イギリスならSIMカードよりもポケットWiFiが便利でお得!

海外でインターネットを使う方法には、SIMカードを利用するか日本からポケットWiFiを持ち込むかの2通りが考えられます。それぞれを比較してどちらの方が便利なのかご紹介していきます。

イギリスでSIMカードを使うために

instagram-image

keiko1178

イギリスでSIMカードを使うためにはあらかじめ確認しておかなければならないことがあります。まず持っているスマホがSIMフリーの機種かどうかです。SIMフリーでないと、現地でカードを購入しても使うことができません。

長期間滞在する場合は滞在地の近くに携帯ショップがあるか確認しておくことをおすすめします。理由は、SIMカードにトラブルが起きたときすぐに相談できるからです。異国の地でトラブルがあると不安になりやすいのできちんと確認しておきましょう。

イギリスのSIMカードについて

instagram-image

cocoa_promenade

イギリスでSIMカードを利用するときは、プリペイド型と月額契約型のどちらを使うかで申し込み方法や利用の仕方が変わります。

・プリペイド型
・月額契約型

2つの違いについて見ていきましょう。

イギリスのSIM①プリペイド型

プリペイド型は携帯ショップで契約する必要がなく、単にSIMカードを購入してスマホに差し込むだけで使い始めることができるためイギリスの滞在が短期間の人におすすめです。携帯ショップで購入することもできますが、空港やコンビニ、スーパーなどにも売っています。

使用する期間によってデータ量と値段が異なるので、自分の滞在期間に合わせて購入するものを決めてください。一般的に毎日SNSを見たりメッセージを送ったりする人は2~3GB、SNSやメッセージの他に動画視聴やゲームをする人は4~9GBのデータ量が必要になります。

イギリスのSIM②月額契約型

月額契約型はイギリスに長期滞在が決まっている場合や留学する場合に適していますが、携帯ショップで契約する必要があります。契約時には身分証明書や住所証明書の書類が必要となるため、あらかじめ持ち物を確認しておくと安心です。

プリペイド型よりも料金が安いので長期間滞在でSIMカードを利用するのであれば月額で契約した方がお得になります。ただし口座からの引き落としになるため事前に口座を開設しておかなくてはなりません。

一か月単位で決められたデータ量と通話時間量を選びますが、一か月以内に申し込んだデータ量を使い切ってしまった場合はデータを追加して購入することができます。契約の手続きが面倒な人は長期滞在の場合でもプリペイド型を利用していることがあります。イギリスの通信会社は4つ挙げられます。

・Vodafone
・EE
・O2
・Three

Vodafoneはイギリスだけでなくヨーロッパ各国で対応しているので、色々な国を巡る場合に適しています。EEは田舎でも電波が届きやすいため都心部以外にも訪れる予定のある人向けです。O2は加入者が多く安心感があり、Threeは郊外では電波が届きにくい場合があるため注意した方が良いといえます。

どの通信会社を使うかは滞在地の電波状況を確認してから決めてください。何となくで選んでしまうと電波の接続が悪くて不便に感じてしまいます。

イギリスでSIMカードを買うメリット・デメリット

instagram-image

cocoa_promenade

SIMカード自体は日本でも購入することができますが現地で買うより割高で料金プランが少ないため、訪れた国で買うことをおすすめします。ただしイギリスでSIMカードを買うことにはメリットとデメリットがあります。

メリット
・料金プランが充実している
・初期設定を店員さんがしてくれることがある

デメリット
・設定を自分でしなければいけない場合もある
・最低限の英語を話す必要がある

料金プランが充実しているので日本で事前に購入しておくよりも割安になります。場合によっては初期設定を店員さんがしてくれるので設定する手間を省くことができます。しかしそのためには事前にスマホを日本語表記から英語表記に変えなければなりません。

また、必ずしも店員さんが設定してくれるわけではないので自分で設定を行わなければならない可能性もあります。機械が苦手な人にとっては面倒ですし、お店の人に頼む場合には英語を話さなければいけないため苦労することがあるでしょう。

イギリスではSIMカードよりポケットWiFiが便利

プリペイド型のSIMカードはスマホに差し込み設定するだけで良いのでお手軽ではありますが、海外に慣れていないと制限や設定をするのが面倒に感じてしまいます。面倒に感じてしまうのであればSIMカードを利用するのではなく日本からポケットWiFiを持ち込むことをおすすめします。ポケットWiFiにはたくさんのメリットがあります。

①フリーWiFiに頼らなくていい

フリーWiFiに頼る必要がないため、いつでもインターネットで情報を得ることができます。フリーWiFiはホテルやショッピングモール、ファストフード店など利用可能ですが、WiFiを利用するための設定画面が英語表記なので設定に時間がかかる場合があるのです。情報を盗まれる可能性もあるためあまりおすすめできません。

また、都心部ではフリーWiFiが設置されていても中心地から離れてしまうと利用できるところがない場合があります。インターネットが通じるかわからない場所を歩くのは不安なので、フリーWiFiに頼らずポケットWiFiを持っていた方が良いといえます。

②手続きが簡単

日本からポケットWiFiを持っていく場合は事前にインターネットで予約をして空港で受け取り、帰国時に空港で返却するスタイルが一般的です。申し込みをしたら出国当日に受け取るだけなので気軽です。宅配で受け取ることもできるため、自分が便利だと感じる手段を選びましょう。

使うときの設定はポケットWiFiの本体に書いてあるIDとパスワードをスマホに入力するだけなのでとても簡単です。

③レンタルポケットWiFiは種類が豊富

レンタルのポケットWiFiにはいくつか種類があります。

・イモトのポケットWiFi
・グローバルWiFi
・jetfi
・Wi-Ho

空港によって取り扱いのないポケットWiFiもあるので、利用する空港で取り扱っているものを調べておくと安心です。旅行シーズンは空港受け取りだと混雑する場合があるため宅配で受け取っておいた方がスムーズです。

料金は会社によって異なり、各会社の料金プランにも違いがありますが大体1日500GBで1000~1500円程度かかります。もしフリーWiFiを使うとなるとカフェやファストフード店で同じくらいの値段がかかってしまうので、ポケットWiFiを使った方が便利でお得です。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

まとめ

イギリスでSIMカードを使うためには事前確認が必要で設定も行わなければなりません。留学などの場合は仕方ないですが、長期滞在の場合は契約の手続きをしなければいけないためかなりの手間が生じます。

一方のポケットWiFiなら申し込みをして受け取ったらパスワードとIDを入力するだけなのでとても簡単に使い始めることができます。レンタルポケットWiFiは種類が豊富にあるため料金プランや補償内容を比較して利用する会社を決めると良いでしょう。

現地で道やお店について調べたいのにインターネットに接続できないのはとても不便です。いつでも快適にインターネットが使えるよう、うまくポケットWiFiを利用してくださいね。