短い休みでさくっと行ける近場の海外旅行先10選【2019年版】

数時間のフライトで到着できるのが嬉しい、海外旅行はどこにする?

仕事が忙しくて、数日しか休みが取れないけれど、海外旅行に行きたい人に必見の情報をお伝えします。近場の海外力先は、どこがいいのか迷っているなら人に、耳寄りな情報を集めました。

2,3日の海外旅行を計画するなら、3,4時間のフライトで素早くたどり着ける場所が良いですよね。パパっと海外旅行を済ませたい人に、おすすめの近場の海外旅行先を紹介しましょう。

①香港

香港は日本から4時間半でたどり着ける、近場の海外力先です。香港と言えば、食文化に優れているから、日本人が好む食事も大いに期待できますよ。

香港の観光場所で、人気なのが香港ディズニーランドでしょう。また、香港の夜景を観覧できるホテルに宿泊できると、最高に楽しい旅になりますね。

香港の旅は、1泊2日から実現できます。香港の気候は温暖ですから、カジュアルな服装でOKです。また、香港で最も長く滞在するつもりなら、5日をめどに考えておきましょう。

香港のホテルは、予約なしでは難しいので、宿泊日を決めると素敵なお部屋を予約しておくことが大切です。香港ホテル難民を言う言葉もあるくらい、香港は人気の観光地ですからホテルは常に満室だと考えておきましょう。

香港の夜の街を散策してもいるのも、クールですね。モダンバーで、カクテルを飲むのなど、大人っぽいムードを楽しめます。

②アメリカ:グアム

bangaichi / Pixabay

英語が通じる国はたくさんありますが、アメリカの近場の海外旅行先に行きたいなら、グアムが素敵ですよ。グアムは、トロピカルなイメージ、暖かでホットな気候で陽気な旅先です。グアムなら、日本人も多くいそうですから、初めての海外旅行をする人でも安心できるでしょう。

グアムは、ジェットスキーやマリンスポーツ、トレッキング、ディナークルーズ、ドルフィンウォッチなど数日間滞在して楽しめるアドベンチャーがたくさんあります。

近場でササっとグアムを旅行するなら、2泊3日からを計画しておきましょう。日本からグアムは、3時間のフライトでたどり着けます。温暖な気候を求めるなら、グアムを旅先に選ぶことがおすすめです。

グアムのリゾートホテルやビーチリゾートは、スペシャルな思い出作りに役立つでしょう。英語が得意な人なら、不自由しない観光地だと言えますね。

③韓国:ソウル

観光のソウルは、日本から2時間程度でたどり着ける近場の海外旅行先です。韓国ドラマや、アイドルは、日本で人気上昇中ですね。ソウルに行ってみたい若者も多くいるでしょう。また、中年層の日本人にも、韓国旅行が注目されているようです。

韓国コスメや観光フードなど、日本で購入するより本場の韓国でショッピングする方が、絶対に楽しそうです。韓国を観光するなら、観光ドラマのロケ地によく使われている、駒山公園や世界遺産の水原華城など、多くの観光スポットがあります。

韓国のソウル力をサッと済ませるなら、日帰りが人気です。海外旅行に日帰りで行けるなんて、ソウルは凄い近場ですね。韓国でのショッピングは、中年層の女性や男性に人気があります。

仕事帰りの週末に、韓国旅行に出かける事ができるなんて、お洒落です。

④サイパン

サイパンは、日本からとても近い南国リゾート地です。日本から3時間半でたどり着けます。2泊3日を予定すると、十分にサイパンを満喫できるでしょう。

サイパンの北部の観光スポットでは、洞窟探検ができるカラベラ・ケーブやサイパンの最北端にある、ブンタン、サバネタ岬がおすすめです。

また、サイパンの中央部や南部にも、美しいビーチやアクティブプレイスがたくさんあります。心を開放させて、心機一転できる観光スポットですから、疲れを癒してくれるでしょう。

サイパンで、南国のゆったりしたムードを満喫して、気分をリフレッシュさせましょう。

⑤台北

台北は、アジアンチックな夜の街が魅力の素敵な観光スポットです。日本からフライト時間、4時間でたどり着けます。滞在期間は、2泊3日を考えて置くと良いでしょう。

台北で人気の観光スポットは、主に中国の歴史や文化を学べる国立故宮博物院や國立歴史博物館などが、見どころ満載です。また、台北一と言える大問屋市の五部埔などが多くの人が集まり、活気に満ちています。

台北での食事を楽しむのも素敵ですね。屋台やレストランなど、好きな台北フードを選んで、お腹を満たしましょう。海外観光客として、台北で中国の文化に触れることも素晴らしいことです。

また、台北の乾物屋や漢方薬などを手に入れられる、迪化街なども有名な観光スポットです。ショッピングするなら、中山北路や永康街などに、お洒落なお店が集まっていますよ。

⑥中国:北京

日本に近い国として知られている中国でも、北京はすぐにたどり着けます。北京までの日本からのフライト時間は、4時間程度です。日帰りは厳しいので、1泊2日を計画しておくと無難です。

北京には、とても有名な万里の長城や天壇などの歴史を感じさせる観光スポットや北京ナイト中国のアクロバティックショーなどのエンターテイメントなども見どころです。

北京には、多くの見どころがあるので、1泊2日で北京を知り尽くことはできませんが、心に残るたびになるでしょう。北京フードも、美味しいです。健康を気遣ったメニューのある、キングスジョイベジタリアンレストランなども、素敵な時間を過ごせるスポットでしょう。

⑦オーストラリア

オーストラリアンは、日本から7時間のフライトでたどり着けます。オーストラリアの観光スポットとして、ビーチにテーマパーク、マリンスポーツなどが楽しめるゴールドコーストや世界最大級の一枚岩のエアーズロックなどがあり、自然を感じながら、心も豊かになれる環境が揃っています。

オーストラリアでは、ファッショナブルなショッピングも楽しめます。若い人が行きかうストリートに繰り出しても、クールですよね。エネルギッシュでカジュアルなデートも楽しめる、ストリートはオーストラリアらしいと言えるでしょう。

大自然が豊かに実るオーストラリアの大地で、心を大きく成長させれそうですね。シドニーにあるハーバードブリッジや橋を登りきるブリッジクライムが体験できます。体力に自信があるなら、オーストラリアでトラッキングやマリンスポーツを試すと、心がワクワクして楽しいですよ。

数日間の旅をオーストラリアで、パパっと済ませることは素晴らしい思い出になるでしょう。

⑧ラオス

ラオスはサイパンやマカオなどに並ぶ、人気の観光スポットです。日本からラオスには、タイのバンコク経由で8時間30分ほどかかります。また、ベトナム経由なら7時間40分程度かかるでしょう。

ラオスは、大自然を体感できるルアンパバーンからクランシーの滝のツアーなどがおすすめです。大自然が作りだす、新鮮な空気を吸って、心身を清められる思いになるでしょう。

ラオスには、エネルギッシュでパワフルな観光スポットがたくさんあります。ウイスキー村ではカヤックを体験できます。また、ビエンチャン市観光や仏公園なども興味深いですね。

日帰り旅を計画して、ラオスの旅を楽しみましょう。日帰り旅行より、2泊3日の旅の方が充実するでしょう。冒険心を掻き立てるラオスは、とっても魅力的な観光地です。

⑨スリランカ

日本から近場で行ける海外観光スポットとして、フライト時間が9時間程度のスリランカをおすすめします。スリランカは、コロンボやキャンディ、ダンブラ、ゴールなどの大都市があります。

スリランカで楽しむなら、フレスコ画が見事に描かれているシーギリヤやロックや仏像や遺跡が見事なコロンボの街並み、キャンディ仏歯寺などを見学してみてください。

スリランカは、温暖な気候でとても過ごしやすい土地です。2泊3日で旅をするには、絶好の場所です。インドに行きたいけれど、独特のイメージの街を旅したいなら、スリランカです。スリランカは、治安が良い方なので安心できます。

スリランカの美容法や健康的なヘルシーフードも、女性に大きな影響を与えてくれるでしょう。スリランカの自然の恵みを利用したエステも魅力なのです。

⑩チェコ

チェコへ日本から行くためには、フライト時間が13時間から16時間40分かかります。チェコは、首都のプラハが有名でオペラやグルメ、ファッションを楽しめる街です。

チェコビールを目当てにする男性や女性もいるでしょう。美食を楽しめる国としても、最高の観光スポットです。チェコの旅は、最短で2泊3日を考えておくと良いでしょう。

チェコの有名な観光スポットは、ユネスコ世界遺産に登録されているチェスキークロムロフの素晴らしい街並みや、ボヘミア高原の美しさを感じられるドレスデンなどです。

チェコには、凄くエキゾチックでクラシカルなイメージを持てる気がします。古くから愛され続けている伝統料理や芸術、大自然など、色々な角度からチェコを感じられることがポイントです。

チェコへのフライトで、ワルシャワヤウィーン、フランクフルト、ミュンヘンアステルダムなどの都市で乗り継ぎをすれば、同日にプラハに到着できます。

近場でササっと行ける海外旅行先は、盛りだくさん!

日本からフライト時間がたったの3時間ほどから、13時間程度までいろいろありますね。南国からヨーロッパ、アジアなど、多くの国にササっと旅行できるとわかると、何度でも海外旅行したくなりそうになりますよね。

近場の海外旅行スポットは、心を満たしてくれるだけでなく、健康や精神を労わってくれる旅になりそうです。とても、楽しい思い出をササっと旅するだけで作れるから、嬉しくなります。

観光地は安全体制が大事ですから、近場の海外旅行でも、身の危険を感じたらすぐに助けを呼びましょう。絶対に安全だと信じすぎては、いけません。海外では、気を引き締めて楽しむことが大切です。