海外旅行の手荷物の落とし穴!機内持ち込みには注意が必要

海外旅行の荷造りをしている時、ふと迷うことはありませんか?これは飛行機に乗せてもいいものか、それ以前に持って行ってもいいものかと。

まず準備する時に禁止されている物を把握しておく必要があります。そして手荷物にも2種類あるのはご存知でしたか?

 

海外旅行の基本!飛行機に乗る時は機内持ち込み手荷物と預け入れ荷物がある

手荷物といっても2種類あります。簡単に言えば、機内に持って入れる荷物とそうでない荷物です。

もう少し詳しくみてみましょう。

 

機内持ち込み手荷物とは?

機内持ち込み手荷物とは、いわゆる身の回りの品を自分の座席まで持っていく荷物のこと。持ち込みできるものや重さ、大きさなどあらゆる制限があるため一番神経を使う荷造りの部分です。

 

預け入れ荷物とは?

預け入れ荷物は、イメージしやすいのはスーツケース。大きなスーツケースを持っている時は、航空会社のカウンターで預けますよね?その荷物になります。

基本的には機内に持ち込み出来ない大きな荷物を預けるパターンになります。ただし、こちらもスーツケースなどに入れてはいけない持ち物もあるため注意が必要です。



海外旅行では機内に持ち込み出来ない手荷物がある

海外旅行に行くにあたり、飛行機はほぼ必須条件ですよね。そもそも飛行機に持ち込んではいけない持ち物があります。意外な落とし穴もあるため、よく確認をしておきましょう。

 

機内持ち込みも預け入れ荷物も不可なもの

飛行機には一切持ち込みが出来ない物があります。詳しくは以下の通りになりますが、該当するとすればマッチぐらいでしょうか?

基本的には通常の旅行では必要ないものだと思いますが、今一度ご自身の荷物を確認してみましょう。

 

種類
引火物物質オイル・塗料など
可燃性物質マッチ・炭など
高圧ガスボンベなど
酸化性物質漂白剤など
火薬クラッカーなど
毒物類殺虫剤など

 

機内持ち込み手荷物としては不可だが預け入れ荷物として大丈夫なもの

次は、持っていくことは出来るが機内には持ち込めないものです。ハサミやカッターなど鋭利なものはもちろん、工具も大きなものは凶器になる可能性があるためスーツケースなどの預け入れ荷物として入れる必要があります。

 

刃物など尖ったもの
ゴルフクラブ・サーフボードなど大きなもの
6㎝以上の工具(凶器になりうるため)

 

液体の手荷物は厳重にチェックされる!

一番気をつけないといけないのが液体です。まずミネラルウォーターなどのペットボトルは手荷物検査を受ける際に破棄しないといけません。どうしても欲しい場合は、出国手続き後に購入するようにしてください。

また日本の空港は問題ありませんが、諸外国の空港によっては出国手続き後に購入したペットボトルも機内持ち込み不可となる場所もあります。利用される空港のHPで再度確認をしましょう。

次に液体の手荷物で持って入れるものですが、これは全世界共通で100ml以下の容器にあらかじめ詰め替えておく必要があります。それらを分かりやすいようジップロック状の透明な袋に入れて検査をかけます。

ちなみにこの時の液体は全部で1ℓ以下になるようにしなければなりません。

以下の物は全て液体とみなされるため機内で必要ない物は預け入れ荷物の方に入れておきましょう。

 

液体とみなされるもの
化粧水ジェルマスカラ
クリームヘアワックス歯磨き粉
万年筆のインク修正液缶詰

 

逆に以下の物は液体とはみなされませんので、ジップロックに入れる必要もありませんし容量の制限にもひっかかりません。

 

液体とみなされないもの
目薬
液体の薬
コンタクトの保存液
離乳食など幼児用食品

 

基本的に液体が含まれている物が制限対象とはなりますが、ウェットティッシュなどは除外されています。



機内持ち込み手荷物として持っておかないといけないもの

機内持ち込みするには色々制約がありましたよね。逆に機内持ち込みの手荷物として持っておかなければいけないものもあるんです。実は何でもスーツケースに入れてもいいという訳ではないんです。

実際にはこれらは必ず機内持ち込み用の手荷物として入れなくてはいけません

 

機内手荷物に入れるべきもの
ライター(1人1個まで)
リチウム電池
PCなどのバッテリー
パスポート
航空券(eチケット)
現金
クレジットカード

 

現金・クレジットカードの貴重品はスーツケースには入れず、常に手荷物に入れるようにしてください。荷物を預け入れる時も「現金は入っていませんか」と聞かれることもしばしば。

意外と知られていないのが、PCやスマホは預け入れ荷物にも入れられるということ。ただし破損する可能性もあるため、機内持ち込み手荷物として持っておいた方がいいでしょう。

ここまでお伝えした内容は全てどの航空会社も共通の内容となります。これは海外の航空会社も同じことが言えますので基本的なルールとして覚えておいてください。

 

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

 

海外旅行に行く時は各航空会社の機内持ち込み荷物の制限を確認!

基本的なルールは分かりましたが、実は航空会社によってさらに制限が変わってきます。大きなポイントは重量とサイズです。

LCC(ローコストキャリア)とFSC(フルサービスキャリア)では大きな違い。ご自身が乗られる航空会社のHPなどで事前に確認しておきましょう。

 

機内持ち込み手荷物の重量と大きさ

手荷物の重量は航空会社によって大きく差が開きます。よってご自身が乗る航空会社は確実に調べておく必要があります。

とくにLCCは航空会社によって5㎏の差があるところもあり注意が必要。チェックイン時に荷物を外さないといけないということにならないために自宅で測っておきましょう。

 

【LCCの場合】

航空会社合計重量
エア・アジア5636237㎏
ジェットスター5636237㎏
ピーチ5040257㎏
スクート56362310㎏
香港エキスプレス5636237㎏
春秋航空5636235㎏

 

機内持ち込みできるスーツケースやカバンの大きさはほとんど同じですが、ピーチだけサイズが違います。LCCはかなりサイズや重量を厳重にチェックするので、サイズ内でなければ預け入れ荷物として預けましょう。

また重量もスクートはフルサービスキャリア並みですが、春秋航空はその半分しかありません。大目に見てもらえることは不可能に近いので、かなり重要な部分です。

 

【FSCの場合】

航空会社合計重量
ANA56402510㎏
JAL56402510㎏

 

日系航空会社に限ってですが、LCCよりも若干大きめの荷物が持ち込み手荷物として可能、さらに重量も10㎏までOKなのでかなりの荷物を持ち込み出来ます。

 

機内持ち込み手荷物できる個数

実は重量や大きさがクリアされていても、持ち込みできる荷物の個数も決まっています。こちらはLCC・FSC問わず主要なカバン+ハンドバックなどの組み合わせで2つまでです。

重量はこの2つを合わせた合計の物を指します。

なので2つとも大きなカバンを持ち込み出来る訳ではありません。



まとめ

機内持ち込みの手荷物には色々制限があり大変そうと思いますが、「重さ」「大きさ」「危険物」さえ気をつけておけば問題ありません。

液体物は機内で使わない物は基本的に入れない!ということを心がければ、1ℓ以上になることはないと思います。

チェックインから嫌な思いをしないために準備には十分気を付けて下さい。