海外旅行の費用はいくらかかる?海外旅行の費用と節約方法【2019年版】

2019年1月7日より新しく「出国税(国際観光旅客税)」と呼ばれる税金が導入されました。

海外に出国する際は、日本人・外国人に関係なく一律で一人あたり1,000円が徴収されます。出国税は空港整備やWi-Fi環境の改善に使用されるようです。
※滞在時間や年齢により免除規定あり。

海外旅行費用は国内旅行より高額になりがちです。そこにさらに1,000円も税金が上乗せされるのは厳しいですよね。

今回は、海外旅行にかかる費用を少しでも減らすコツとして「海外旅行費用のクレジットカードによる支払い方法」について解説していきます。

海外旅行にかかる費用は?

まず、海外旅行にかかる平均費用がいくらなのかを見ていきましょう。

一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)の調査によると、2017年の海外旅行費用は全体平均で15.7万円でした。これは旅費(航空券+ホテル)だけの費用ですので、ここに現地でのツアー代金や買い物・お土産代がさらにかかります。

大学新卒の給与がだいたい20万円前後であると考えると、決して安い金額ではありませんね。現地で少しでもたくさん美味しいものを食べたり、買い物をしたりできるように、予約段階から節約を意識していきましょう。



海外旅行費用 節約のコツ① 旅行の予約はネットでしよう!

皆さんは海外旅行の予約はどこで行いますか?旅行代理店の店頭で予約しますか?それともインターネット予約ですか?

先程の一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)の調査によると、海外旅行の場合、インターネットでの予約が61.7%にも及んでいます。これは、店舗での予約(17.0%)の3倍以上の数字です。

今や海外旅行の予約もインターネットで行うのが当たり前の時代のようですね。各予約方法のメリット・デメリットは下記の通りです。

費用面を考えると、インターネット予約が1番旅費が安いケースが多くオススメです。

店頭予約

店頭予約はカウンターで直接旅のプロに相談にのってもらえるのがメリットです。気になることがあればすぐに聞くことができます。

ただし、丁寧な接客が受けられる反面、人件費などが多くかかってしまうため店頭にあるコースの旅費は高額なことが多いです。また、GWや年末年始などの前は店頭が混雑し待ち時間が発生してしまう点もデメリットです。

インターネット予約

インターネットでは、自分でコースなどを調べないといけない代わりに人件費などがかからない分、安いコースがたくさんあります。

学生限定コース・直前割引コースなど、店頭ではなかなか取り扱えないような激安コースもあります。価格重視で海外旅行のコースを予約したい場合は、インターネット予約が圧倒的にオススメです。

予約に関する不明点も旅行会社によっては、メール・電話で問い合わせることができるので安心して利用できますよ。

お得に海外旅行をするための第一歩として、インターネット予約を取り入れることをオススメします。



海外旅行費用 節約のコツ② 支払いはクレジットカードにしよう!

さて、インターネット予約で安いコースを見つけて、必要事項を記入した後にしなくてはいけないのが「旅費の支払い」です。

よくある支払い方法は「銀行振込」「コンビニ支払い」「クレジットカード払い」の3種類です。後ほど詳しく各支払い方法のメリット・デメリットを説明していきますが、オススメは「クレジットカード」による支払いです。

クレジットカードで支払えば決済手数料がかからないうえに、ポイント還元もあり圧倒的にお得ですよ!

銀行払い

現金で支払いたい場合の第一候補がこれです。

旅行会社指定の口座に振り込みます。振込手数料は支払者持ちです。基本的に同じ銀行間同士の決済は手数料不要で振り込みができますが、自分のもっている口座と旅行会社指定の口座が異なる場合、手数料が発生します。

銀行の振込手数料はATM利用時で216円~432円前後であることが多いです。旅費が高額になると手数料も高額になる傾向があります。

振込手数料がかかる点や振込間違いをしたときの組戻手数料が高額(600円前後)である点がデメリットです。

コンビニ払い

大手コンビニの専用端末を経由して代金を振り込むことができます。

銀行ATMより端末の操作が分かりやすい点がメリットです。受付番号などを入力したあと、端末から出てきたレシートをもってレジで支払うだけです。

手数料は280円前後であることが多く、条件によっては銀行払いの方が安くなるケースもあります。銀行振込時の手数料と比較して支払い方法を検討しましょう。

クレジットカード払い

1番オススメなのがクレジットカードによる決済です。オススメする理由として3点ポイントを挙げましたので、ぜひ理由をお読みください。

1,すぐに振り込める
銀行払いやコンビニ払いの場合は外出必須です。深夜や早朝、天気が悪い日にはすぐに振り込むことができません。
※銀行払いでもインターネットバンキングなら即時振込が可能です。

その点、クレジットカード払いなら、支払い画面でカード番号などを入力するだけで決済が終了します。決済完了まで3分もあれば十分です。

2,手数料不要
クレジットカード決済では手数料がかからないケースが大半です。仮に手数料がかかる場合も、銀行払いやコンビニ払いに比べると安く済みます。

現地でたくさん遊んだり買い物をしたりするためにも、不要な手数料は支払いたくないですよね。そんな方は旅費はクレジットカードで支払いましょう。

3,利用額に応じてポイントが貰える
多くのクレジットカードはポイント還元機能を備えています。例えば、楽天カードは100円につき1ポイント還元の還元率1.0%カードです。

このカードで20万円分の旅費を決済したとしましょう。貰えるポイントの2,000ポイントです。楽天ポイントは1ポイント1円で利用することができるので、2,000円分得をしたことになります。

2,000円もあれば旅行に必要なトラベルグッズを何か一つ買い足せそうですね。家族や友人分の支払いも自分のクレジットカードで行えば、よりたくさんのポイントを貯めることができますよ。

各支払い方法の特徴まとめ

即時決済手数料ポイント還元
銀行支払いインターネットバンキング利用時以外は不可ありなし
コンビニ支払い不可ありなし
クレジットカード可能なし(有料の場合も安価)あり



海外旅行費用支払い用におすすめのクレジットカード

楽天カード

楽天カードは年会費無料でポイント還元率1.0%と高還元率なクレジットカードです。クレジットカードの平均還元率は0.5%前後と言われていますので、2倍もお得です。

楽天カードを旅行前に作れば、旅費をクレジットカードで支払うことができ無駄な振込手数料を節約できます。その上、旅行代金に応じてポイント還元も受けられます。

楽天カードの魅力はポイント還元率が高い点だけではありません。国際ブランドが全4種類から選べる点も魅力です。

国際ブランドとはカード右下についているロゴのこと。このロゴの加盟店でなら海外であっても手持ちのクレジットカードを使うことができます。世界シェア1位はVISAで2位はMastercardです。

楽天カードはVISAもMastercardも両方選べるので、これらの国際ブランドを選択すれば旅費の支払いだけでなく、海外での買い物にクレジットカードが利用出来て便利ですよ。

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

海外旅行費用はクレジットカードで払おう

海外旅行費用を節約するには「インターネット予約」+「クレジットカード決済」の組み合わせ技を使いましょう。

2019年は出国税も課税され、海外旅行の費用がまた少し高くなってしまいました。少しでもお得に海外旅行ができるようクレジットカードを使って上手に旅費を支払うことをオススメします。