現地の言葉が話せなくっても海外旅行は楽しめる!

海外旅行には行きたい!でも話せないから不安という方、たくさんいらっしゃいますよね。言葉に自信がないから、高くても添乗員付きのツアーを申し込んでみたり。もちろん添乗員付きだと何かと安心ですが、もっと冒険してみたくないですか?

実は言葉が話せなくても海外旅行は十分に楽しめます。本当に楽しめるのか検証してみましょう。

 

海外旅行をするのに英語は必要?

やはり海外旅行に行くからには、英語が話せたに越したことはありません。話せた方が行動範囲や会話も弾むため、より濃い旅行を送れるでしょう。

もし英語を多少なりとも勉強できる時間があれば、旅行会話を中心に覚えておくのも手です。

でも実際に英語を使わないといけない場面って、ありそうでなかったりします。意外じゃないですか?

まずは現地のホテル到着までをみてみましょう。

 

日本出国まで

日本出国して飛行機に乗るまでは、言うまでもなく日本なので日本語のみで大丈夫ですよね。ここではストレスフリーで一切英語を使う必要はありません。

空港は様々な人種の人が働いてますが、逆に彼らが日本語を話してくれるおかげで英語を使う場面に遭遇することはないです。

 

飛行機に乗ってからの機内では

日系以外の航空会社だと日本人のCAがいなかったりする場合があります。なのでここでは英語を使う場面が出てきます。

と言っても、誰もが知ってる英語だけで十分通じます。

飲み物が欲しければ、その単語だけ言えばOK。例えば「ビール」「コーラ」とかですね。日本人特有のカタカナ読みでもちゃんと通じます。

機内食も2択がほとんどですので、欲しい物を単語で言えば大丈夫。さらに和食がいいのであれば「ジャパニーズ」というと、和食用の機内食を用意してくれます。

これなら英語を話せない人でも問題なく機内を過ごして貰えると思います。

 

現地空港に到着~入国まで

ここから少しハードルが高くなってきそうですが大丈夫です。初めて行く空港などは特にどこに向かって行けばいいか迷いそうですが、とりあえず人の流れについて行きましょう。

国際空港は世界中の人が集まる場所でもあるので、どんな人にも分かりやすいよう絵と標識で誘導できるようになっています。

入国審査の時も、パスポートとeチケットをあらかじめ提出すれば基本的には会話なくスタンプが押されます。たまに目的を聞かれる場合がありますが、その時は「Sightseeing(サイトシィーイング)」と答えれば大丈夫。

 

空港からホテルまでの道のり

場所にもよりますがタクシーであれば一番簡単です。あらかじめ印刷しておいたホテルバウチャー(住所や地図が載っているもの)を見せれば目的地まで連れて行ってくれます。陽気なドライバーだと色々話しかけてきますが、そこは笑顔でごまかしましょう。

バスや電車に乗る場合はハードルが高そうですが、空港は誰もが分かるようなシステムを取っている所がほとんど。標識を頼りに乗り場まで行きます。

チケットの買い方が分からなければ、窓口で行き先だけ伝えるとチケットを買えたりします。ここでも単語だけで大丈夫。

もちろん「Thank You」とお礼はきちんと言いましょうね。

 

ホテルのチェックイン

チェックインする時は、パスポートと一緒に「チェックイン プリーズ」と言えば手続きが進みます。場所によってはデポジットを取られるホテルもあるので、その場合はクレジットカードを提示すれば問題ありません。

ちなみに、デポジットは保証金のことなので、何か壊したり汚したりしない限り請求されるものではありませんのでご安心を。

おそらく簡単な説明と朝食場所をここで伝えてくれるはずですが、外国人の人はジェスチャー交じりで伝えてくれる場合がほとんどなので、なんとなく分かります。あまり神経質にならなくても問題ありません。



海外旅行で必要なのは言葉よりも伝える気持ち!

英語に限らずですが、外国語を話す時に一番日本人が出来ないのが「話せなくても思い切って話してみる」ということです。完璧さを求めるあまり(文法など)話すこと自体躊躇してしまう人が多いですが、恥ずかしがらずどんどん話してみて下さい。

例えそれが単語だけ並べたものでも問題ないです。一番は頑張って話しているという気持ちを伝えることが大事。単語だけ話しても相手はくみ取ってくれることが多いです。

そうすれば会話は成立したようなもの。外国人とコミュニケーションが取れたということです。

例えばタクシーに乗って空港に行きたい場合「タクシー エアポート」こんな単語でも分かってくれたりするものです。知っている単語だけでもコミュニケーションが取れて楽しい思い出の一つになります。



海外旅行がより楽しくなる!海外旅行では最低限、この言葉は覚えておこう

話せなくてもコミュニケーションが取れるとお伝えしましたが、やっぱり現地の言葉をほんの少し覚えて話すだけで印象もグッと変わります

英語圏ばかりではないので、その国の言葉がある場合、次の言葉を覚えておくとより一層コミュニケーションが取れますよ。

 

挨拶の言葉

挨拶は基本の言葉です。「おはよう」「こんにちわ」「さようなら」「ありがとう」「すみません」など、一番頻度の高い言葉になりますのでこれはぜひ覚えて行くといいでしょう。場所によっては英語も通じない国もあります。

私たちも外国人が日本語で「ありがとう」って言ってくれると嬉しいですよね。相手も同じく、自分たちの言葉を話してくれると嬉しく感じます。

どの国もそんなに難しい単語ではありませんので、飛行機の中でも覚えておくといいですね。

 

値段の聞き方

買い物やレストランなどで頻繁に使う文章ですね。英語であれば「How Much~」で通じますが、ここもぜひ現地の言葉を取り入れるようにしましょう。値段を言って相手が答えてくれる、これだけで立派な会話成立です。

あとは余裕があれば「I Want~」というような「~したい」というのも便利な表現。「行きたい」「食べたい」「飲みたい」など応用が利くので使ってみて下さい。



でも海外旅行で会話もしてみたい!そんな時はGoogle翻訳アプリが強い味方

単語だけでもコミュニケーションが取れますが、欲を言えばもっと会話を充実させたいですよね。そんな思いを叶えてくれるのがGoogle翻訳アプリ。実はこれさえあれば、言葉の心配も会話力の心配も無用なんです。

Google翻訳アプリはこんなことが出来るんです。

 

Google翻訳アプリはここまで進化!

昔は話したい会話を入力する手間がありましたが、今はそのような手間は一切いりません。

 

機能内容
カメラ入力メニューなどカメラで撮影すると翻訳してくれる
手書き入力アルファベットに対応していない言語を手書きすることで翻訳してくれる
会話モードあらかじめ言語を選べば、リアルタイムに双方の会話を翻訳してくれる
音声モードちょっとした質問の時に音声を吹き込むと翻訳してくれる

 

もうGoogle翻訳アプリには基本的に文字を入力するという行為は不要となります。該当のボタンをタップしてそれぞれの機能に従うだけ。

これだけで読めなかったメニューや看板、また現地の人と思い切りコミュニケーションを楽しむことが出来ます。

 

翻訳アプリを使うならポケットWiFiは持っておこう

せっかくGoogle翻訳アプリを使おうと思ってもネット環境が整っていなければ使えません。いつでも利用できるよう事前にポケットWiFiをレンタルしておくことをおすすめします。

ポケットWiFiならフリーWiFiのような脆弱性はほとんど見られず、快適にネット環境が整うのでリアルタイムに翻訳アプリなどを使うことが出来ます。



まとめ

現地の言葉が話せた方がもちろん楽しさ倍増ですが、話せなくても強い味方があります。恥ずかしがらずどんどんコミュニケーションを取ってください。

話せないのは恥ずかしいことではありません。伝えるという行動、気持ちがあれば十分に海外旅行は楽しい思い出になりますよ。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。