はできれば電子書籍を利用する

海外旅行に行く飛行機の中や旅行先でのつかの間に、本を読みたいという人も多くいます。ガイドブックなども海外旅行に行く際には重宝しますが、これを電子書籍にすると荷物がぐっと減ります。旅行先でガイドブックを持ち歩くよりも、電子書籍にしてスマホやタブレットなどにしたら荷物も軽くなります。必要情報は事前にスマホに入れておくといいでしょう。

現地調達できるものは現地調達する

これは海外旅行先に行ってみないと調達できるかどうかもわからない場合もありますが、よほど辺鄙な場所でない限り、現地で調達できるものも多くあります。

歯磨き粉やシャンプーなど、よほどブランドなどのこだわりがない限りは現地で調達してみるのも一つの手段です。現地でのスーパーなどに行くのも旅の楽しみになりますよ。

また、ショッピングを楽しみながら自分用のお土産として衣類なども現地調達したら、帰国後もその洋服を着る度に旅の楽しかった時間を思い出すかもしれません。

海外旅行で持っていると重宝するもの

海外旅行に行く際、荷物は減らして少なくするのがいいのですが、持っていたからこそ助かった。よかった。というものもあります。ここでは海外旅行で持っていると重宝するもの、持っていってほしいものをご紹介します。

クレジットカード

海外旅行に行く場合、クレジットカードは1枚は用意しておくと重宝します。海外では日本と状況が異なることから現金を財布から出す場合も注意が必要ですし、現金でお札を何枚も出すよりもクレジットカードの方がスムーズな場合も多くあります。

ホテルやレストランなどでもクレジットカードで支払い可能なので、スムーズに支払いができるのもメリットです。

また、海外で現金をなるべく持ち歩きたくない人は、クレジットカードがあれば現地通貨をキャッシングすることも可能です。必要な分だけ現地で現金をキャッシングすることが可能なので、使用可能なATMがある都市であれば利用できるのもメリットです。

さらにクレジットカードは、海外旅行保険が自動付帯になっているものがあるのも大きな魅力です。クレジットカードの種類によってはクレジットカードを持っているだけで海外旅行保険が自動付帯になっているものもあります。補償がしっかりしているものもあるので、しっかり調べて用意しておくとかなり重宝します。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/

 

ポケットWiFi

海外旅行中に持っていくと重宝するものの2つめがポケットWiFiです。

海外旅行先ではスマホなどの端末を利用することも多いことでしょう。ホテルやカフェなどではフリーWiFiがあることがほとんどですが、WiFiが弱かったり、宿泊する部屋によってはWiFiが使えなかったりすることもあります。

また、フリーWiFiを利用するために個人情報を入力しないとならないWifiもありますし、英語での表記でフリーWiFiの取得のやり方がわからないなんていうこともあります。フリーWiFiは誰でも使えることからセキュリテイ面での不安もあります。

このような時に事前にポケットWiFiを用意しておくととても重宝します。海外旅行先の移動中に地図を見て目的地に向かうこともできますし、海外で言葉がわからない時に翻訳機能を利用してみることも可能です。

また、海外旅行に行くと写真を撮りたくなるものです。撮った写真をSNSにすぐにアップすることも可能ですし大切な人に、海外旅行を楽しんでる様子を連絡するのも、ポケットWiFiがあると可能です。

荷物を減らしたいのに余計な荷物になってしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、ポケットWiFiはコンパクトにまとまっていますし、あるとないとでは大きく異なってきますよ。

まとめ

海外旅行に行く場合の荷物を減らすためのコツをご紹介しました。海外旅行に行くとお土産などを購入するので帰りは行きよりも荷物が増えることがほとんどです。そのため、行きから荷物をパンパンに詰め込むのではなく、スーツケースの半分から3分の1くらいはお土産用のスペースを空けておくのがいいでしょう。

海外旅行に行く際には、必要なものとそうでないものを見極めてできる限り荷物を減らして身軽に旅を楽しんでくださいね!