海外旅行保険の加入は空港とインターネットどちらがいい?

みまさん、海外旅行に行かれる時はきちんと海外旅行保険に加入してますか?加入していない人も多いみたいですが、海外ではどのようなトラブルが起こるか分かりません。
万が一病気やケガをした場合、高額の医療費を支払うはめになります。そんなことになったら、せっかくの楽しいはずの海外旅行も台無しになりますよね?

実はとても海外旅行をされる方にとって、とても重要な海外旅行保険。
今回は、海外旅行をインターネット手続きと空港での加入どちらがお得なのかについてのご紹介です。

そもそも海外旅行保険とはどういうもの?

海外旅行保険とは、旅行中のトラブルやアクシデントによって病気やけがの医療費・他人や物に損害を与えた時の賠償責任・盗難被害にあった時の補償など、様々なリスクを金銭面でカバーしてくれる保険になります。
とくに海外の医療費は桁違いに高額!とてもじゃないですが、自分で払うには辛い金額です。そういうのを保険が補ってくれるありがたい存在。

金銭面の他に、現地での日本語対応やトラブル処理など私たち旅行者にとって心強い味方でもあります。
旅行の準備でテンションがあがり、ついつい海外旅行保険のことは後回しにしてしまいがちですが旅行が決まったら一番に気にかけておくべき存在なのです。

海外旅行保険の主な補償内容

海外旅行保険は様々なトラブルを想定して補償内容が用意されています。保険会社により補償内容や金額に違いはありますが、自分でオリジナルな保険を作ることも可能。
また保険会社がおすすめするパッケージプランもあるのでご自身に合った内容を契約することが出来ます。

なお、海外旅行保険は「自宅を出発してから自宅に帰るまで」が原則保険期間となっていますのでその点も安心出来ますね。

では海外旅行保険の主な補償内容をご紹介します。

補償内容
疾病治療費用病気でかかった治療費が補償
傷害治療費用ケガでかかった治療費が補償
疾病死亡・後遺障害病気で死亡・後遺症が残った場合に保険金受取
傷害死亡・後遺障害ケガで死亡・後遺症が残った場合に保険金受取
賠償責任人にケガをさせたり、物に損害を与えた場合に保険金支払い
救援者費用加入者が入院した場合に、日本からの家族が現地へ行くための交通費・宿泊費を補償
携行品損害盗難・破損の被害を受けた場合に損害金が補償
寄託手荷物遅延費用航空機で預けた荷物の遅延の場合、身の回りの購入品費用が補償
航空機遅延費用航空機の遅延・欠航の場合、宿泊費・食事代などの費用が補償

医療費以外にも、海外旅行ならではの補償が満載となっています。



海外旅行保険は空港でも加入出来る!

空港について、「いざ出国」という時に海外旅行保険への加入を忘れてしまっていることに気付いた場合でも大丈夫。主要な空港には海外旅行保険に加入出来る保険窓口や、保険の自動販売機も存在してるんです。

それでは、窓口と自動販売機で加入する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

空港の窓口のメリット

窓口の最大のメリットは、対人ということもあり保険会社の人に詳しく説明を受けれるという点。海外旅行が初めて、または海外旅行保険のことが詳しくない方は説明を聞くことで安心出来ます。また、その場で保険証券を発行してもらえるのもメリットであると言えます。

そして窓口での加入の場合は、内容を聞きながら補償内容を自由にカスタマイズ出来ますので予算に合わせて選ぶことも可能。自分の納得いく補償内容を作ることが出来ます。

空港の窓口のデメリット

説明を聞きながら保険に入れますが、空港での窓口加入は料金が高いというのがデメリット。実は後ほどご説明するインターネット加入と比べてかなり割高となっています。料金の面を考えると、あまりおすすめ出来ません。

そして海外旅行保険の補償期間は「自宅を出てから自宅に帰るまで」が原則ですが、窓口加入する場合はそれが当てはまりません。手続き完了後から補償期間が始まります。
なので、万が一自宅から空港までで何かしらケガなどした場合は補償はおりません。

空港の自動販売機のメリット

窓口加入と違い、自動販売機は対人ではなくATMのような機械で申込みをするようになります。こちらのメリットは出国ギリギリになっても加入出来るという点。窓口は出国手続き前にカウンターで申し込む形ですが、自動販売機は出国ゲート抜けた所にも存在します。

成田空港や関西空港など大きな空港は保険会社も複数設置してあるので、自分の好きな保険会社も選べます。
操作も簡単で、画面の指示に従って入力していくだけ。どなたでも簡単に利用出来ます。そして支払いも現金はもちろんですが、クレジットカード払いも可能。すでに両替済みの方でも日本円の心配せず海外旅行保険に加入することが出来ます。

空港の自動販売機のデメリット

自動販売機の保険内容はパッケージと言って自由に補償内容を選ぶことが出来ません。あらかじめ決まった内容に加入するだけ。さらに補償内容を詳しく知りたくても窓口ではないので説明もありません。

こちらも窓口同様、料金は割高となっており、支払い完了後から保険期間がスタートします。空港に着くまでは十分に気をつけましょう。



海外旅行保険はインターネット加入がお得!

海外旅行保険はインターネットからも加入出来るのはご存知ですか?外資系も含めあらゆる保険会社がインターネット加入が可能となっています。
パッケージはもちろん自分好みにカスタマイズも出来、スマホ1台で手続きが完了する手軽さ!ひいきにしている保険会社もきっと加入出来ますよ。

インターネット加入のメリット

インターネットで加入出来るメリットは時間と場所を選ばないということ。思いついたその時に申し込みが出来ます。さらにネット手続きの場合、窓口に比べ保険料がかなりお得!中には40%割引というものや、2回目以降から割引になるリピーター割など様々な割引も受けれます。
全てインターネットで完結出来、保険証券もネット上から確認可能。まさに今の時代にあった手続きとなっています。

インターネット加入のデメリット

空港の自動販売機と同様に、補償内容に詳しくない方は実際にどのプランにしたらいいか迷ってしまいます。補償金額も自分で変更出来ますが、保険料を抑えようと安く設定してしまって後でその補償金額では足りなかったということも!
内容に不安がある場合は、保険会社がおすすめしているパッケージを選択するといいと思います。

インターネット加入では基本的に証券は発送されません。紙ベースで欲しい場合は追加料金がかかる保険会社もあるので注意して下さい。



ちょっと待って!クレジットカードには海外旅行保険も付いてる?!

海外旅行に行かれる時にクレジットカードは強い味方ですよね。このクレジットカード、実は付帯サービスとして海外旅行保険が付いているのはご存知ですか?
もちろん、カード会社やグレードによって付帯サービスの内容が変わってくるので一概には言えませんが、一度ご自身のクレジットカードの付帯内容を確認してみて下さい。

クレジットカードで保険がおりる場合は、カード会社によって条件が異なります。あらかじめそのクレジットカードで航空券などを購入しないといけなかったりする場合も。もちろん、持っているだけで保険がおりるカードもあるんです。

クレジットカードの補償内容がもし薄いようであれば、別途インターネットなどで足りない部分を補う形で加入するのも手です。
海外旅行ではクレジットカードは何かと便利なので1枚あるといいですよ。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

まとめ

海外旅行保険の加入はうまく利用すれば保険料を抑えることが出来ます。まずはクレジットカードの付帯内容を確認してみましょう。

海外旅行をする時は、海外旅行保険は必須!これ覚えておきましょう。