海外旅行の準備で何か忘れてない?! 事前にチェックしよう!

待ちに待った海外旅行。行きたい観光地やレストランなどリサーチするのも楽しい時間ですよね。旅の計画を立ててる時が一番ワクワクします。

でも、何か忘れてないですか?

海外旅行に行く前に、事前に準備しておかないといけないものがあるんです。渡航先で困ったということがないよう、しっかり準備するものをチェックしていきましょう。

 

海外旅行では荷造りの前にこれを準備しよう

次に挙げるものは、早ければ早いほど安心なものばかり。また海外旅行では必須の準備品と言えます。

遅くとも出発の2週間前には準備しておきましょう。

 

クレジットカードは必須!早めに作っておこう

もはや海外旅行ではクレジットカードなしでは生きれないと言ってもいいほど大切なものです。発行に時間もかかりますので、早めにクレジットカードは作っておきましょう。

また、国際ブランドも2種類用意しておくと比較的どの国でも対応可能です。

クレジットカードのメリットは、クレジットカードで買い物をする方が現金を両替するよりも手数料が割安なこと。また急な現金が必要な場合でも、海外のATMでキャッシングも出来、こちらも両替するよりも手数料を抑えることが出来ます。

現金を多く持ち歩くとスリの原因にもなりかねません。

そのため、クレジットカードを持っておく・利用するということは盗難被害のリスクを下げれます。

 

ネット環境を快適に!ポケットWiFiのレンタルを

海外旅行でのインターネットは、旅行者にとって強い味方となります。そのためネット環境は大切。どこでもWiFi環境が充実しているという場所はあまりありません。

移動する時など、ポケットWiFiがあればネット環境を気にすることなく利用できるメリットがあります。

ポケットWiFiは、最悪当日の空港でもレンタル可能。でも早めにレンタルの申し込みをしておくことをおすすめします。

場合によっては早割をしていたりキャンペーンもあり、普段より安くレンタル出来る場合もあるのでお得ですよ。

 

パスポートは大丈夫?!有効期限や残ページの確認を

ツアー会社などで海外旅行を申し込む場合、パスポートはなくても申し込みは可能です。でもパスポート申請は約1週間ほどかかるため、やはり早めに準備しておくに越したことはありません。

また既にパスポートをお持ちの方、有効期限や残ページは大丈夫ですか?国によっては有効期限にも規制をかけている所もありますので今一度確認しておきましょう。

さらに余白のページも〇ページ必要というように、制限がある場合があります。足りない場合は、査証欄を1回だけ増やせますので手続きが必要。

ちなみに1回だけですが40ページ増やすことが出来ます。

 

ビザが必要な場合は早めに用意を

世界最強の日本のパスポートですが、それでもビザが必要な国はまだあります。現地の空港で取得できる国もありますが、不安もあるためあらかじめ日本で発行しておくことをおすすめします。

またビザは不要でもアメリカやカナダのようにESTA申請というものをしないと入国出来ない国もあります。こちらは申請内容に誤りがあると、訂正という形ではなく再申請をしないといけないため日数が思ったよりかかってしまうことも。

遅くとも2週間前までには発行完了しておきましょう。

 

【ビザが必要な主な国】

備考
インド条件付きで現地空港での取得可能
カンボジアプノンペン・シェムリアップ空港に限り、現地空港での取得可能
スリランカビザまたはETAが必要
ネパール
ブータン
ベトナム前回出国日から30日以内の入国は必要
イラン
エジプト現地空港で取得可能
ロシア

※アフリカへの渡航はほとんどの国でビザが必要です。

 

【ESTAが必要な国】

備考
アメリカただしグアムは不要
カナダ空路入国に限る
オーストラリア

 

忘れがちだけど加入は必須!海外旅行保険

意外と忘れがちなのが海外旅行保険。基本的に自分で加入手続きをするため、忘れる人が多いのが現状です。また、今まで海外旅行保険に加入していても使ったことがないからという理由で、あえて加入しない人もいます。

海外では環境の変化もあり急に体調を崩してしまうことも考えられます。その場合、海外で受ける医療費は莫大な金額に!中には数十万、数百万とかかることもあるため、必ず加入しておいてください。

海外旅行保険は医療費だけでなく、携行品損害というものが付いていますので盗難紛失時にも補償を受けられる場合もあります。

海外旅行に特化した保険ですので、様々な補償内容もあり私たちの強い味方となります。

また先ほどクレジットカードの作成の話をしましたが、クレジットカードの付帯サービスにも海外旅行保険が付いているのはご存知ですか?補償内容を確認し十分であれば、あらたに海外旅行保険へ加入する手間は省けます。

今一度、クレジットカードの確認もしておくべきですね。

 

渡航先によっては予防接種が必要なところも

アフリカや南米など、予防接種証明書の提示を求められる国があります。そのような場所に旅行する時は、日本であらかじめ予防接種を受ける必要があります。

また、予防接種の種類によっては2~3か月と数回に分けて接種しないといけないため早めにしなければいけません。

また予防接種が義務付けられていない国であっても、受ける方が望ましい場合もあります。病気にかからないためにも面倒がらず、必ず受けておきましょう

 

予防接種対象条件
黄熱アフリカや南米に行かれる人
狂犬病犬・コウモリ・狐などが多い地域、かつ医療機関が乏しい地域に行かれる人
A型肝炎途上国に行かれる60歳以下の人
B型肝炎血液に触れ合う機会がある人
日本脳炎東・南・東南アジアに行かれる人

 

渡航先の治安状況はチェックしておくべき

海外旅行での情報収集は、今後の旅日程の中でも大切なこと。ある程度把握しておけば、心構えも出来るものです。

外務省の海外安全ホームページでは、テロ情報や治安レベルはもちろん、現地での犯罪状況も載っておりとても役に立ちます。

必ず目を通しておいてください。

一部掲載例を載せておきます。

掲載日案件
アメリカ2019/4/10ニューヨーク市におけるはしかの流行
インド2019/4/29インドにおけるテロに関する注意喚起
ドイツ2019/4/30メーデーの暴動にかかる注意喚起
イタリア2019/2/7邦人女性を被害者とする強盗致傷事件の発生

 

航空会社に合わせたスーツケースや重量をチェック

利用する航空会社によって、荷物の大きさや重量は違っておりそれに合わせて荷造りも必要となります。

フルサービスキャリア(ANAやJALなど)はあまり神経質にならなくても大丈夫ですが、あまりにも荷物が多くなり重量オーバーとなることも考えられます。

とくに近年人気のLCCは、荷物の大きさや重量に関しては特に厳しいチェックが入ります。意外と落とし穴なのが「合計〇㎏」という表記。とくに機内に持ち込む荷物はかなり厳しいため、機内で必要でないものはあらかじめスーツケースの預け入れ荷物に入れておく方が無難です。

まずは利用する航空会社の確認、その後制限がある内容を事前に把握して荷造りをはじめましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

 

まとめ

海外旅行の事前準備はとても大切なこと。快適な旅行を送るためにも今一度チェックしてみてください。

これをチェックするのとしないのとでは、大きな差が出てしまうこともあります。万が一忘れている物があれば、急いで準備してくださいね。